【将棋サークル】第24回三重県高等学校将棋新人戦兼第28回新人大会三重県予選に出場 2年生男子がA級3位に入賞しました

日々の練習で磨いた棋力   10月26日(土)、第24回三重県高等学校将棋新人戦が開催され、青山高校将棋サークルの2年生男子2名が出場しました。将棋サークルは日々の練習の成果が実り、今年6月、8月には大きな舞台で大健闘したことをホームページでも紹介させていただきました。   練習 続きを読む

【国際交流部】皇學館大學にて第20回高校生英語スピーチコンテストに出場 1年生女子が審査員特別賞を受賞しました

1年生の男女2名が出場   10月20日(水)、三重県伊勢市にある皇學館大學コミュニケーション学科にて、第20回高校生スピーチコンテストが開催されました。青山高校からは国際交流部の1年生が2名出場し、1年生女子が見事審査員特別賞を受賞しました。おめでとうございます!   スピーチ 続きを読む

【和太鼓部】元気を届けに そして元気を貰いに 高齢者介護施設を訪問し力強い演奏を披露しました

笑顔と元気を   先日の第9回西日本大会での演奏を終え、和太鼓部は恒例となった高齢者介護施設を訪問して演奏会を行いました。1年生もこの半年以上で色々な地域に遠征し、和太鼓演奏の技術を磨いてきました。前回よりもさらに力強い演奏が響き渡ります。   和太鼓の演奏を通じて多くの方々と触 続きを読む

【進路ガイダンス・帰省】文理選択の適性結果を踏まえて 10月の帰省に合わせた進路ガイダンスを実施しました

希望進路の実現に向けて   10月19日(土)、今日は帰省日です。日本全国から生徒が集まる青山高校は、毎月の帰省日を設けています。家路に逸る気持ちを押さえつつ、1、2年生の生徒と保護者様を対象とした進路ガイダンスが行われました。   先月9月に文理選択の適性検査を行っており、その 続きを読む

【ボランティア活動・歴史サークル】多くの方々との触れ合いと感謝のこころ 津まつり2019のボランティア活動に参加しました

ありがとうの大切さ   10月13日(日)、三重県津市にて「津まつり2019」が開催されました。津まつりは地域最大級の祭事で、毎年青山高校からもボランティア委員が多数参加しています。   ボランティア委員は、地域の方々と力を合わせて、祭りの運営や、出店ブースのお手伝い、そして後片 続きを読む

【広報委員会】学生寮の生活と魅力を新聞で発信!みえ高文祭新聞部門で審査員賞を受賞しました

昨年からの進歩が見られる紙面づくり   みえ高文祭新聞部門で青山高校の寮新聞が審査員賞を受賞しました。昨年の奨励賞に続く受賞になり、広報委員会のメンバーの嬉しさもひとしおです。おめでとうございます。   全寮制の青山高校では、生徒全員が寮生活を送っています。暁星寮、天人寮、清純寮 続きを読む

【英会話サークル】OSAKA ENGLISH VILLAGEにて ネイティブスピーカーの方々と 活きた英語と活きたコミュニケーションを楽しみました

ネイティブスピーカーとのコミュニケーション   10月13日(日)、英会話サークル一同が、アメリカの日常や文化・歴史をモチーフにした23のシチュエーションルームで活きた英語のコミュニケーションが体験できるOSAKA ENGLISH VILLAGEを訪問しました。   大阪府吹田市 続きを読む

【国際交流部】子供に英語を教えることの難しさと喜び 毎週水曜日は地域の保育園で英語の読み聞かせを行っています

教えることで学べるもの   青山高校の国際交流部が課外活動として地域の保育園を訪問し、英語の読み聞かせを行うようになって数年が経過します。毎週水曜日を読み聞かせの日に設定し、ALTのピーター先生と共に地道にコツコツと活動を続けています。   小さな園児に英語を教えるのは楽しさと充 続きを読む

【和太鼓部】太鼓祭in愛知 第9回西日本大会に出場 郷土芸能吟詠剣詩舞部との合同練習の様子もご紹介します

充実した和太鼓部の活動   10月6日(日)、愛知県みよし市の文化センター大ホールにて、和太鼓の西日本一位を決める「太鼓祭in愛知」が開催されました。青山高校和太鼓部も出場の切符を手に入れ、日々の練習で磨いた技量と熱い和太鼓魂を競いました。   大会前日の5日(土)には、郷土芸能 続きを読む

【フラワーアレンジメントサークル】作品に想いと個性を込めて 第15回NFD全国高校生フラワーデザインコンテスト出品作品を制作しました

個性という花を咲かせよう   青山高校を彩るフラワーアレンジメントの数々は、青山高校の敷地に自生する植物を使うというテーマのもとにフラワーアレンジメントサークルの生徒たちが制作してくれています。いつも季節感あふれる作品の数々を制作していただきありがとうございます。   さて、サー 続きを読む