ニュース

アカデミックの記事一覧

【フラワーアレンジメントサークル】anti COVID-19 project ラジオ局FM三重様にご協力いただきPR活動を行いました

12月11日(金)、フラワーアレンジメントサークルが手掛けているanti COVID-19 projectについて、ラジオ局FM三重様のご協力を得てPR活動をさせていただきました。ハーブを使った除菌液などの商品開発を通じて、新型コロナ克服みえ支え“愛”募金活動に参加をさせていただいてます。

今回はFM三重のパーソナリティ野木亜沙美様にお越しいただき、フラワーアレンジメントサークルの生徒と共に新商品のPRをさせていただきました。生徒にとってはラジオ収録の緊張もありましたが、終始和やかな雰囲気で進行を務めていただきありがとうございました。

今回の収録はFM三重RADIO CUBE 12月18日am 9:12頃から、Pick up On Mieのコーナーでオンエアされる予定です。

                                                                                                                                               

                                                                                                                

関連リンク

レディオキューブFM三重

レディオキューブFM三重 JONU78.9MHz (fmmie.jp)

【2020楓フェスティバル】テーマは「飛躍」 生徒全員の気持ちが前を向き 次に羽ばたくステップに

めっきりと秋の装いを感じる季節になりました。10月最後の31日(土)、青山高校の体育館で最大の文化祭「楓フェスティバル」が開催されました。今回のテーマは「飛躍」。コロナウイルスの感染拡大予防で多くのイベントが自粛中止になり、その流れの中で多くの生徒の活躍の場が制限されてきましたが、この機会をバネに生徒全員が一丸となり、次へはばたくきっかけになって欲しいという思いが込められています。

例年、大きな会場を貸し切って開催される楓フェスティバル。今年は感染予防の観点から保護者様の参加はない形で行われました。楓フェスティバルの様子は、本校ホームページの保護者様向けページにてオンライン配信をさせていだたきます。1年生にとっては初の大舞台となる楓フェスティバルの雰囲気をご視聴下さい。このページでは写真ギャラリーとして、その雰囲気をお伝えさせていただきます。

【放送部】第41回みえ高文祭にて 2年生男子生徒が総合司会を務めさせていただきました

第41回みえ高文祭が三重県津市にある総合文化センターにて開催されました。10月23日から3日間にかけて行われ、10月24日(土)に青山高校放送部の2年生男子生徒が総合司会を務めさせていただきました。

事前の選考会は既定の原稿によるアナウンス審査で、最終的に5名が選ばれました。今回、非常にレベルの高い生徒の中で総合司会を経験し、自分自身に足りないものを知ると共に、自分自身の長所にも気づくことができました。高校卒業後に放送に関わる分野に進路を考えていることにも大きな力となる経験でした。

                                                                                                                               

関連リンク

第41回みえ高文祭

http://www.mie-koubunren.org/

【フラワーアレンジメント】anti COVID19 project 研究していたハーブ除菌液が完成し  企業に寄贈させていただきました 

コロナウイルスの感染拡大予防のために、青山高校の寮生活の中にも新しい生活習慣を取り入れて4か月が経過しました。そしてフラワーアレンジメントサークルのメンバーが取り組んできたハーブを使った除菌液が、試行錯誤を重ねてようやく完成しました。

anti COVID19 project と名付けられたこの除菌液の開発は、その安全性と効果が確認できたため、地元企業に寄贈させていただくことになりました。今回は寄贈先の三糧輸送株式会社様をお伺いし、川北社長にお話を伺う機会を得ました。

川北社長との懇談の中で、コロナ禍にある運送業務のご苦労や心配りについてお話を聞かせていただくことができました。今回の除菌液の寄贈を通じて、今後の青山高校との交流を継続させていただくことになりました。お忙しい中、貴重なお時間をいただき本当にありがとうございました。

今後はこの除菌液をはじめとして、anti COVID19 projectとして雑貨石鹸などのアイテムを企画開発し、津市内で販売をしていきます。販売で得た利益は「新型コロナ克服みえ支え“愛”募金」に寄付をさせていただき、コロナウイルスに関連した支援が必要な方々に役立てていただきます。

                                                                                                                                                                                        

関連リンク

三糧輸送株式会社

http://www.sanryou.co.jp/

新型コロナ克服みえ支え“愛”募金

https://www.pref.mie.lg.jp/D1SENRYAKU/71586044498_00001.htm

【フラワーアレンジメント】新しい生活様式の中で楽しみを見出す 香り豊かなハーブを使ったアロマ消毒液を製作しました

アカデミック サークル活動 ニュース  2020年7月17日 金曜日 13:54

本格的な新しい生活様式が始まって2か月が経とうとしています。青山高校の寮生活の中でも、様々な形で新しい生活様式が取り入れられています。その中で基本になるのが清潔を維持すること。今回は手を消毒するオリジナルの消毒液を製作しました。

消毒液は一般的にはアルコールを用いたものを使用することが多いですが、アルコール消毒液を使われた方の中には、手が荒れたり、特有の匂いが受け付けられないといった声が聞こえてきます。いかに消毒液を使うということにストレスを感じずに楽しさが感じられるかをテーマに制作に取り掛かりました。

注目したのはオレンジピールとリンデンです。アルコールの匂いとの相性を調べ、79度のアルコールに1か月漬け込み、レモングラスやグレープフルーツのアロマオイルと調合していきます。試行錯誤の結果、香り豊かなアロマ消毒液が完成しました。

これらのアロマ消毒液は、学校給食でお世話になっている企業や、寮生の散髪で利用をさせていただいている理髪店、そして近隣の温泉旅館を訪問し、広く利用していただくことになりました。今後はハーブを使った石鹸や蚊取り線香の製作にも取り組んでいきます。

【ルーキーアワード2020】新しい生活が始まって3週間 新入生はみんな頑張っています! ハート揺さぶるスピーチコンテストを開催しました

6月26日は新入生が主役のルーキーステージです。今年はコロナウイルス感染防止に伴う新しい生活様式に沿って開催されました。スピーチコンテスト決勝戦の様子は保護者様向けページでオンライン視聴していただくことになりました。

色んな思いや、自分の主張を胸に秘めて入学に至った新入生の皆さん。新入生全員を対象に開催されるスピーチコンテストは、2次審査を経て決勝戦に残るのは4名という狭き門です。またステージの司会進行なども新入生が主体的に担当しています。放送部の生徒の練習を重ねた成果がはっきりと感じられました。

決勝に駒を進めた男子2名と女子2名の新入生。前をしっかりと見据えるいい表情をしています。力強さと繊細さがそれぞれ感じられる声と、心からのメッセージは、それを聞く人のハートを強く揺さぶります。

優勝はB組の西川さんに決まりました。寮生活を始めて、自分自身に起きた「変化」がテーマです。長年ずっと自分の中にあった不安や心配が、新しい生活環境やブラザーのサポートも味方して、徐々に前向きな気持ちになっていく変化を、物静かでありながら心に刺さる声でスピーチをしてくれました。

スピーチコンテストは新入生みんなが主人公です。そして青山高校では生徒全員、一人ひとりが主人公です。保護者の方への感謝の気持ちであったり、一歩前に踏み出すことが怖くて怖いといった気持ち、それでも高校生活の中で色んなことにチャレンジをして自分を強く成長させたいという気持ちを胸に秘めています。

3年間の寮生活では色んなことを経験します。寮生活では楽しいことは何倍にも膨らみ、辛い気持ちはお互いが分かち合うことができます。自分自身を見失わず、入学した時の気持ちを忘れずに、素晴らしい高校生活を送ってほしいと思います。

【探求学習】世界を変えるための17の目標 限りある資源との共存のために 持続可能な開発目標SDGsを学びました

SDGsで日本を元気に

 

2月16日(日)、青山高校の1年生16名が、津なぎさまち開港15周年記念事業として開催されたフェスタに向かいました。そこでは三重大学のSDGsクラブに所属されている大学生の方々のポスターセッションが行われ、そこに参加をさせていただくことになりました。

 

青山高校の探求学習のテーマとして取り上げているSDGsとは、2015年の国連サミットで決まった2030年までの世界共通の開発目標のことです。持続可能な正解を実現するための17の目標から構成され「誰一人として取り残されない」ことをスローガンに、開発途上国のみならず、先進国も取り組むものとされています。

 

そしてポスターセッションとは、発表内容を図やグラフなどを用いてポスターとしてまとめ、会場で参加者を前にそのポスターを使いながらプレゼンおよび質疑応答を行う手法です。疑問点などがあればその都度発表者に質問できるため、質疑応答が活発に繰り広げられる「ライブ感」があります。

 

今回のセッションに参加をさせていただき、非常に得るものが大きい経験になりました。今回の参加を機に青山高校のSDGs探求学習にも新しい動きが生まれることでしょう。

 

 

関連リンク

外務省 SDGsとは

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

 

【ビブリオサークル】本を愛する思いよ届け! 高校生ビブリオバトル三重県決勝2019に出場しました

アカデミック サークル活動 ニュース  2020年1月15日 水曜日 22:28
目指せ、チャンプ本!

 

昨年末の12月22日(日)、青山高校のビブリオサークルから1年生の男女1名がビブリオバトル三重県決勝に出場しました。青山高校のビブリオサークルが発足して早4年になります。

 

チャンプ本に輝くべく、今回のバトルに選んだ書籍は2冊。湊かなえさんの「告白」と浜井千絵さんの「この子達を救いたい」です。大会に挑む前には校内で予選会を開催し、練習に打ち込んできました。

 

知的書評合戦の名に相応しく、ハイレベルなビブリオバトルが繰り広げられました。本が好きで、この本を多くの人に知ってほしい、読んでほしいという思いは出場した生徒の皆さんに共通する思いです。

 

結果は惜しくも予選敗退となりました。他のビブリオバトラーの語り口を聞いて、とても得るものがあったと語る2人の姿がそこにありました。まだまだ1年生、これからの経験と技術の錬磨に期待です。

 

 

関連リンク

三重県 ビブリオバトル読書活動ページ

http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0046300150.htm

知的書評合戦ビブリオバトル

http://www.bibliobattle.jp/

 

【歴史サークル】京都を探訪 枯山水庭園の散策 そして大徳寺大仙院にて国宝的な文化財を見聞しました

アカデミック サークル活動 ニュース  2019年12月17日 火曜日 22:33
歴史の授業とリンクさせて

 

12月16日(月)、晴天に恵まれた京都を訪れた歴史サークルの面々。先日、歴史の授業で学んだ枯山水を見聞することが目的です。枯山水とは平安時代後期に生まれた言葉とされています。枯山水は水のない庭のことで、池や遣水などの水を用いずに石や砂などにより山水の風景を表現する庭園様式です。

 

今回お伺いしたのは、大徳寺大仙院庭園です。実際の枯山水庭園を目の当たりにし、その美しさに心が奪われます。また狩野派の狩野元信の花鳥図や、大徳寺仙源堂では日本現存最古の火縄銃を見せていただくことができました。

 

枯山水については、職員の方からそれぞれの石にどのような意味が込められているかなどの詳しい説明を聞かせていただくことができました。文字や写真から得る知識を超えて、実際に目と耳で体験する貴重な時間になりました。

 

 

関連リンク

大徳寺大仙院書院庭園

https://garden-guide.jp/spot.php?i=daisenin

 

【茶道サークル】茶道を通じたおもてなしの精神 三重県高等学校茶道連盟が主催する 高校茶道研修会に参加しました

アカデミック サークル活動 ニュース  2019年12月13日 金曜日 08:30
和敬清寂のこころ

 

12月8日(日)、三重県津市の男女共同参画センターにて高校茶道研修会が開催され、茶道サークルの2年生女子が茶道の経験と高校間の交流を深めるべく参加をしました。

 

千利休は茶道に「和敬清寂」の精神を解かれました。この言葉には「和しあう心、敬いあう心、清らかな心、動じない心」という意味があります。茶道とは一服のお茶を通じて、その精神を心に刻むための道です。

 

研修会に集まった各高校の茶道部やサークルがお互いに自分たちの取り組みについて自己紹介をし、実際にお茶をたてて交流を深めました。半東と呼ばれる茶事を円滑に進めていくために亭主のサポートをする役割も経験しました。この研修会で得た経験と知識を青山高校茶道サークルでも生かしていきます。

 

1 / 5123...最後 »
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別アーカイブ