ニュース

アカデミックの記事一覧

【みえ県民文化祭】絞り染め体験と 天然ハーブを使った新商品の物販を行いました

    

5月30日(日)、三重県津市にある総合文化センターにて、第27回みえ県民文化祭が開催され、青山高校からフラワーアレンジメントサークルメンバーが参加しました。天然素材の絞り染めのTシャツを着て、ハーブを使った商品の物販や、染め物体験を行いました。

今回は、新しい商品としてハーブの芳香剤と、感染予防のマスクに塗布する芳香バームを置かせていただきました。感染予防に十分気をつけながら、多くの方々に足を運んでいただき、おかけさまで好評を得ることができました。売り上げの一部は、「新型コロナ克服 みえ支え愛募金」に寄付をさせていただいております。

    

関連リンク

みえ県民文化祭2021

みえ県民文化祭|文化会館|三重県総合文化センター (center-mie.or.jp)

【青山祭】「one for all」をテーマに 生徒個々の輝きを結集しました

6月12日(土)、今日は6月の帰省であり、「青山祭」開催の日です。「one for all(ひとりはみんなのために)」をテーマに、9時30分の開会より、会場となった食堂・A棟校舎は活気に溢れました。        

各クラス、感染予防を考慮した上で、趣向を凝らした出し物が出そろいました。それぞれのクラスには、「one for all」を意識して、そのクラスの個性が集結し、喜びと感動で終了時には涙する生徒の姿も見られました。感染防止で色々な制約がある中で、生徒たちは皆、青山高校で青春時代を謳歌しています。           

【クラブ活動】感染拡大防止に努めながら 校内では活発にクラブ活動が行われています

          

新年度が始まり、早1カ月が経過しました。初の帰省になったゴールデンウィークで、体と心を十分にリフレッシュしていただけたと思います。5月10日(月)は、午後からの時間帯を全てクラブ活動とし、1年生がブラザーと共に一生懸命に打ち込む姿があちこちで見受けられました。引き続いて感染拡大防止に努め、学業とクラブ活動に邁進していきましょう。

【Rookie Stage】テーマは「第一歩」 1年生を主人公に 生徒全員でステージを創り上げました

                

5月1日(土)、感染拡大防止に十分に配慮し、今年度最初の文化祭「Rookie Stage」が開催されました。1年生が入学をして、この3週間で成長した姿を保護者の方々に見てほしいという思いがあります。新しい生活を歩み始めたことを象徴するように、テーマは「第一歩」と名付けられました。全校生徒がRookie Stageに向けて一生懸命取り組んできました。

1年生全員が対象のスピーチコンテストでは、決勝に進んだ3名の生徒がそれぞれの思いを胸に発表しました。個性豊かな感性が、スピーチの言葉に乗って伝わってきます。3名とも素晴らしいスピーチでした。

ステージでは、和太鼓部、放送部、ダンス部、吹奏楽部の4つの部活動が発表しました。新たに入部した1年生の姿もそこにあり、初々しさと熱心な姿勢が観客席に伝わってきました。その様子を写真で掲載させていただきます。放送部は毎週YouTubeで配信をしているインターネットラジオ「aラジ」の生放送で、1年生の3週間を振り返って紹介してくれました。

ステージ発表と同じくらい大切にしているのが、1年生の取り組みへの表彰式です。日々の漢字、英単語テストの頑張りと共に、学校生活での挨拶、身だしなみ、読書運動、フォーサイト手帳活用、リーダーインミー、サンキューカードといった多岐にわたる部門で多くの1年生が表彰を受けました。本当によく頑張ってくれました。

本日から5月8日までが帰省になります。保護者の方々におかれましては、遠方から足をお運びいただき誠にありがとうございました。故郷に帰り、引き続き感染拡大防止に留意し、心身ともに十分にリフレッシュして、また元気な顔で会えることを楽しみにしています。

【文化祭実行委員会】『Rookie Stage』に向けて 準備と稽古が佳境に入っています

                 

5月1日(土)は「Rookie Stage」が開催されます。1年生にスポットを当てたこの文化祭に向けて、2、3年生が軸となり、文化祭実行委員会・各団体の準備・稽古が佳境に入っています。感染拡大防止に留意し、オンラインを駆使して「Rookie Stage」が開催されます。静かに、そして内に秘めたる情熱を垣間見せ、生徒全員が一丸となって取り組んでいます。

4月24日(土)には、1年生のスピーチコンテスト二次選考が行われました。1年生全員から集められたスピーチコンテストの原稿とその発表は、それぞれ輝く個性を持っていて、選考には毎年頭を悩ませます。せめぎあう予選を潜り抜けて、見事代表3名が選ばれました。「Rookie Stage」当日にご期待ください。

【フラワーアレンジメントサークル】anti COVID-19 project ラジオ局FM三重様にご協力いただきPR活動を行いました

12月11日(金)、フラワーアレンジメントサークルが手掛けているanti COVID-19 projectについて、ラジオ局FM三重様のご協力を得てPR活動をさせていただきました。ハーブを使った除菌液などの商品開発を通じて、新型コロナ克服みえ支え“愛”募金活動に参加をさせていただいてます。

今回はFM三重のパーソナリティ野木亜沙美様にお越しいただき、フラワーアレンジメントサークルの生徒と共に新商品のPRをさせていただきました。生徒にとってはラジオ収録の緊張もありましたが、終始和やかな雰囲気で進行を務めていただきありがとうございました。

今回の収録はFM三重RADIO CUBE 12月18日am 9:12頃から、Pick up On Mieのコーナーでオンエアされる予定です。

                                                                                                                                               

                                                                                                                

関連リンク

レディオキューブFM三重

レディオキューブFM三重 JONU78.9MHz (fmmie.jp)

【2020楓フェスティバル】テーマは「飛躍」 生徒全員の気持ちが前を向き 次に羽ばたくステップに

めっきりと秋の装いを感じる季節になりました。10月最後の31日(土)、青山高校の体育館で最大の文化祭「楓フェスティバル」が開催されました。今回のテーマは「飛躍」。コロナウイルスの感染拡大予防で多くのイベントが自粛中止になり、その流れの中で多くの生徒の活躍の場が制限されてきましたが、この機会をバネに生徒全員が一丸となり、次へはばたくきっかけになって欲しいという思いが込められています。

例年、大きな会場を貸し切って開催される楓フェスティバル。今年は感染予防の観点から保護者様の参加はない形で行われました。楓フェスティバルの様子は、本校ホームページの保護者様向けページにてオンライン配信をさせていだたきます。1年生にとっては初の大舞台となる楓フェスティバルの雰囲気をご視聴下さい。このページでは写真ギャラリーとして、その雰囲気をお伝えさせていただきます。

【放送部】第41回みえ高文祭にて 2年生男子生徒が総合司会を務めさせていただきました

第41回みえ高文祭が三重県津市にある総合文化センターにて開催されました。10月23日から3日間にかけて行われ、10月24日(土)に青山高校放送部の2年生男子生徒が総合司会を務めさせていただきました。

事前の選考会は既定の原稿によるアナウンス審査で、最終的に5名が選ばれました。今回、非常にレベルの高い生徒の中で総合司会を経験し、自分自身に足りないものを知ると共に、自分自身の長所にも気づくことができました。高校卒業後に放送に関わる分野に進路を考えていることにも大きな力となる経験でした。

                                                                                                                               

関連リンク

第41回みえ高文祭

http://www.mie-koubunren.org/

【フラワーアレンジメント】anti COVID19 project 研究していたハーブ除菌液が完成し  企業に寄贈させていただきました 

コロナウイルスの感染拡大予防のために、青山高校の寮生活の中にも新しい生活習慣を取り入れて4か月が経過しました。そしてフラワーアレンジメントサークルのメンバーが取り組んできたハーブを使った除菌液が、試行錯誤を重ねてようやく完成しました。

anti COVID19 project と名付けられたこの除菌液の開発は、その安全性と効果が確認できたため、地元企業に寄贈させていただくことになりました。今回は寄贈先の三糧輸送株式会社様をお伺いし、川北社長にお話を伺う機会を得ました。

川北社長との懇談の中で、コロナ禍にある運送業務のご苦労や心配りについてお話を聞かせていただくことができました。今回の除菌液の寄贈を通じて、今後の青山高校との交流を継続させていただくことになりました。お忙しい中、貴重なお時間をいただき本当にありがとうございました。

今後はこの除菌液をはじめとして、anti COVID19 projectとして雑貨石鹸などのアイテムを企画開発し、津市内で販売をしていきます。販売で得た利益は「新型コロナ克服みえ支え“愛”募金」に寄付をさせていただき、コロナウイルスに関連した支援が必要な方々に役立てていただきます。

                                                                                                                                                                                        

関連リンク

三糧輸送株式会社

http://www.sanryou.co.jp/

新型コロナ克服みえ支え“愛”募金

https://www.pref.mie.lg.jp/D1SENRYAKU/71586044498_00001.htm

【フラワーアレンジメント】新しい生活様式の中で楽しみを見出す 香り豊かなハーブを使ったアロマ消毒液を製作しました

アカデミック サークル活動 ニュース  2020年7月17日 金曜日 13:54

本格的な新しい生活様式が始まって2か月が経とうとしています。青山高校の寮生活の中でも、様々な形で新しい生活様式が取り入れられています。その中で基本になるのが清潔を維持すること。今回は手を消毒するオリジナルの消毒液を製作しました。

消毒液は一般的にはアルコールを用いたものを使用することが多いですが、アルコール消毒液を使われた方の中には、手が荒れたり、特有の匂いが受け付けられないといった声が聞こえてきます。いかに消毒液を使うということにストレスを感じずに楽しさが感じられるかをテーマに制作に取り掛かりました。

注目したのはオレンジピールとリンデンです。アルコールの匂いとの相性を調べ、79度のアルコールに1か月漬け込み、レモングラスやグレープフルーツのアロマオイルと調合していきます。試行錯誤の結果、香り豊かなアロマ消毒液が完成しました。

これらのアロマ消毒液は、学校給食でお世話になっている企業や、寮生の散髪で利用をさせていただいている理髪店、そして近隣の温泉旅館を訪問し、広く利用していただくことになりました。今後はハーブを使った石鹸や蚊取り線香の製作にも取り組んでいきます。

1 / 5123...最後 »
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別アーカイブ