ニュース

サイエンスの記事一覧

【サイエンス】第4の物質であるプラズマについて知ろう 化学大好きな先生によるプラズマ教室を開催!

クラブ活動 サイエンス ニュース 学校行事  2019年1月14日 月曜日 08:30
化学好きを集めてプラズマ実験教室を開催

 

プラズマという言葉を耳にすることは多いと思います。プラズマテレビにプラズマ空気清浄機、映画やアニメ等のフィクションの世界でもよく出てくる言葉です。それでは一体プラズマとは何なのでしょうか?

 

プラズマとは、固体・液体・気体に続く「第4の物質」と呼ばれています。気体をさらに熱していくと、物質を構成している原子がバラバラに分離して、プラスとマイナスの荷電粒子になって漂います。この状態をプラズマと呼んでいます。

 

言葉で説明するよりも実際に実験したほうがずっと印象に残ると、化学大好きなサイエンス部の顧問今村先生が、率先して実験を行っています。今回はオープンキャンパスのクラブ体験ブースにて、今村プラズマ教室が開催されました。

 

塩化ナトリウム(食卓塩)と炭素(シャープペンシルの芯)を使って、家庭用の電子レンジでプラズマ発生を行います。プラズマになる時の温度は4000度に至りますが、ビーカーのガラスで直ぐに冷却されるため、このような実験が可能になります。独特のオレンジ色の発行が印象的です。

 

プラズマは、高速道路を明るく照らすナトリウムランプとして身近に使われています。北極で見られる大自然の光のカーテンであるオーロラもプラズマ発光の一種なのです。

 

 

【eスポーツ】サイエンス部新チーム発足! これがスポーツ新世代 第1回全国高校eスポーツ選手権に出場します!

クラブ活動 サイエンス スポーツ ニュース  2018年12月20日 木曜日 23:05
団結力と駆け引きで全国優勝を目指せ!

 

最近、頓に世間の注目を集めているeスポーツ。主に高性能パソコンを使ったゲームを主とするエレクトリックスポーツが広まり、競技人口が急増しています。その歴史は意外に古く、2000年から競技化が始まっています。

 

eスポーツは、1対1で対戦をするものから、チームを組んで戦略を競い合うものまで多岐にわたっています。今回、高校生を対象に日本国内で初めて開催される記念すべき「第1回全国全国高校eスポーツ選手権」にサイエンス部が出場することが決定しました!

 

エントリーするのは青山高校からは3チーム。1年生から3年生まで各学年に分かれて、1チーム5名の選抜選手で構成されています。そして競技種目は「リーグ・オブ・レジェンド」、プロゲーマーによる公式リーグも発足していて、今や全世界規模で熱い競技が行われているストラテジー(戦略・作戦)ゲームです。

 

予選はクリスマスの25日です。3年生の木村くんはこう語ってくれました。

「今回エントリーするeスポーツ競技はチーム戦です。僕たちは日々の寮生活で、チームの団結力と自分勝手な行動を慎み、チームメイトを思いやり、適材適所で個性を生かすことを身につけています。1人ひとりが重要な役割を持つストラテジーゲームでは、より一層のチームワークが求められます。新しいチャレンジとして日々の練習と週末の集中特訓を認めてくれる学校環境に感謝しています。必ず結果を出し、eスポーツの流れを作り上げていきたいです」

 

優勝したあかつきには、リーグ・オブ・レジェンドの世界的なメッカである韓国への旅行とそこでのプロゲーマーの試合の観戦権が授与されます。この新しい青山高校eスポーツの息吹を応援してください!

 

 

 

関連サイト

第1回全全国高校eスポーツ選手権公式

https://www.ajhs-esports.jp/

リーグ・オブ・レジェンド公式

https://jp.leagueoflegends.com/ja/

一分で分かるリーグ・オブ・レジェンド公式

 

 

 

 

【サイエンス部】ペットボトルを使ったロケット発射実験 水と空気の反作用ではるか上空に舞う

クラブ活動 サイエンス ニュース  2018年12月12日 水曜日 08:30
ロケットに思いを馳せて

 

サイエンス部の天体観測・ロケットチームは、皆宇宙やロケット工学に強い関心を持つ生徒で構成されています。そのルーツを遡っていくと、幼いころに見たテレビのロケット打ち上げ中継であったり、保護者の方が買ってくれた宇宙の図鑑だったりと様々です。

 

ロケットが飛ぶ仕組みとは、燃料に酸素がない宇宙空間で燃料を燃やせる酸化剤を混ぜて火をつけて、できた大量のガスを後方に噴き出すという反作用です。それと同様に、ペットボトル内で空気を圧縮させ反作用効果を引き出します。

 

今回は、ロケット射出実験の様子をご紹介します。12月8日(土)はオープンキャンパスの日でもあり、お越しいただいた方々の前で射出実験を行いました。

 

予想をはるかに超えた高さとスピードで宙に舞うペットボトルロケット。ひときわ歓声があがります。過去には飛びすぎてはるか校舎の屋根にまで到達したことも。今回も射出実験は大成功でした。

 

【2018楓フェスティバル】Canvas×Palette  みんなの個性を絵の具に見立てて 真っ白なキャンバスに思いきり夢を描こう 

青山高校最大の文化祭が始まる

 

11月9日(金)、三重県名張市青少年センターADSホールにて、青山高校最大の文化祭「楓フェスティバル」が開催されました。非常に多くの保護者の方々や、来賓の方々にご参加いただき、ホール全体が熱気に包まれました。

 

青山高校の大きな特徴は1年に3回の文化祭です。特に部活動やサークル活動で生徒一人ひとりの個性を伸ばし、活動や研究の発表の場として力を入れています。また文化祭は生徒自身が中心になって企画運営されています。一人ひとりが自分自身の役割を持ち、それに取り組むことで大きな成長を遂げていきます。

 

今回のフェスティバルのテーマは、「Canvas×Palette」。生徒一人ひとりの個性を多彩な絵の具に見立てて、真っ白なキャンバスに自分の夢を描いていきます。またフェスティバルを引っ張る実行委員は、絵の具を受け止めるパレットとして、縁の下の力持ちとしてフェスティバルを支えます。

 

サイエンス部、放送部を筆頭に、和太鼓・ダンス・吹奏楽・英会話といった部活動や、美術・マンガ・文芸・フォト・フラワーアレンジメント・国際交流・ビブリオバトル等の個性的なサークル活動が脇を固めます。発表や展示の場で活き活きとした表情を見せる生徒の姿がとても印象的でした。

 

今回は、その様子を写真ギャラリーとして掲載いたします。本日から11月の帰省になります。お集まりいただきました保護者の方々や関係者の方々に深く感謝を申し上げます。

 

 

写真ギャラリー

 

 

【サイエンス部】夜の青山高原は絶好の天体観測ローケーション! はたして月のクレーターと土星は見れるのでしょうか?

クラブ活動 サイエンス ニュース  2018年10月19日 金曜日 20:00
観測ロケーションはバッチリ!

 

青山高校の近くには、古くから観光やドライブコースとして有名な青山高原が広がっています。60基以上の風力発電のプロペラが回る姿は圧巻です。青山高原は昔から変わりなく豊かな自然が残されていて、夜になると満天の星空を楽しむことができます。

 

10月19日(金)は天候に恵まれ、サイエンス部の天体観測チームが月の表面観測と土星の姿を確認すべく、天体望遠鏡を担いで青山高原を訪れました。かなり肌寒いですが、澄んだ空気と一面の星空は観測には絶好のロケーションです。

 

天体望遠鏡の倍率を徐々に上げていき、しっかりと月表面のクレーターを観測することができました。自分の目で確認するクレーターの様子は、想像以上に美しく宇宙のロマンを感じさせてくれます。この勢いで土星観測も行ないましたが、あいにく雲に隠れて見れないというアクシデント!残念ですが次回までの楽しみにとっておきましょう!

 

【サイエンス部】想像から創造へ 3Dプリンターを導入し新たなチャレンジが始動しました

クラブ活動 サイエンス ニュース  2018年10月2日 火曜日 08:30
サイエンス部の新しい部門となるか

 

3Dプリンター、もしかしたらお持ちいただいているご家庭があられるかもしれませんね?立体のデータを入力し、液状の樹脂を積層して固めていくことで作品を作り上げるこの機械は、実は2013年には低価格化による家庭普及で7万台も売れたと言われています。

 

3Dプリンターは年々進化を遂げ、建築や医療の分野でこれまでにない発想の製品が生み出されています。AI化が進み、今後人間の職業が機械に置き換わっていくと言われる中で、人間のイマジネーションが発揮されるこれからの分野でもあるのです。

 

青山高校サイエンス部でも、プログラム・ロボット、航空実験に続く新しい分野とすべく初心者向けの3Dプリンターを導入しました。習うより慣れよという言葉があるように、早速実践開始です!イマジネーションからクリエイションへ、青山高校生らしいユニークで個性的な作品が生まれることを期待しています!

 

 

【サイエンス部】CU Roboconに出場 レゴマインドストームを駆使して大会入賞なるか?【ロボット】

クラブ活動 サイエンス ニュース  2018年8月29日 水曜日 06:58
ゲームプログラミング部門に負けじと

 

青山高校のサイエンス部は、これまでにご紹介させていただいたように科学に興味ある個性的なメンバーが活躍しているフィールドです。昨年度のニコニコ闘会議でゲームプログラミング部門で大賞をいただいたのは記憶に新しいところです。

 

さて、ゲームプログラミング部門に負けじと闘志を燃やして取り組んでいるのがロボット部門。初心者を含めてまだまだこれからの部門ですが、日々レゴマインドストームを使ったロボット作成に取り組んでいます。実際にロボット工学の道に進んだ先輩もいるんですよ。

 

今回はレゴマインドストームを競うCU-Robocon(中部大学学長杯LEGOロボットコンテスト)に出場させていただきました。本格的な大会とあって意気込みが強い分、緊張もしています。持てる技量を駆使して念願の大会入賞となるでしょうか?

 

 

気になる結果は!!

健闘しましたが、エキスパート部門、ミドル部門共に入賞ならず……残念。

でも「失敗は成功の母」というじゃないですか!自分たちの実力が分かり、大きく刺激を受けました。今回の経験は必ず次の大会出場の糧になることでしょう。また高校に戻って研究だぁー。

 

関連リンク

CU-Robocon 公式サイト(高校生部門)

https://www3.chubu.ac.jp/hs/

【サマーフェスティバル実行委員会】真夏の祭典に向けて実行委員会が始動! テーマは「挑(いどむ)」 恒例の大花火もありますよ!

サマーフェスティバルに向けて

 

梅雨が明けましたね!今年は猛暑が予想されています。暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください。

 

さて青山高校では例年7月に校内でサマーフェスティバルを開催します。今年は19日の木曜日!夏休みの帰省前のイベントとして、全校生徒が思いきり楽しめる様に、実行委員会が動き始めています。

 

今年のサマーフェスティバルのテーマは、すばり「挑(いどむ)」です!実行委員の生徒をはじめ、芸術・文化活動に関わる全ての生徒がサマーフェスティバルを盛り上げるべく、自分自身のミッションに挑みます。

 

サマーフェスティバル恒例の大花火の打ち上げも着々と準備が進んでいます。「挑(いどむ)」のテーマを生徒一人ひとりが成し遂げて、すがすがしい気持ちと共に大花火を見上げることができるでしょうか?こうご期待!

 

 

 

 

【サイエンス部】桜丘高校とのサイエンスセッション 来て見て分かった新たなビジョン

クラブ活動 サイエンス ニュース  2018年6月28日 木曜日 07:54
姉妹校の桜丘高校を訪ねて

 

青山高校には2つの姉妹校があります。同じ三重県にある桜丘高等学校がその一つです。昨年、全国高等学校クイズ選手権で優勝に輝いたことは記憶に新しいところです。

 

一方、青山高校のサイエンス部は今年2月のニコニコ闘会議で自作ゲームフェス大賞に輝きました。科学やプログラミングに関心のある生徒が多く集まり、最近メキメキと成長しています。

 

今回は、桜丘高校を訪問し、両校のサイエンス部がサイエンスセッションを行いました。親睦と交流を深め、お互いの優れた部分を吸収して今後の活動に生かします。

 

行なったのは研究のプレゼンテーションとポスターセッションです。青山高校からは、先日訪問をしたMRJミュージアムに感銘を受けて、航空部門でどのように生かしていくかというアイデアや、顔認証プログラムを使って人を笑顔にするアイデア等がプレゼンされました。夢がありますね!

 

 

セッションを終えて

 

セッションを終えた青山高校サイエンス部員に率直な感想を聞いてみました。

 

僕は普段はモデリングやゲームプログラム等、PCばかりを使っているので、今回の様にポスター形式で実験や研究の成果をまとめることに新鮮な感覚がありました。この新鮮な気持ちを今後の自分の活動の原動力にしていきたいと思っています。

 

ポスターや研究の内容も凄かったけど、それを説明するプレゼンテーションがとても上手だった。人に伝える力をどのようにして学んでいったのかを知りたいと思ういい機会になりました。

 

水平尾翼や酸性雨についての研究があり、その内容がとても良かった。酸性雨についてはポスターの内容でどれだけ地球環境に害をなしているかが分かった。科学という大きな分野で、新しい研究に挑戦したいと思いました。

 

他校のサイエンス部の活動と研究報告に刺激を受けました。このようにセッションをすることの大切さが体験してみて初めて分かりました。

 

今回のセッションに協力していただきました桜丘高校サイエンス部の皆さん、ありがとうございました。

 

【青山祭2018開催】初夏の陽気につつまれて Create(創造)とSmile(笑顔)を表現しよう

テンション高まる青山祭

 

6月16日、先日の雨が嘘のように晴れ、初夏の陽気に包まれました。青山祭2018の開幕です!青山祭には在校生の保護者の方々も多く見に来られます。6月の帰省も兼ねていて、自ずとテンションが高まりますね!

 

1年生のクラス演劇を筆頭に、各クラブ活動のステージ発表と個性的なサークル活動の体験ブースが設けられました。また各県の保護者会のご協力をいただいて、名産品の出店コーナーもたくさん出展されました。

 

今回は、青山祭の様子を写真ギャラリーで掲載をさせていただきます!

 

体育館ステージギャラリー

 

1年生のクラス対抗演劇です。短い練習期間で一生懸命がんばりました!

 

 

合唱・ミュージックアカデミーステージ発表!

 

 

多彩なサークル活動ギャラリー

 

今回は、サークル活動の体験ブースを設置し、来場者の方々に見て、触れて、驚いていただきました。

生徒の個性が光るサークル活動です!

 

 

 

食堂ステージ&出店コーナーも賑わいました!

 

各県の名産品や、ビジネスコミュニケーションサークルが企画、商品開発をした商品が並びました。ご協力をいただいた保護者会の皆様、本当にありがとうございました!

 

 

1 / 3123
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031