ニュース

学校生活の記事一覧

【大学キャンパスツアー】将来の自分の姿を思い描いて 滋賀県にある龍谷大学と立命館大学のキャンパスツアーに参加しました

ニュース 学校生活  2019年11月2日 土曜日 15:45
目と耳と足でキャンパスを体感する

 

10月28日(月)、青山高校2年生44名が滋賀県にある龍谷大学と立命館大学のキャンパスツアーに参加しました。3年生の先輩が徐々に卒業後の進路を決めていく中で、2年生も大きな刺激を受けています。将来の自分の姿に思いを馳せてキャンパスを体感しました。

 

晴天に恵まれたキャンパスを歩き、自分の目と耳と足を使って大学のキャンパスを感じとります。思えば青山高校のオープンキャンパスに参加した時も、同じような感覚でキャンパスを歩きました。キャンパスツアーでは大学の職員の方々に直接お話を伺う機会もあり、自分の次のステージを考える貴重な経験になりました。

 

 

 

関連リンク

龍谷大学

https://www.ryukoku.ac.jp/

立命館大学

http://www.ritsumei.ac.jp/

 

【進路ガイダンス・帰省】文理選択の適性結果を踏まえて 10月の帰省に合わせた進路ガイダンスを実施しました

ニュース 学校生活  2019年10月19日 土曜日 14:44
希望進路の実現に向けて

 

10月19日(土)、今日は帰省日です。日本全国から生徒が集まる青山高校は、毎月の帰省日を設けています。家路に逸る気持ちを押さえつつ、1、2年生の生徒と保護者様を対象とした進路ガイダンスが行われました。

 

先月9月に文理選択の適性検査を行っており、その結果を個別にお知らせし、これからの進路の方向性を探ります。ベネッセコーポレーションの進路担当の方からも希望進路の実現に向けたアドバイスを伺うことができました。グループでお互いの進路について話し合う姿も見られ、各々がこれからの目標を思い浮かべました。

 

帰校は10月23日(水)になります。健康第一で思い切りリフレッシュをして、また元気な顔で会えることを楽しみにしています。

 

 

 

【広報委員会】学生寮の生活と魅力を新聞で発信!みえ高文祭新聞部門で審査員賞を受賞しました

アカデミック ニュース 学校生活  2019年10月17日 木曜日 19:17
昨年からの進歩が見られる紙面づくり

 

みえ高文祭新聞部門で青山高校の寮新聞が審査員賞を受賞しました。昨年の奨励賞に続く受賞になり、広報委員会のメンバーの嬉しさもひとしおです。おめでとうございます。

 

全寮制の青山高校では、生徒全員が寮生活を送っています。暁星寮、天人寮、清純寮の3つの学生寮では、小さなことから大きなことまで、毎日いろんな出来事があります。嬉しいことや楽しいことを共有できるのは寮生活の魅力の一つです。

 

6月の紙面技術講習会の参加を経て、各学生寮が作成している新聞もレイアウトやデザインなどの進歩が見られます。保護者の方々や学校を見学に来られる方々に、日々の寮生活の出来事と魅力を発信する広報委員会。日々の取り組みが評価されて、これからの寮新聞の作成により一層熱が入りそうです。

 

 

【防災訓練】寮生活だからこそ 一層求められる災害防止とその備え 防災訓練で気持ちを引き締めました

その他 ニュース 学校生活  2019年9月7日 土曜日 08:30
備えあれば憂いなし

 

9月3日(火)抜けるような青空の下、青山高校の防災訓練が行われました。1923年の関東大震災が発生したのが9月1日。1960年にはその日を忘れず、これからの教訓に生かしていくために「防災の日」と制定されました。

 

3階建ての構造を持つ青山高校の学生寮では、日々多くの生徒とハウスマスターが生活をしています。防災に対する危機意識は、平穏な日常生活に中に埋もれていくものです。定期的な防災訓練は、一人ひとりの気持ちを引き締め、災害の未然防止につながります。

 

今回は通常の消火訓練に加えて、消防車を使った寮での消火シミュレーションも行いました。目の前で繰り広げられる消火作業の光景は、想像以上に生々しく、絶対にこのようなことが起きぬようにと気持ちを引き締める生徒と教職員一同でした。

 

 

【サークル活動】すぐそこに熱中できることがある幸せ 男子寮でのサークル活動をご紹介します

小さな活動が実を結ぶ

 

熱中できることがあるって幸せなことです。例えそれが小さな規模であったとしても、同じ分野に興味を持ち、一緒に活動しながら話に花を咲かせるのは楽しいものです。

 

数年前から本格的に活動が始まった青山高校のサークル活動。今や大所帯になったサイエンス部も初めは小さなサークル活動からスタートしました。今年度からサークル活動は、より身近な学生寮にも場所を移し、趣味嗜好から始まる個性の発掘に注目しています。

 

めきめきと実力を上げてきている将棋、電子レンジと触媒を使った一見怪しい雰囲気が漂うプラズマ実験、天体観測にフラワーアレンジメント、フォトグラフィック。そして茶道等々。

 

今や部活動との掛け持ちをする生徒も多くなってきているサークル活動は、新たな自分の才能に気づく大きなきっかけにもなっているのです。

 

 

 

【大学見学ツアー】卒業後に立つステージに思いを馳せて 2年生38名が名古屋大学と名城大学のキャンパスツアーに参加しました

キャリアデザイン ニュース 学校生活  2019年7月11日 木曜日 22:18
あっという間に過ぎゆく1学期

 

時の流れは早く、令和元年の1学期がまもなく過ぎゆこうとしています。日本全国から青山高校に県外留学をし、勉強に部活・サークル活動に、そして学校行事と忙しい毎日を送る青山校生です。

 

7月11日(水)、愛知県名古屋市にある名古屋大学と名城大学に、青山高校の2年生38名がキャンパスツアーに参加しました。自分の目でキャンパスの雰囲気を知ることはとても大切なことです。

 

入学したときに思い描いた夢や将来への思いは、日々の生活でより一層強くなることもあれば、全く違うものに変化することもあります。高校生活は人生の通過点。卒業後に自分自身が立っているステージを思い描きながら、思い思いにキャンパスを巡ります。大きな刺激を受けて、真剣に説明を聞く姿が印象的なキャンパスツアーになりました。

 

 

 

関連リンク

名古屋大学

http://www.nagoya-u.ac.jp/

名城大学

https://www.meijo-u.ac.jp/

 

【薬物乱用防止教室】社会環境の変化と共に 薬物乱用の危険性に警鐘を鳴らす 生徒一人ひとりがしっかりとした認識を持つために

ニュース 学校生活  2019年7月10日 水曜日 22:20
忍び寄る薬物乱用の危険性を知る

 

「自分には関係ない」そういった思い込みが大きな落とし穴となり、犯罪や事故は自身の身に降りかかります。青少年の薬物乱用に関するニュースを見聞きすることが多くなっている昨今、それは他人事ではなくいつの間にか背後に忍び寄る可能性を持っているのです。

 

文部科学省が奨励する薬物乱用防止教室は、平成10年から日本全国で開催をされています。青山高校は寮生活であり、より一層自分自身の生活管理が求められます。しっかりとした知識を備えることは、自分自身を守ることでもあるのです。

 

専門家の講師の方に来校いただき、大食堂で全校生徒に向けた講習が開催されました。実例を挙げながら薬物乱用の怖さを知る機会に、いつもより身が引き締まるような面持ちの生徒たち。自分自身の生活管理の大切さについて考えさせられる時間になりました。

 

 

 

 

関連リンク

文部科学省 薬物乱用防止教育

http://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/hoken/1353626.htm

 

日本学校保健会 薬物乱用防止教育

http://www.hokenkai.or.jp/3/3-1/3-1.html

 

【キャリア育成研修】ホスピタリティ&ロジカルシンキング 先進企業のリーダーの方々に学ぶ東京リーダー育成研修に参加しました 

実践で磨かれた先進企業のノウハウに触れる

 

6月15日(土)の青山祭を終え、毎月の帰省の途につく生徒たち。その一方で6月17日(月)から19日(水)の3日間にかけて、東京でホスピタリティとロジカルシンキングのキャリア研修に参加する有志生徒の姿がありました。

 

ホスピタリティはおもてなしの心、ロジカルシンキングは論理的思考と表現することができます。先進企業のリーダーの方々に教わるホスピタリティとロジカルシンキングの手法は、日々の実践と推考で磨かれてきたものであり、非常に貴重な研修となりました。

 

今回の研修にご協力をいただいた企業様は5つ。7つの習慣で有名なフランクリン・コヴィー・ジャパン様、探求型学習サービスを提供されているa.school様、顧客目線に徹底的にこだわられているMS&Consultihg様、国内外に広く飲食展開をされているWonder Table様、そして論理エンジンで名高い水王舎様での貴重な機会をいただきました。

 

3日間の研修は、心地よい疲れと新しい考えに触れたことの興奮と、そしてこれからの生活の中で各人が実践していくビジョンに満ちたものになりました。青山高校を卒業したその先にあるものに目を向けて、日々実践をしていきます。貴重な機会を与えていただいた企業様に感謝いたします。

 

 

 

 

関連リンク

フランクリン・コヴィー・ジャパン

https://www.franklincovey.co.jp/

株式会社 水王舎

http://www.suiohsha.jp/

a.school

http://aschool.co.jp/

MS.Consulting

https://www.msandc.co.jp/

wondertable

http://www.wondertable.com/

 

【国際交流】心通わす異文化コミュニケーション 第2回イングリッシュキャンプを開催しました

日本語から離れて分かること

 

イングリッシュキャンプでは、英語圏の方々と一緒に行う活動やレクレーションを通じて、異なる文化や習慣を学び、生きた英語を学びます。日本語を使わず、英語のみを使ってコミュニケーションを図ることで、自分自身の英語力を最大限に引き出す効果があります。

 

青山高校では、通常の授業の枠を超えて、さらに積極的に英語に触れ合う取り組みとして「国際交流部」や「英会話サークル」を設けています。そして5月11日(土)、今回は部活動やサークルの枠組みに縛られずに、1年生が中心になってイングリッシュキャンプに参加しました。

 

ネイティブの先生の方々はとても親切に、そして丁寧に楽しくグループを引っ張ってくれました。今まで英語だけを使ったコミュニケーションの経験がない1年生も少なくありません。それでも身振り手振りを加えながら、自分の思いを相手に伝えようとする中で、自然と距離が縮まり、笑顔や笑い声が弾けました。

 

英会話でもっと広い世界に飛び出すことができます。言葉の壁はありますが、伝えようとする気持ちがあれば英語を使うのが楽しくなり、言葉すら超越したコミュニケーションと信頼関係が生まれます。非常に充実したイングリッシュキャンプになりました。

 

 

【新入生歓迎遠足】一足早い初夏の陽気に包まれて ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ新入生歓迎遠足に出かけました 

ニュース 学校生活 学校行事  2019年4月23日 火曜日 08:30
笑顔と触れ合いで親睦が深まる

 

初夏のように暑い日が訪れる今年の4月です。天候に恵まれた4月22日(月)、大阪府のユニバーサル・スタジオ・ジャパンに新入生歓迎遠足に出かけました。新入生の皆さんが入学して早2週間が経ちます。新入生一人ひとりに見られる笑顔は、新生活に徐々に馴染んできていることを物語っています。

 

毎年4月の歓迎遠足は、新入生の友だちの輪が広がるように、ブラザーが一緒に寄り添ってサポートします。一緒にアトラクション巡りをしたり、人気キャラクターと一緒に記念撮影したりするなど、笑顔で会話が弾む姿が色んなところで見かけられました。

 

清々しい気持ちと心地よい疲労感で帰路に着いた生徒たち。引率の先生方もお疲れ様でした。今月27日にはルーキーステージが開催されます。英気を養って充実した4月を締めくくりましょう!

 

 

 

 

1 / 11123...最後 »
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のブログ記事