ニュース

学校生活の記事一覧

【保護者の皆様へのお知らせ】新型コロナウイルス感染予防に係る臨時休業について

ニュース 学校生活  2020年2月28日 金曜日 16:30

 

令和2年2月28日

 

保護者 様

 

青山高等学校

校長 岡島 義信

 

 

新型コロナウイルスの感染防止に係る臨時休業について

 

向春の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。また、日頃より本校の教育活動にご理解とご協力をいただきありがとうございます。

 

さて、昨日2月27日に全国の小学校、中学校、高等学校に一斉臨時休業を要請する方針が内閣総理大臣から示され、文部科学省および三重県からの通知を踏まえ、本校も3月2日より終業式(18日)までの間、臨時休業の措置をとることと致しました。

 

臨時休業中は、感染予防に努めていただくとともに、感染があった場合には早急に学校にもお知らせいただきますようお願いいたします。

なお、状況が変化した場合は予定が変更される場合もありますのでご承知おきください。

 

※帰省の時間などについては、各ご家庭に速達で郵送をさせていただいております。

【新年のご挨拶】新年あけましておめでとうございます

その他 ニュース 学校生活  2020年1月8日 水曜日 09:55
新年あけましておめでとうございます

 

皆様におかれましては、お健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
旧年中は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。新年度を迎え、本日より新学期をスタートいたします。

 

青山高等学校は、全寮制教育の特性を活かし、自らの個性を輝かせ、世のために尽くし、使命を果たすことができる人物の育成に取り組んでおります。令和2年も引き続いて協調性ある人間関係力を築き、礼儀と忍耐力を身につけ、世の一隅を照らすにふさわしい人間力を育てて参ります。

 

今年が皆様にとりまして、健康で幸多き一年となりますことを心からお祈り申し上げまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

青山高等学校長 岡島義信

【クリスマス会】校内を彩るイルミネーションとクリスマスツリー 聖夜に先駆けて1年を締めくくるクリスマス会を開催しました

ニュース 学校生活 学校行事  2019年12月20日 金曜日 23:37
クリスマス会を通じて深まる団結

 

12月19日(木)、毎年恒例となったクリスマス会が開催されました。冬休みの帰省が近づき、毎日が慌ただしく過ぎていく中で、今年も生徒自身が主体的に動き、夜遅くまでクリスマス会の実行委員会や発表の練習が行われてきました。

 

午前と午後に分かれて行われるクリスマス会は、合唱、吹奏楽、ミュージックアカデミー、和太鼓、ダンス、軽音楽と非常にバラエティに富んだ発表で構成されています。寮と校内にはクリスマスツリーが彩られ、イルミネーションも煌びやかに夜を演出してくれます。

 

楽しい時間を過ごすということはもちろんですが、それと同じくらい大切にしているのが団結力を深めるということです。今年もクリスマス会の準備や進行を通じて、生徒が大きく成長する姿を感じることができました。

 

 

【出前授業】高校2年生を対象に 津市選挙管理委員会の方々をお招きして 選挙についての講義と模擬選挙を実施しました

その他 ニュース 学校生活  2019年12月9日 月曜日 21:53
選挙権を持つという実感を

 

12月9日(月)、青山高校の2年生を対象として、選挙についての講習会と模擬選挙が行われました。出前授業と称した今回の講義は、津市選挙管理委員会の方々をお招きして、選挙の仕組みや若年層の選挙率が伸び悩むことへの問題提起などを説明していただきました。

 

また後半は本物の投票用紙と投票箱を使っての模擬選挙を実施しました。3人の立候補者を擁立して、1人を選ぶという選挙シミュレーションに、模擬選挙といえども初めての選挙への戸惑いや緊張が感じられました。来年に選挙権を持つことへの責任感と、自分が投じる1票の重みを感じることができました。

 

早いもので令和元年も残り3週間足らずとなりました。山間に位置する青山高校にも師走の訪れを感じさせる寒気が舞い込んできました。良い一年の締めくくりになるように気を引き締めていきましょう。

 

 

【大学キャンパスツアー】将来の自分の姿を思い描いて 滋賀県にある龍谷大学と立命館大学のキャンパスツアーに参加しました

ニュース 学校生活  2019年11月2日 土曜日 15:45
目と耳と足でキャンパスを体感する

 

10月28日(月)、青山高校2年生44名が滋賀県にある龍谷大学と立命館大学のキャンパスツアーに参加しました。3年生の先輩が徐々に卒業後の進路を決めていく中で、2年生も大きな刺激を受けています。将来の自分の姿に思いを馳せてキャンパスを体感しました。

 

晴天に恵まれたキャンパスを歩き、自分の目と耳と足を使って大学のキャンパスを感じとります。思えば青山高校のオープンキャンパスに参加した時も、同じような感覚でキャンパスを歩きました。キャンパスツアーでは大学の職員の方々に直接お話を伺う機会もあり、自分の次のステージを考える貴重な経験になりました。

 

 

 

関連リンク

龍谷大学

https://www.ryukoku.ac.jp/

立命館大学

http://www.ritsumei.ac.jp/

 

【進路ガイダンス・帰省】文理選択の適性結果を踏まえて 10月の帰省に合わせた進路ガイダンスを実施しました

ニュース 学校生活  2019年10月19日 土曜日 14:44
希望進路の実現に向けて

 

10月19日(土)、今日は帰省日です。日本全国から生徒が集まる青山高校は、毎月の帰省日を設けています。家路に逸る気持ちを押さえつつ、1、2年生の生徒と保護者様を対象とした進路ガイダンスが行われました。

 

先月9月に文理選択の適性検査を行っており、その結果を個別にお知らせし、これからの進路の方向性を探ります。ベネッセコーポレーションの進路担当の方からも希望進路の実現に向けたアドバイスを伺うことができました。グループでお互いの進路について話し合う姿も見られ、各々がこれからの目標を思い浮かべました。

 

帰校は10月23日(水)になります。健康第一で思い切りリフレッシュをして、また元気な顔で会えることを楽しみにしています。

 

 

 

【広報委員会】学生寮の生活と魅力を新聞で発信!みえ高文祭新聞部門で審査員賞を受賞しました

アカデミック ニュース 学校生活  2019年10月17日 木曜日 19:17
昨年からの進歩が見られる紙面づくり

 

みえ高文祭新聞部門で青山高校の寮新聞が審査員賞を受賞しました。昨年の奨励賞に続く受賞になり、広報委員会のメンバーの嬉しさもひとしおです。おめでとうございます。

 

全寮制の青山高校では、生徒全員が寮生活を送っています。暁星寮、天人寮、清純寮の3つの学生寮では、小さなことから大きなことまで、毎日いろんな出来事があります。嬉しいことや楽しいことを共有できるのは寮生活の魅力の一つです。

 

6月の紙面技術講習会の参加を経て、各学生寮が作成している新聞もレイアウトやデザインなどの進歩が見られます。保護者の方々や学校を見学に来られる方々に、日々の寮生活の出来事と魅力を発信する広報委員会。日々の取り組みが評価されて、これからの寮新聞の作成により一層熱が入りそうです。

 

 

【防災訓練】寮生活だからこそ 一層求められる災害防止とその備え 防災訓練で気持ちを引き締めました

その他 ニュース 学校生活  2019年9月7日 土曜日 08:30
備えあれば憂いなし

 

9月3日(火)抜けるような青空の下、青山高校の防災訓練が行われました。1923年の関東大震災が発生したのが9月1日。1960年にはその日を忘れず、これからの教訓に生かしていくために「防災の日」と制定されました。

 

3階建ての構造を持つ青山高校の学生寮では、日々多くの生徒とハウスマスターが生活をしています。防災に対する危機意識は、平穏な日常生活に中に埋もれていくものです。定期的な防災訓練は、一人ひとりの気持ちを引き締め、災害の未然防止につながります。

 

今回は通常の消火訓練に加えて、消防車を使った寮での消火シミュレーションも行いました。目の前で繰り広げられる消火作業の光景は、想像以上に生々しく、絶対にこのようなことが起きぬようにと気持ちを引き締める生徒と教職員一同でした。

 

 

【サークル活動】すぐそこに熱中できることがある幸せ 男子寮でのサークル活動をご紹介します

小さな活動が実を結ぶ

 

熱中できることがあるって幸せなことです。例えそれが小さな規模であったとしても、同じ分野に興味を持ち、一緒に活動しながら話に花を咲かせるのは楽しいものです。

 

数年前から本格的に活動が始まった青山高校のサークル活動。今や大所帯になったサイエンス部も初めは小さなサークル活動からスタートしました。今年度からサークル活動は、より身近な学生寮にも場所を移し、趣味嗜好から始まる個性の発掘に注目しています。

 

めきめきと実力を上げてきている将棋、電子レンジと触媒を使った一見怪しい雰囲気が漂うプラズマ実験、天体観測にフラワーアレンジメント、フォトグラフィック。そして茶道等々。

 

今や部活動との掛け持ちをする生徒も多くなってきているサークル活動は、新たな自分の才能に気づく大きなきっかけにもなっているのです。

 

 

 

【大学見学ツアー】卒業後に立つステージに思いを馳せて 2年生38名が名古屋大学と名城大学のキャンパスツアーに参加しました

キャリアデザイン ニュース 学校生活  2019年7月11日 木曜日 22:18
あっという間に過ぎゆく1学期

 

時の流れは早く、令和元年の1学期がまもなく過ぎゆこうとしています。日本全国から青山高校に県外留学をし、勉強に部活・サークル活動に、そして学校行事と忙しい毎日を送る青山校生です。

 

7月11日(水)、愛知県名古屋市にある名古屋大学と名城大学に、青山高校の2年生38名がキャンパスツアーに参加しました。自分の目でキャンパスの雰囲気を知ることはとても大切なことです。

 

入学したときに思い描いた夢や将来への思いは、日々の生活でより一層強くなることもあれば、全く違うものに変化することもあります。高校生活は人生の通過点。卒業後に自分自身が立っているステージを思い描きながら、思い思いにキャンパスを巡ります。大きな刺激を受けて、真剣に説明を聞く姿が印象的なキャンパスツアーになりました。

 

 

 

関連リンク

名古屋大学

http://www.nagoya-u.ac.jp/

名城大学

https://www.meijo-u.ac.jp/

 

1 / 11123...最後 »
2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930