ニュース

サークル活動の記事一覧

ミュージックライブカフェinスターバックス久居インターガーデン企画・運営

クラブ活動 サークル活動 学校生活  2017年2月16日 木曜日 20:09

12日、本校の生徒会、吹奏楽部がスターバックス久居インターガーデン店さんに協力いただき、ミュージックライブカフェを企画・運営しました。

 

今回、生徒たちは、スタッフとしてポスター制作や広報活動、会場準備、運営などを行いました。当日は、アーティストの方に、生歌を披露していただくなどし、大いに盛り上がりました。また、トラブルもなくスムーズに進行することができました。

 

参加した生徒は、「あまりジャズに興味がなかったのですが、今回いろんなジャズの曲を聞き、私もジャズの歌を歌ってみたい、もっと今まで私がしたことないジャンルで音楽に関わっていきたいととても興味が出ました! 」と語ってくれました。また、音楽の楽しさだけでなく、運営することで、協力する大切さや、下準備の重要さなど様々なことを学びました。

 

この企画は、今後も引き続き行い、運営だけでなく、歌や吹奏楽を演奏する側として生徒が参加していく予定です。

 

 


第2回寮対抗ビブリオバトル

クラブ活動 サークル活動 学校生活  2017年2月14日 火曜日 20:47

「第2回寮対抗ビブリオバトル」が12日の午後、本校視聴覚室で開かれました。各寮から選ばれた5人のバトラー(発表者)が自分の一番好きな本やオススメの本を持ち寄り、5分間で紹介しました。

 

みんな初心者で、「初めてのビブリオバトル」に緊張を隠せない様子でしたが、開始のタイマーが鳴ると、身振り手振りで本の魅力を熱く語りました。
チャンプ本には暁星寮の久保田君(2年)が紹介した『恋する昆虫図鑑―ムシとヒトの恋愛戦略―』(文藝春秋)が選ばれました。

 


     

【経営委員会】ヤマト運輸高校生経営セミナー西日本地区予選

キャリア教育 サークル活動 学校生活  2017年1月31日 火曜日 12:20

敬天寮経営委員会は、1月28日に行われたヤマト運輸高校生経営セミナー西日本地区予選に参加しました。そして、予選を通過し、みごと全国大会への出場を決めました。

 

今年度の課題は「ヤマト運輸の3年目の社員という設定で、フルデジタル化というテーマの下、ヤマト運輸のお客様の利便性向上のための新しい企画・提案」というものでした。今年度初めにエントリーし、8月に課題が発表され、準備を進めてきました。企画の内容を考え、調べ、ヤマト運輸の支店・ベースを見学させていただき、担当の社員の方ともミーティングを重ねました。またプレゼンも生徒たち自身で行いました。

 

今回提案した内容は、荷物の仕分け効率化を図るため、敬天寮ロボットサークルで試作した色覚センサーの付いた装置を使うというものでした。西日本各地から参加した他校とは全く違う切り口の提案で、高い評価をいただきました。

2月25日に行われる全国大会でも、力を発揮できるように準備を進めていきます。

 

4

3

2

【サークル紹介】英会話サークル

サークル活動 学校生活  2017年1月28日 土曜日 15:40

英会話サークルは、今年度設置された比較的新しい寮内サークルです。各寮で英語を学ぶことに意欲的な生徒を募り活動しています。指導するのは、本校の外国人教師や、英語の堪能な生徒で、日常で使える、実践的な英会話学習をしています。

 

現在の目標は、海外研修の際に、ホストファミリーと積極的なコミュニケーションをとれるスキルを身に付けること、ダンス部など海外の大会に参加するクラブの生徒が、現地で会話ができるようになることとしています。

 

また、今後国際化社会はより広がると思われ、その中で英語が話せることが非常に重要となります。その為のステップとして英会話サークルでスキルを磨いています。

 

DSC_0638

00060009

※写真は、会話カードを用いて、コミュニケーションをとっている場面です。

 

青山高校ディベート交流会2016

クラブ活動 サークル活動 学校生活  2017年1月24日 火曜日 18:16

22日、ディベートトレーナーとして著名な長谷部浩一先生をお迎えして「青山高校ディベート交流会2016」が行われました。校内のディベート人口の拡大とディベート文化の確立を目的としてディベート部が始めたもので、今年で3年目を迎えました。

 

午前中はディベート入門講座、コミュニケーションゲームから始め、ディベートの基本を教わりました。その後、論題「日本は成人年齢を18歳に引き下げるべきである。是か非か」が発表されたの後、昼食・準備時間を挟み、午後は各寮から選出されたメンバーをランダムに再編して、ディベートマッチが3回行われました。

 

参加者全員が初心者でしたが、長谷部先生や3年生の船橋君の指導を受け、緊張の中にも終始和やかな雰囲気で初めてのディベートを楽しみました。 

 

最後に舟橋君がディベートへの熱い思いを語り、「僕が君たちに伝えられるもの、残せるものは物や言葉ではなく、このような場を設けての〈ディベート体験〉だけです。今日は参加してくれてどうもありがとう」と後輩への感謝を述べると、思わず涙する生徒の姿も見られました。

 

お忙しい中、終日ご指導下さった長谷部先生に心から感謝申し上げます。

 

   
      

 

【ディベート部】全国高等学校ビブリオバトル2016決勝大会出場

クラブ活動 サークル活動 学校生活  2017年1月12日 木曜日 18:04

8日、東京都千代田区のよみうり大手町ホールで開催された「全国高等学校ビブリオバトル2016決勝大会」に本校ディベート部の舟橋君が出場しました。舟橋君は9月の東海大会で見事優勝し、決勝大会39名の出場者の1人に選ばれました。

舟橋君は、東海大会に続いて『世界を信じるためのメソッド―ぼくらの時代のメディア・リテラシー』(理論社2006)を紹介し、「情報が溢れ、混迷を極める現代社会において、メディアリテラシーの意味を丁寧に説明している本書は必読」と熱く訴えました。

惜しくも決勝進出は逃しましたが、その圧倒的なインプロ力は会場を大いに湧かせました。

 

帰校後、舟橋君は「東海地区代表として精一杯頑張りました。決勝進出は叶いませんでしたが、1年生からディベートとビブリオバトルをやってきて、夏のディベート甲子園に続き、ビブリオバトルでも全国大会に出場出来たことは大きな自信になりました。この経験を活かして、大学でも頑張りたいと思います」と語ってくれました。

1

2

クリスマス会2016

クラブ活動 サークル活動 学校行事  2016年12月22日 木曜日 15:08

21日、全校生徒でクリスマス会を実施しました。午前中に準備を行い、午後からステージ発表、その後に夕食会の流れで開催となりました。

 

様々なクラブやサークル、グループがステージ発表を披露し大いに盛り上がりました。また、先日、様子をお伝えしたハーモニーコンテストの本選も行なわれ、各団体とも美しいハーモニーで、クリスマス会に華を添えました。

その後の夕食会では、美味しいディナーをいただきつつ、最後は全校生徒で「きよしこの夜」を歌い、幕を閉じました。

生徒たちは、色々な発表や、美味しい食事に笑顔を見せ、みな楽しく過ごすことができました。

%ef%bc%93

6

11

9

ライントレースロボットコンテスト

クラブ活動 サークル活動 その他  2016年12月20日 火曜日 20:16

18日、寮対抗ライントレースロボットコンテストが開催されました。各寮がレゴマインドストームを使い、ロボットの組立・プログラミングの技術を競いました。

 

 生徒たちはコースに引かれたラインに沿って走行するなど様々な課題をいかに早く、正確に達成できるか試行錯誤していました。

 

このコンテストは、今回、初めて行われましたが、各寮とも工夫をこらしたロボットを作成し、非常にレベルの高いものとなりました。今後も継続して開催し、技術や知識を向上させていきます。

 

2

1

3

第17回高校生英語スピーチコンテスト 優勝

クラブ活動 サークル活動  2016年10月25日 火曜日 20:37

22日に行われた「第19回鈴鹿大学高校生英語スピーチコンテスト」、23日に行われた皇学館大学主催「第17回高校生英語スピーチコンテスト」に本校、国際交流部を中心に本校の生徒が参加しました。

 

鈴鹿大学では「Pottery and me」、皇学館大学では「Christmas Surprise」というタイトルでそれぞれスピーチを行いました。

大勢の聴衆を前に、堂々としたスピーチをみせ、結果は、どちらも見事優勝を果たしました。

 

 

2

???????????????????????????????

 

■皇学館大学 第17回高校生英語スピーチコンテスト紹介サイト

http://www.kogakkan-u.ac.jp/html/campuslife/p07detail.php?mdid=3745

【ミュージックアカデミーサークル】ベルリンフィル室内楽演奏会

サークル活動  2016年5月24日 火曜日 22:06

22日にミュージックアカデミーサークルの生徒がベルリンフィルの室内楽演奏会を鑑賞しました。サークルでは演奏者として技術を磨いている生徒たちも、この日は観客として鑑賞を楽しみました。一流の演奏者を目の当たりにした生徒たちは、演奏技術に魅了されつつ、自分たちのこれからの演奏に活かしていこうと心に誓って帰路につきました。

   

  

※今回の公演の出演者

アンドレアス・ブラウ(Fl.) 

アンドレアス・ブーシャッツ(Vn.1) 

クリストフ・ストロイリ(Vn.2) 

ウルリッヒ・クノルツァー(Va.) 

ダヴィッド・リニカー(Vc.) 

ヤンネ・サクサラ(Cb.) 

ギヨーム・ジェール(Tp.) 

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930