ニュース

ニュースの記事一覧

みえ看護フェスタ2018 感じたい看護の力・看護の魅力

医療・看護系の進路を考える

 

先日、医療系の進路を目指している有志生徒がみえ看護フェスタ2018に参加しました。看護フェスタは日本各地で開催されていて、実技体験を通して看護分野への興味関心を深めることを目的としています。看護大学や看護学校への進路相談のブースも設けられています。

 

 

 

体験に勝るものはない

 

ドイツの理論物理学者のアインシュタインは次の言葉を残しています。

 

「何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない」

 

体験ブースでは、AED救命措置、救急看護、老人体験、妊婦体験、沐浴体験等が設けられています。初めての体験に緊張気味の生徒たち。慣れない動作で体験に参加します。でも徐々に体で覚え、気持ちの余裕と笑顔が出てきました。

 

 

 

たくさんの経験を通じて

 

青山高校では、3年後の将来を見据えた進路指導を行っています。学習はもちろん大切ですが、生徒の見聞を深めるために多くの体験を積んでほしいと考えています。

 

今回は医療・看護分野の進路を思い描く生徒たちが、自分たちの体験を通じて多くのことを学びました。参加生徒の皆さん、お疲れ様でした!

 

 

 

 

NASAサイエンス特別講習 宇宙飛行士からの熱いメッセージ

その他  2018年5月16日 水曜日 19:24
サイエンス特別講演とは

 

5月15日、青山高校にてNASA元宇宙飛行士ジョン・マクブライド氏による特別講演が開催されました。2月には本校の有志生徒がケネディ・スペースセンターを訪問し、最先端の宇宙科学に触れたのは記憶に新しいところです。

 

今回、再びこのような貴重な機会に恵まれ、全校生徒と教員一同が特別講習に参加しました。この特別講演では、宇宙飛行士の体験談を通して、生徒一人ひとりが自分の将来を考え、また通訳者の働きぶりを間近に見ることで、英語学習の士気向上を図ることを目的としています。

 

 

ジョン・マクブライド氏の軌跡

 

ジョン・マクブライド氏は、1978年にNASAより宇宙飛行士候補に任命され、後に正式な宇宙飛行士になられました。1984年には数多くの宇宙飛行を経験され、現在はNASA宇宙飛行士会会長を務めておられます。

 

現在は、ケネディー・スペースセンターのAstronaut Encounter(宇宙飛行士の集い)メンバーとして、日本全国でNASAの活動や宇宙体験についてのプレゼンテーションを行っておられます。青山高校は、ジョン・マクブライド氏を通じて数年前からケネディー・スペースセンターを訪問し、多くの生徒が見聞を深めています。

 

 

宇宙体験に耳を傾ける

 

特別講演では、マクブライド氏の貴重なお話を聞くことができました。スペースシャトル打ち上げの映像や、日々の訓練の写真を交えながら、宇宙飛行士として活躍されることになった経緯や、NASAの宇宙開発プログラムについてなど、実体験に基づいた内容の講演でした。

 

生徒たちはリアルな体験談に興味津々。質疑応答では英語での質問を交え、多くの生徒が様々な質問をさせていただきました。一つひとつの質問に丁寧に回答される姿が印象的でした。

 

 

夢は必ず叶う

 

マクブライド氏は講演の中で繰り返し「BENKYO(勉強)」と「STUDY」という言葉を使い、高校生のこの時期に多くのことに興味を持ち、学習と探求をすることの大切さを力説されました。宇宙飛行士としての経験に基づいた力強い言葉に、生徒だけではなく教員も自然と惹きつけられていきます。

 

「今この瞬間がとても大切です。将来何をしたいのかを今真剣に考えなければいけない。目標を決めて日々努力すれば必ず夢は叶います。例えば、みなさんが私のように宇宙飛行士になってくれたらとても嬉しいです」という言葉が胸に響きました。

 

講演後には生徒一人ひとりが自分の気持ちを振り返りました。

貴重な講演をありがとうございました!

 

 

進路探究授業 3年後に君が立っている場所

キャリア教育 ニュース 入試情報 学校生活  2018年5月14日 月曜日 07:29
3年後の未来は

 

1年生が入学し、早1か月が経ちました。クラブ活動やサークル活動も決まり、青山高校の特徴である多彩な活動場所で、生徒一人ひとりが個性を出してがんばっています。

 

また、2、3年生はブラザーとして1年生の生活をサポートしてくれています。3年間の高校生活はあっという間に過ぎて行きます。3年後の未来、生徒の皆さんはどこに立っているでしょうか。

 

 

進路探究授業

 

進路探究の授業は、全学年を対象にほぼ毎週実施しています。自分のやりたいことは何か、自分を生かせる分野は何かを考え、早い時期から次の進路に向けて動き出せるような意識付けを行っています。

 

特に今年入学した1年生が大学受験を迎えるタイミング(2020年)から、大学入試制度が大きく変わります。大学受験を考えるためには、目標をしっかり持って、自分の活動を記録し、日々の高校生活に取り組まなくてはいけません。先日ご紹介した「ふり返り力向上手帳フォーサイト」も活用し、Plan・Do・Seeのサイクルで自分の将来像を描きます。

 

 

大切なのは学習と多彩な活動の両輪駆動

 

個性はクラブ・サークルの多彩な活動で伸ばしていきます。思いきり多彩な活動に打ち込めば、自信を持ち将来なりたい自分を見つけ出すことができます。それに加えて、さらに専門分野で自分を磨くためには、自ずと大学進学の道が見えてくるでしょう。多彩な活動と学習の両輪駆動で、自分がなりたい将来の姿を実現しましょう。

 

 

 

「フォーサイト」ふり返り力向上手帳で目標管理

アート キャリアデザイン ニュース 学校生活  2018年5月11日 金曜日 07:08

中高生が使うビジネス手帳「フォーサイト」

 
ビジネス手帳を活用されている保護者の方々はたくさんいらっしゃると思います。それでは、全国で40万人以上の中高生が使っているビジネス手帳があることをご存知でしょうか。それが「ふり返り力向上手帳フォーサイト」です。

青山高校ではフォーサイト手帳を導入し、生徒各自が自己管理の習慣を身につけています。時間管理や目標管理はもちろんのこと、過去の自分を客観的に見つめ、成功も失敗も必要な体験だと前向きに捉え、それを活かして成長する方法を自ら考えられる「ふり返り力」が身に付きます。

 



 

Plan・Do・Seeサイクル

 
Plan は「目標設定」、 Do は「実行」です。でもどれだけ綿密に計画を立てて実行したとしても、失敗は付き物です。発明王エジソンが残した言葉、「失敗は成功の母」が意味するように、失敗から多くを学んで次に生かしていかなければいけません。そのためにSee、「ふり返り」が大切になります。ふり返りの力が鍛えられると、うまくいかなかったときには、どうすればよかっただろうと冷静に考えることができるので、次の目標を立てて、成功へ導くことができます。

失敗は改善へのチャンスと考えられるようになるので、すぐに心が折れてしまうことがありません。うまくいったときには、何が良かったのかが自分で分かっているので、さらに高みを目指した活動ができるようになります。うまくいったことをも客観的に見ることができるので、自分の自信に繋げることができます。フォーサイト手帳はこのような力を身に付ける習慣付けになります。

 

 

フォーサイト手帳を使ってみて~生徒の声~

 
在校生の声をご紹介します。

「自分の一週間の時間の使い方が一目で分かるようになりました。前は目の前の課題をこなすことだけで精一杯でしたが、やるべきことの優先順位を決めて、次にやることを理解できるようになりました。すき間の時間を見つけて有効活用することもできるようになりました。」

 

「自分で自分を褒める欄がありますが、初めは恥ずかしかったです。でも自分の良い所を見つけてきちんと書く様にしている内に自分の良い所と悪い所が見えてくるようになりました。自分で自分を勇気づけることでモチベーションをアップさせています。」

 

「手帳なんてつけたことがなかったので、最初は面倒に感じましたが、ブラザーや先生が一緒になって盛り上げてくれて、手帳をつけることが楽しくなりました。カラーペンを使ったり、イラストを入れてみたり色々と工夫をして使っています。手帳をつけるようになって、決めたことを最後までやり切れるようになりました。先生のコメントも嬉しいです。」

 

(フラワーアレンジメントサークルの生徒が作ってくれた5月の花です)

関連リンク

フォーサイト公式HP

foresight-planner.jp/

 

出口汪先生による「論理エンジン」講習を開催 国語のヒケツは論理トレーニングだ!

アカデミック ニュース 学校生活 教員研修  2018年5月8日 火曜日 08:18
論理エンジンとは

 
「論理エンジン」は、出口汪先生が長い受験指導の中から考え続けてきた「正しい読解力の仕方」を体系的にまとめたものです。様々な言葉には必ず意味があること。その言葉を規則に従って使うこと。一つの文にも必ず規則があること。そうしたことを理解し訓練をしながら、筋道を立てて理解したり、説明したりすることができるようになっていきます。

そうした論理的に思考する「論理力」を鍛えるのが論理エンジンです。論理力は車の「エンジン」にあたる大事なものです。どんな車もエンジンがなければ走らないように、どの教科の学習も論理力がなければ正しく理解することはできません。論理エンジンは、国語だけでなく、他のすべての教科の理解を助けます。青山高校では、論理エンジンを使った学習指導を導入し成果が出始めています。

 



 

出口汪先生による講演

 
「論理エンジン」を開発された出口汪先生をご紹介させていただきます。出口先生は徹底した論理的解法により、受験生の頭脳に革命を起こした現代文指導の第一人者です。博士課程修了後、大手有名予備校で大活躍され、現在は「論理エンジン」の講演の他、ラジオやテレビなど日本全国で幅広く活動されています。今回は、教員向けの研修として本校にお越しいただきました。

 
講演では、AIの発達で人間が人間としての強みをどう活かしていくのかを論理的に考える必要があることと、新しい時代を生きる新しい子供たちに向けて、教員も新しい考え方と共に一緒に変わらなければいけないことを説かれました。生きるための武器となる言葉の使い方と話す力についての話に、教員一同が熱心に耳を傾けました。

 



 

座談会にて

 
講演終了後、出口先生を交えて座談会を行っていただきました。生徒たちはかなり緊張の面持ちでしたが、普段聞くことができないチャンスに恵まれて、意欲的に先生の話に聞き入っていました。「論理的にうまく話せるようになるには」など、質疑応答の時間で積極的に質問をさせていただきました。

 

出口先生、本日は貴重な講演をありがとうございました!

 

関連リンク

論理エンジン公式サイト

www.ronri.jp/

出口汪先生オフィシャルwebサイト

deguchi-hiroshi.com/

 

 

ルーキーステージ2018開催 THANKSの気持ちを伝えよう!

主役は1年生

 

本日29日、青山高等学校 春の行事「ルーキーステージ2018」を開催しました。ルーキーという言葉が表すように、今回の行事は1年生が主役です。1年生が入学して、早くも3週間が過ぎようとしています。また今日からゴールデンウイークで生徒一同が故郷に帰省します。晴天に恵まれ、保護者の方々に見守られる中、盛大な拍手と共にルーキーステージが始まりました。

 

スピーチコンテスト決勝戦

 

作文審査・朗読審査を通過した1年生の3名が、壇上でスピーチコンテストを行いました。たくさんの人たちの前でスピーチするのは初めてです。3名共自分の言葉でしっかりと思いを伝えることができました。気持ちのこもった熱いメッセージは来場の方々の胸に響いています。

 

寮対抗合唱コンテスト

3つの寮が合唱で競い合います。ここまで一生懸命に練習を重ねてきました。2、3年生の力強い声に、1年生のフレッシュな声が重なり、体育館にハーモニーが響き渡ります。甲乙つけ難い内容でしたが、今回は女子寮「清純寮」が優勝しました。おめでとうございます!

ミュージックアカデミーサークル

映画「Sound of music」より「My Favorite Things」

ダンス部

テーマは「New Style」

和太鼓部

曲目「紫雨(むらさめ)」と「騎馬(きば)」を披露

サイエンス部

アプリプログラミング部門、ロボット部門の活動を紹介

吹奏楽部

ディズニー「リトルマーメイド」より「Under the sea」

全校合唱「ありがとう」

自分を支えてくれている保護者の方々、先生、友達、そしてサポートしてくれている上級生のブラザー全てに感謝の気持ちを伝えます。

表彰式

1年生みんなが主人公です。その中でも特に頑張った1年生に表彰状が送られます。表彰式では多くの生徒が表彰されました。表彰の項目は多岐に渡っています。感謝の言葉が書かれたサンキューカードを多く貰った生徒に送られるエモーションタイ。1か月で1000ページの読書をした生徒に送られる読書運動表彰。日々のデイリーテストを平均以上取り続けた生徒に送られる「漢字・英語・計算力」優秀賞。挨拶と身だしなみが素晴らしかった生徒に送られるマナー優秀賞。そして7つの習慣に基づいたインサイドアウトを実践できた生徒に送られるリーダーインミー優秀賞です。今回の受賞を励みにより一層の活動を期待してます。

 

入学して1か月ほどしか経たない1年生たちが、立派にそれぞれのステージに溶け込み、存在感を放っていました。保護者の皆様も成長した我が子の姿に目を細めておられました。

 

多くの保護者の皆様にご来場いただき、成功裏にルーキーステージを終えることができましたことを心より御礼申し上げます。

新入生が主役のルーキーステージに向けて スピーチコンテスト予選&全校合唱練習

実行委員会始動!

4月29日に今年度最初の行事、「ルーキーステージ」が開催されます。ルーキーステージは、1年生が主役の行事です。毎年、ゴールデンウイークの帰省の日に開催しています。青山高校では、行事の企画運営を全て生徒自身で行います。早速、実行委員会が組まれて色んなアイデアが飛び交いました。

テーマは「THANKS(サンクス)」

今年のルーキーステージのテーマは「THANKS(サンクス)」です。一文字毎に意味が込められています。

TはTogether、HはHappy、AはActive、NはNew、KはKick off、SはShiny。

「みんな一緒に、キラキラと幸せな学校生活で、新しいことを活発に始めよう!」

満場一致で拍手が響きました。あとは全校生徒でテーマを表現するのみ!

合唱練習をかさねて

大食堂に全校生徒一同が集まり、ルーキーステージで披露する全校合唱の練習を行っています。今回の合唱の曲目は、いきものがかりの「ありがとう」です。「ありがとう」は、分かっていてもなかなか言葉に出せないもの。自分を支えてくれる家族や先生、友達やいつもサポートしてくれる上級生のブラザーに「ありがとう」の感謝の気持ちを伝えるために、歌詞の一つひとつに思いを込めて歌います。

スピーチコンテスト予選

1年生が主役のルーキーステージでは、スピーチコンテストが開催されます。たくさんの人の前で話す機会はなかなかありません。一人ひとりが自分の気持ちを込めて原稿を書き、自分の声でメッセージを伝えます。一生懸命にスピーチをする姿に思わずもらい泣きする人も。雄弁に語るだけがスピーチじゃない。一生懸命に取り組めば、必ず気持ちが伝わります。ルーキーステージ本番ではどんなスピーチが聞けるでしょうか。楽しみに待ちたいと思います。

 

【サッカー部・バスケットボール部】7つの習慣 自分を高めるためにミッションステートメントを持つ

クラブ活動 スポーツ  2018年4月25日 水曜日 09:26
ミッションステートメントを持つ

 

青山高校では、「7つの習慣」の教えに基づいた「リーダー・イン・ミー」を実践しています。その中で活動の全てに「ミッションステートメント」を持つことを学んでいます。ミッションステートメントとは行動指針です。新入生の部活動、サークル活動の加入が始まり、青山高校の多彩な活動が一層活発になってきました。青山高校では、勝敗という結果だけではなく、一人ひとりが自分の活動を顧みて、ミッションステートメントが達成できているかを考えます。今回は、サッカー部とバスケットボール部の総体予選の様子と、それぞれの「ミッションステートメント」について紹介をさせていただきます。

 

サッカー部

 

サッカー部のミッションステートメントは「何事にも真面目に、一生懸命、全力で取り組む」です。サッカー経験者はもちろん、初心者や未経験者の加入も積極的にすすめています。

バスケットボール部

 

バスケットボール部のミッションステートメントは「自分自身と自分の周りの人を信頼する」です。全ては挨拶と礼儀から始まります。初志貫徹する強さを身に付けさせています。サッカー部と同じく、初心者や未経験者にも門戸を開いています。

試合が終わって

 

残念ながら、サッカー部・バスケットボール部共に総体予選に敗退しました。はたして、この試合を通じて各々のミッションステートメントは達成できたでしょうか。新入生の加入が始まり、上級生は手本としてミッションステートメントを達成する姿を見せていかなくてはいけません。今後の活動に期待しています。

 

 

【歴史研究サークル・ボランティア活動】地域に笑顔と感動を 第53回高虎楽座に参加しました

アカデミック グローバル ニュース 学校生活  2018年4月23日 月曜日 07:59

いざ高虎楽座へ!

21日早朝、普段より早い起床でマイクロバスに乗り込む生徒の姿がありました。引率の先生もお疲れ様です。晴天に恵まれ、一行が向かうのは三重県津市で開催されるお祭り「高虎楽座」です。今回で53回目を迎える高虎楽座。戦国時代の三大築城名人であり、知勇兼備の将として知られる武将、藤堂高虎を称えたお祭りです。高虎太鼓などの郷土芸能にも力を入れています。青山高校からは毎年、歴史研究サークルと有志ボランティアの生徒が積極的に参加をしています。普段は学生寮で生活する生徒たちですが、積極的に外に出て活動する機会にも恵まれています。

戦国時代の甲冑を身にまとい

晴天に恵まれ、会場は早くから大盛況。ステージでは高虎時代行列、子ども唐人踊りや高虎太鼓など伝統芸能の他、さまざまなパフォーマンスが披露されました。青山高校屈指の歴史好きが集う歴史研究サークルのみんなも甲冑姿に変身し、高虎時代行列に加わります。参加された方々から温かいエールをいただきました。ほら貝の雄々しい音色と共にいざ参らん!

縁の下の力持ち

たくさんの人たちが会場に訪れるということは、それだけ多くのゴミや廃棄物が生まれるということです。街の美しい景観を守る為に、有志ボランティアの生徒たちが率先して清掃活動を行っています。地域の活動は、こうした有志ボランティア活動によって支えられています。まさに縁の下の力持ち。皆さん本当にありがとうございました。

多くの人と触れ合い、見聞を広める

高虎楽座は大盛況のうちに幕を閉じました。学校から外に出て多くの人たちと出会うことは本当に貴重な体験です。今回の活動を通じて、生徒一人ひとりの胸に去来するものは何でしょうか。校内のサークル活動や校外の地域振興活動で見聞を広めていきましょう。

【キャリアデザイン】15名の生徒が資格認定者に アソシエイト・ホスピタリティ・コーディネーターになりました

賞状に華を添えて

2月に引き続いて、今回は15名(3年生が9名、2年生が6名)の生徒がアソシエイト・ホスピタリティ・コーディネーター資格の認定を受けました。青山高校は、日本ホスピタリティ推進協会のホームページにて、4月からコーディネーター資格が取れる場所として掲載していただきました。

 

今回のお花はフラワーアレンジメントサークルの生徒が「4月」をイメージして作ってくれました。自然豊かな学校敷地内の花木のみを使っています。授与式が一層華やかになりました。

 

寮生活で育まれたもの

毎日の寮生活が育んだ「人と人のコミュニケーション」が資格認定に活かされています。お互いを尊重しあう気持ちを大切に、感謝と敬意を相手に伝える力を育てています

授与式では15名の一人ひとりに資格認定の賞状とバッジが手渡されました。

 

みんないい顔してます!おめでとう!

 

関連リンク

日本ホスピタリティ推進協会

http://hospitality-jhma.org/

 

 

 

1 / 41123...30...最後 »
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031