ニュース

ニュースの記事一覧

【大学見学ツアー】卒業後に立つステージに思いを馳せて 2年生38名が名古屋大学と名城大学のキャンパスツアーに参加しました

キャリアデザイン ニュース 学校生活  2019年7月11日 木曜日 22:18
あっという間に過ぎゆく1学期

 

時の流れは早く、令和元年の1学期がまもなく過ぎゆこうとしています。日本全国から青山高校に県外留学をし、勉強に部活・サークル活動に、そして学校行事と忙しい毎日を送る青山校生です。

 

7月11日(水)、愛知県名古屋市にある名古屋大学と名城大学に、青山高校の2年生38名がキャンパスツアーに参加しました。自分の目でキャンパスの雰囲気を知ることはとても大切なことです。

 

入学したときに思い描いた夢や将来への思いは、日々の生活でより一層強くなることもあれば、全く違うものに変化することもあります。高校生活は人生の通過点。卒業後に自分自身が立っているステージを思い描きながら、思い思いにキャンパスを巡ります。大きな刺激を受けて、真剣に説明を聞く姿が印象的なキャンパスツアーになりました。

 

 

 

関連リンク

名古屋大学

http://www.nagoya-u.ac.jp/

名城大学

https://www.meijo-u.ac.jp/

 

【薬物乱用防止教室】社会環境の変化と共に 薬物乱用の危険性に警鐘を鳴らす 生徒一人ひとりがしっかりとした認識を持つために

ニュース 学校生活  2019年7月10日 水曜日 22:20
忍び寄る薬物乱用の危険性を知る

 

「自分には関係ない」そういった思い込みが大きな落とし穴となり、犯罪や事故は自身の身に降りかかります。青少年の薬物乱用に関するニュースを見聞きすることが多くなっている昨今、それは他人事ではなくいつの間にか背後に忍び寄る可能性を持っているのです。

 

文部科学省が奨励する薬物乱用防止教室は、平成10年から日本全国で開催をされています。青山高校は寮生活であり、より一層自分自身の生活管理が求められます。しっかりとした知識を備えることは、自分自身を守ることでもあるのです。

 

専門家の講師の方に来校いただき、大食堂で全校生徒に向けた講習が開催されました。実例を挙げながら薬物乱用の怖さを知る機会に、いつもより身が引き締まるような面持ちの生徒たち。自分自身の生活管理の大切さについて考えさせられる時間になりました。

 

 

 

 

関連リンク

文部科学省 薬物乱用防止教育

http://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/hoken/1353626.htm

 

日本学校保健会 薬物乱用防止教育

http://www.hokenkai.or.jp/3/3-1/3-1.html

 

【和太鼓部】七夕に太鼓の鼓動で笑顔と元気を伝えよう! 今年も高齢者介護施設をお伺いしました

人生の大先輩に元気を届けよう

 

年を重ねるごとに、校外に出て演奏する活動が増えている青山高校和太鼓部。着実に部員も増え、1年生が演奏に加わり力強い鼓動も迫力を増しています。

 

和太鼓の大会に出場するだけではなく、地域の催し物やボランティア活動にも力を入れています。例年、高齢者介護施設を訪問し、より一層元気と笑顔になっていただくことを願って和太鼓を演奏しています。

 

力強い和太鼓の鼓動は、その演奏を目の前にするとより一層迫力が伝わり、まるで胸の奥に直接音が飛び込んでくるようです。人生の大先輩の方々の笑顔と喜んでいただける姿を見て、より一層演奏に熱が入る和太鼓部員でした。

 

 

【生徒会】令和元年の七夕に願いを込めて 生徒それぞれの願いを短冊に綴り 笹飾りを行いました

その他  2019年7月6日 土曜日 22:00
笹のように真っすぐと

 

日本人はおそらく誰しもが七夕の笹飾りを経験します。願いを短冊にしたためて、今年も生徒会が中心になり、青山高校生のそれぞれの思いを笹に飾ります。笹は真っすぐに伸びるという性質があることから、天界にいる神様やご先祖様に願い事が届きやすいと信じられています。

 

青山高校生はどんな願いを短冊に綴ったのでしょうか。希望する大学進学への祈願や自分の欲しいもの、友達同士の関係がいつまでも続くことを祈ったり、地元を離れて寮生活を過ごすことで実感している保護者への感謝の気持ちを書き綴る生徒もたくさんいます。

 

明日は七夕。短冊に込めた思いが天に届くことを祈りたいと思います。

 

 

【サークル活動】趣味嗜好を生かして個性を輝かせよう 女子寮でのサークル活動をご紹介します

十人十色の個性と輝き

 

スポーツに文化系、青山高校には多くの部活動があります。広大な敷地と通学時間がない寮生活ならではのゆとりある時間で部活動に打ち込めるのが特徴です。

 

そして、もっと自由にもっと趣味嗜好を生かした活動としてサークル活動に取り組んでいます。部活動よりも少ない人数で構成されることが多いサークル活動ですが、同じ趣味嗜好の生徒が集まり、和気あいあいと楽しむ姿が見られます。

 

今回は女子寮をメインとして活動しているサークルの様子をご紹介します。英会話に茶道、デザインアートにフラワーアレンジメント、そしてクッキングやお菓子作り等々、定期的に生徒が集まり楽しい時間を過ごしています。部活動とサークル活動を掛け持ちする生徒も多く、積極的に校外にも活動の場を広げています。

 

十人十色の個性があります。サークル活動を通じて友達の輪(サークル)が広がり、一人ひとりの個性が輝いています。

 

 

 

【ボランティア活動】ありがとうの一言で生まれる笑顔 地域の方々との触れ合いを通じて より自発的にそして主体的に! 

ニュース ボランティア活動  2019年7月1日 月曜日 12:00
地域の方との触れ合いを大切に

 

日々、寮生活を送っている青山校生。校内で過ごす時間だけではなく、校外に出て活動する時間が多いのも大きな特徴といえるでしょう。スポーツ・文化部以外に、ボランティア活動にも力を入れています。積極的にボランティアに参加する活動が実を結び、今では地域のイベントに呼ばれることも少なくありません。

 

6月下旬、津市のメッセウイングみえにて開催された「晴レルヤフェスタ」でのボランティア活動もそのひとつです。青山高校の放送部、和太鼓部、フラワーアレンジメントサークルが参加し、多くの来場者が楽しいひとときを過ごせるように尽力しました。

 

ボランティア活動では、多くの人に出会い、自分もこうありたいという目的や気づきが得られます。より自発的に、そして主体的に。青山高校でボランティア活動に参加をする有志生徒は年々増えています。

 

 

 

 

 

【サイエンス部】夏の熱闘! eスポーツの甲子園 STAGE:0中部ブロック代表決定戦に出場しました

クラブ活動 サイエンス スポーツ ニュース  2019年6月24日 月曜日 08:30
eスポーツ甲子園の大舞台

 

昨年から本格的に始動している青山高校eスポーツ。敗戦の悔しさをバネにチーム一丸となって練習に励んでいます。今回は6月22日(土)に愛知県名古屋市公会堂にて開催されたSTAGE:0中部ブロック代表決定戦に出場しました。

 

eスポーツの規模は年を追うごとに大きくなり、日本国内においてもプレイヤー人口が増加し、その認知度は高まっています。多くの企業協賛と教育委員会の後援を得て、日本全国でeスポーツの甲子園であるSTAGE:0が開催されています。

 

大舞台に出場した青山高校チームのメンバーは5名。3年生が3名と1、2年生がそれぞれ1名という構成で、それぞれが自分自身の役割を持ち、チームワークを生かした戦術で接戦を繰り広げました。寮生活で培われたチームワークは〝絆〟と呼ぶにふさわしい結束力です。

 

健闘むなしく決勝に駒を進めることは叶いませんでしたが、多くの経験を積み確実に成長していることが窺える戦いでした。次なる戦いではどのような躍進が見られるでしょうか。楽しみにしています!

 

 

 

関連リンク

e-sports STAGE:0 公式

https://stage0.jp/

 

【キャリア育成研修】ホスピタリティ&ロジカルシンキング 先進企業のリーダーの方々に学ぶ東京リーダー育成研修に参加しました 

実践で磨かれた先進企業のノウハウに触れる

 

6月15日(土)の青山祭を終え、毎月の帰省の途につく生徒たち。その一方で6月17日(月)から19日(水)の3日間にかけて、東京でホスピタリティとロジカルシンキングのキャリア研修に参加する有志生徒の姿がありました。

 

ホスピタリティはおもてなしの心、ロジカルシンキングは論理的思考と表現することができます。先進企業のリーダーの方々に教わるホスピタリティとロジカルシンキングの手法は、日々の実践と推考で磨かれてきたものであり、非常に貴重な研修となりました。

 

今回の研修にご協力をいただいた企業様は5つ。7つの習慣で有名なフランクリン・コヴィー・ジャパン様、探求型学習サービスを提供されているa.school様、顧客目線に徹底的にこだわられているMS&Consultihg様、国内外に広く飲食展開をされているWonder Table様、そして論理エンジンで名高い水王舎様での貴重な機会をいただきました。

 

3日間の研修は、心地よい疲れと新しい考えに触れたことの興奮と、そしてこれからの生活の中で各人が実践していくビジョンに満ちたものになりました。青山高校を卒業したその先にあるものに目を向けて、日々実践をしていきます。貴重な機会を与えていただいた企業様に感謝いたします。

 

 

 

 

関連リンク

フランクリン・コヴィー・ジャパン

https://www.franklincovey.co.jp/

株式会社 水王舎

http://www.suiohsha.jp/

a.school

http://aschool.co.jp/

MS.Consulting

https://www.msandc.co.jp/

wondertable

http://www.wondertable.com/

 

【青山祭2019】生徒それぞれの成長と希望 色に合わせて花言葉が変化する〝ガーベラ〟をテーマに令和初の青山祭が開催されました 

ガーベラに込めた思い

 

6月15日(土)、令和最初の青山祭が開催されました。今回の青山祭のテーマは〝ガーベラ〟 ガーベラはその花の色によって花言葉が変わります。「前進」をはじめとして、ピンクの花は「感謝」、白い花は「希望」、オレンジの花は「冒険心」等々。青山祭に関わる全校生徒一人ひとりの成長と活躍を表現しています。

 

午前の部は、力強い和太鼓の演奏から幕を開け、男声合唱、有志演劇と短い練習期間を感じさせない頑張りが伝わりました。特に有志演劇の迫真の演技とカーテンコール、そして練習風景を映し出したスタッフロールに心を打たれた方も多いのではないでしょうか。

 

午後の部は場所を大食堂に移し、吹奏楽と軽音楽のそれぞれのセッションとミュージックアカデミーサークルの女声ハーモニー、翌日に大会を控えたダンス部の演目、そして幕を締めくくる全校合唱が行われました。日本全国から生徒が集まっている青山高校の特徴を表すように、各県の保護者会の方々による出店も活気を見せ、多くの方々に青山祭を盛り上げていただきました。

 

全校生徒それぞれが自分自身に課せられた役割を全うし、充実感に満ちた表情が印象的でした。青山祭の後は帰省です。多くの保護者の方々に見守られ、帰省の途につく生徒の姿がそこにありました。皆様お疲れ様でした。

 

【放送部】第66回NHK杯全国高校放送コンテスト(三重県大会)最優秀賞獲得

クラブ活動 ニュース  2019年6月16日 日曜日 19:25

6月16日(日)四日市大学会場で開催された、第66NHK杯全国高校放送コンテスト(三重県大会)で放送部がラジオドキュメント部門で最優秀賞を獲得しました。また、優秀賞も2つ獲得しました。これで放送部は13年連続全国大会出場が決定しました。

全国大会は、7月22日(月)より東京のNHKホールほかで開催されます。

 

<最優秀賞>全国進出

ラジオドキュメント部門

 

<優秀賞>全国進出

テレビドキュメント部門

朗読部門(1名)

 

<奨励賞>

ラジオドラマ部門

テレビドラマ部門

アナウンス部門(2名)

 

 

▪️放送部ツイッター

https://twitter.com/aoyama_bc

1 / 55123...30...最後 »
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のブログ記事