ニュース

ニュースの記事一覧

【2018楓フェスティバル】Canvas×Palette  みんなの個性を絵の具に見立てて 真っ白なキャンバスに思いきり夢を描こう 

青山高校最大の文化祭が始まる

 

11月9日(金)、三重県名張市青少年センターADSホールにて、青山高校最大の文化祭「楓フェスティバル」が開催されました。非常に多くの保護者の方々や、来賓の方々にご参加いただき、ホール全体が熱気に包まれました。

 

青山高校の大きな特徴は1年に3回の文化祭です。特に部活動やサークル活動で生徒一人ひとりの個性を伸ばし、活動や研究の発表の場として力を入れています。また文化祭は生徒自身が中心になって企画運営されています。一人ひとりが自分自身の役割を持ち、それに取り組むことで大きな成長を遂げていきます。

 

今回のフェスティバルのテーマは、「Canvas×Palette」。生徒一人ひとりの個性を多彩な絵の具に見立てて、真っ白なキャンバスに自分の夢を描いていきます。またフェスティバルを引っ張る実行委員は、絵の具を受け止めるパレットとして、縁の下の力持ちとしてフェスティバルを支えます。

 

サイエンス部、放送部を筆頭に、和太鼓・ダンス・吹奏楽・英会話といった部活動や、美術・マンガ・文芸・フォト・フラワーアレンジメント・国際交流・ビブリオバトル等の個性的なサークル活動が脇を固めます。発表や展示の場で活き活きとした表情を見せる生徒の姿がとても印象的でした。

 

今回は、その様子を写真ギャラリーとして掲載いたします。本日から11月の帰省になります。お集まりいただきました保護者の方々や関係者の方々に深く感謝を申し上げます。

 

 

写真ギャラリー

 

 

【和太鼓部・新聞サークル】第39回みえ高文祭に出場しました つなぐ~青春まいこませ!~をテーマに今の力をぶつけます

最近なにかと忙しい和太鼓部

 

秋は祭りの季節とあって、最近の和太鼓部はとても忙しく、外に出て演奏を行う機会が増えています。体調管理も万全に、11月3・4日に三重県総合文化センターで開催された第39回みえ高文祭に参加しました。

 

また今回は新聞サークルも出場しました。新聞サークルは青山高校にある3つの寮で、それぞれの持ち味を活かした寮生活新聞づくりをメインに活動をしています。

 

和太鼓は郷土芸能部門、新聞は新聞部門にて表彰が行われます。そして、和太鼓に負けじと頑張った新聞サークルが奨励賞で表彰されました。おめでとうございます!

 

和太鼓部は、来週の10日~12日にかけて、徳島県のあわぎんホールで開催される近畿高等学校総合文化祭に出場します。魂を込めて打つ太鼓の音は周りの方々の声援を受けてさらにヒートアップします。応援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

関連リンク

三重県高等学校文化連盟

http://www.mie-koubunren.org/

 

 

【吹奏楽部】楽しみながら健康の意識を高める 一志病院まつりにて大勢の観客の方々の前でステージ演奏を披露しました 

クラブ活動 ニュース ミュージック  2018年11月5日 月曜日 16:23
ステージ演奏を披露

 

青山高校の部活動は、外に出る活動が多いのも特徴の一つです。10月27日(土)、青山高校吹奏楽部は三重県津市にある県立一志病院が主催する「一志病院まつり健康のつどい」に参加し、ステージ演奏を披露させていただきました。

 

県立一志病院は、普段から生徒の通院などでお世話になっている病院です。健康のつどいは毎年開催されていて、地域住民の皆様に健康の意識を高めていただくとともに、地域一帯のふれあいの場所として非常に賑わいます。

 

今回、青山高校吹奏楽部が演奏したのは4曲。Deep Purple Medley 、Under the Sea [The Little Mermaid]、peace sign、そしてsing sing singです。総勢25名の吹奏楽部員が奏でる音色に、会場にお集まりいただいた多くの方々から惜しみない拍手が送られました。

 

 

【英会話サークル】OSAKA ENGLISH VILLAGE で英語レッスン 多彩なシチュエーションで実践英語を学びました

グローバル サークル活動 ニュース  2018年11月2日 金曜日 08:00
まるでアメリカに来たかのようなOEV

 

エキスポシティに入ってすぐ右手にある建物が「OSAKA ENGLISH VILLAGE(通称OEV)」です。そこに広がるのはまるでアメリカに来たかのような空間。英語ネイティブの講師と一緒に、アメリカの歴史・文化・祝祭・日常生活をベースにした多様なシチュエーションで、英語を勉強できます。

 

英語を楽しみながら学ぶのは大事なことです。10月28日(日)、青山高校英会話サークルの1、2年生の女子5名が体験型英語レッスンに参加しました。23種類あるシチュエーションから、今回は3つを選択。ニュース報道、エアライン、クッキングの体験ルームで実践的な英語レッスンを受けました。

 

普段、教室や寮で学ぶ英語とは少し違い、生活の身近にあるものでも知らない英語がたくさんあることに驚かさせます。そして言いたいことを上手く表現できないもどかしさも。将来、英語や外国に関わることへ夢を馳せるサークルメンバーですが、今回のレッスンの後で早速英語の書籍を購入するなど、色々な刺激を受けたようです。

 

 

関連リンク

OSAKA ENGLISH VILLAGE(大阪英語村)

https://englishvillage.co.jp/

 

 

 

【ディベートサークル】愛知県椙山女学園大学星が丘キャンパスにて 2018秋季ディベート交流会で準優勝を獲得しました!

アカデミック サークル活動 ニュース  2018年11月1日 木曜日 08:00
今回の主役は1年生!

 

10月28日(日)、愛知県名古屋市にある椙山女学園大学星が丘キャンパスにて、2018秋季ディベート交流会が開催され、青山高校ディベートサークルから11名の生徒が参加しました。なんと今回は11名全員が1年生です。

 

2018秋季ディベート交流会とは、全国教室ディベート連盟東海支部が主催し、椙山女学園大学の協賛のもと人間関係学部の活性化事業として定期的に開催されています。今回は、椙山女学園高校をはじめとする東海地区の22校の中学校・高等学校の生徒・先生と社会人、あわせて130名ほどが参加しました。

 

今回のディベートの議題は、「日本は加糖飲料水に税金を課すべきである。是か非か」です。チームに分かれ熱い議論が繰り広げられました。そして青山高校ディベートサークルの1年生安藤君が見事準優勝を獲得しました。おめでとうございます!

 

 

関連サイト

椙山女学園大学HP

http://www.sugiyama-u.ac.jp/univ/news/detail/2018-3.html

 

【三重県私学大会表彰式】3年間の寮生活を通じて逞しく健やかに成長した姿 快晴の秋空のように澄みきった笑顔です

キャリア教育 ニュース 学校生活  2018年10月30日 火曜日 00:15
第54回三重県私学大会にて

 

10月20日(土)、三重県の県庁所在地である津市のアスト津にて、第54回三重県私学大会が開催されました。青山高校からは3年生の瀬ノ口君が選出され、表彰を受けました。

 

三重県からはるか遠く離れた九州から寮生活を選び、サッカーに一途に打ち込んできました。また学校行事や委員会活動にも積極的に取り組み、心身ともに大きく逞しく成長しました。賞状を手にする姿とその表情が物語ってくれています。本当におめでとうございます!

 

 

 

【国際交流部】この勢いは止められない! 第28回三重県高等学校英語スキットコンテストで準優勝を獲得しました

クラブ活動 グローバル ニュース  2018年10月26日 金曜日 08:00
国際交流部の快進撃は続く

 

英語スピーチコンテストで第2位を獲得した喜びも冷めやらぬ間に、10月20日(土)に三重県人権センターにて行われた英語スキットコンテストで、青山高校チームが準優勝という吉報が舞い込みました。

 

さて、英語スキットとは何でしょうか?あまり聞きなれない言葉ですよね。スキットとは寸劇のこと。広く漫才やコント等も含まれています。もちろんスキットはチーム戦。3名以上のチーム編成で制限時間7分間で競い合います。今回の青山高校スキットチームは、演者が5名と裏方が2名のチームでコンテストに挑みました。

 

寸劇のタイトルは、「Alice in High School」です。アリスといえばルイス・キャロルの不思議の国のアリスを思い浮かべる方も多いと思います。そして今回のアリスは恋のキューピット役。コメディタッチの内容とボディランゲージに会場が笑いに包まれました。

 

顧問の塩道先生曰く、今回の勝因は意表を突くコメディ作品で笑いを通じて会場が一体になったことと、寮生活の中で毎日大きな声で発声練習を重ね、その活気が本番でいかんなく発揮されたことです。う~ん素晴らしい!青山高校チームの皆さん、本当におめでとうございます!

 

 

 

 

 

【放送部】第16回三重映画フェスティバルにて映像作品が上映されました

クラブ活動 ニュース パフォーマンス  2018年10月24日 水曜日 08:00
映画といえば放送部の出番です

 

10月21日(日)、三重県津市のセンターパレスで開催された「若い世代に繋ぐ、金子安雄の映像世界~第16回三重映画フェスティバル~」(主催:三重映画フェスティバル実行委員会)で、青山高校放送部の製作した映像作品「スイッチ」が上映されました。

 

上映された映像作品「スイッチ」は、高校生3人の”声だけ”が突然入れ替わってしまうという内容で、自分の声を取り戻すために奔走する主人公の様子を描いた青春コメディ作品です。

 

上映後には、高垣 和郎さん(津フィルムコミッション代表)と映像製作に関わった生徒によるトークセッションも行われました。

 

 

楓では、オーディオピクチャードラマを上演

 

11月9日(金)に開催される、青山高校最大の文化祭「楓フェスティバル2018」では、オーディオピクチャードラマをライブ上演します。スライドショーにアフレコをする発表形式で、青山高校放送部ならではのドラマ作品です。お楽しみに。

 

・楓フェスティバルホームページ

https://kaedefestival.wixsite.com/2018

 

ネット放送「aラジ」

 

青山高等学校放送部は、毎週Youtubeでネット放送「aラジ」を配信しています。青山高校のエーとこを紹介する、ゆるーいネット番組です。こちらもぜひご覧ください。

 

・放送部ツイッター

【国際交流部】感動の第2位! 皇學館大学にて行われた第19回高校生英語スピーチコンテストでの快挙をお届けします 

クラブ活動 グローバル ニュース  2018年10月23日 火曜日 08:00
【日々の練習が報われた瞬間】

 

10月21日(日)、三重県伊勢市にある皇學館大學にて第19回高校生英語スピーチコンテストが行われ、青山高校の国際交流部が出場しました。

 

青山高校の国際交流部は英会話のスピーチを始めとして、海外ボランティア活動や子供への英語の読み聞かせ等、多くの活動に取り組んでいます。元々は小さなサークル活動でした。

 

青山高校は全寮制なので、通学にかかる時間がありません。その分、思いきり部活動やサークル活動に夜遅くまで打ち込むことができます。今回のコンテストに向けて国際交流部員の練習にも熱がこもりました!

 

三重県内から14の高校が参加し、31名が日頃の学習の成果を競います。青山高校から出場した部員は皆、堂々と輝いていました。そして...2年生の甲斐さんが見事第2位を勝ち取りました!やったね!甲斐さんはまんが部でも積極的に活動をしているんですよ。国際交流部の顧問ピーター先生も満面の笑顔ですね!

 

 

 

 

【サイエンス部】夜の青山高原は絶好の天体観測ローケーション! はたして月のクレーターと土星は見れるのでしょうか?

クラブ活動 サイエンス ニュース  2018年10月19日 金曜日 20:00
観測ロケーションはバッチリ!

 

青山高校の近くには、古くから観光やドライブコースとして有名な青山高原が広がっています。60基以上の風力発電のプロペラが回る姿は圧巻です。青山高原は昔から変わりなく豊かな自然が残されていて、夜になると満天の星空を楽しむことができます。

 

10月19日(金)は天候に恵まれ、サイエンス部の天体観測チームが月の表面観測と土星の姿を確認すべく、天体望遠鏡を担いで青山高原を訪れました。かなり肌寒いですが、澄んだ空気と一面の星空は観測には絶好のロケーションです。

 

天体望遠鏡の倍率を徐々に上げていき、しっかりと月表面のクレーターを観測することができました。自分の目で確認するクレーターの様子は、想像以上に美しく宇宙のロマンを感じさせてくれます。この勢いで土星観測も行ないましたが、あいにく雲に隠れて見れないというアクシデント!残念ですが次回までの楽しみにとっておきましょう!

 

1 / 47123...30...最後 »
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のブログ記事