ニュース

ニュースの記事一覧

【迎春祭・終業式】今回のテーマは「和×輪」 1、2年生が一つの輪となり 今年度を締めくくりました

今年度の締めくくり

 

3月20日(水)、麗らかな早春の陽気に包まれる中、今年度を締めくくる終業式と、今年度最後の学校行事「迎春祭」が開催されました。今回の迎春祭のテーマは「和×輪」。2年生が1年生のサポート役となり、一対の輪になって力を合わせて迎春祭を盛り上げます。

 

短期間の準備期間になり慌ただしい日々を送りました。昨年以上にステージ発表の内容は盛りだくさんです。多彩な活動に取り組んできた成果を、この舞台にぶつけます。その様子をご紹介させていただきます。

 

 

吹奏楽部&ミュージックアカデミーサークル

 

「和」のテイストを打ち出し、フルートパートでは篠笛を奏でました。ユーロビート・ディズニー・メドレーの曲調とのコントラストが光る聴きごたえあるセッションでした。

 

ミュージックアカデミーサークルは、「第31回中部日本個人重奏コンテスト三重県大会」で金賞を受賞した2名の女子が見事な演奏を披露しました。毎日、寮で練習を重ねてきた結果がしっかりと表れて、心奪われる演奏になりました。

 

 

 

サイエンス部&今村プラズマ教室

 

サイエンス部からは、アプリ開発、プログラミング、ロボットのそれぞれの分野の研究発表が行われました。科学に熱い今村先生が中心になって立ち上げたプラズマ実験を加えて、新しいことにチャレンジをしていきます。プラズマ実験は、先日の愛媛大学での講習を受けて、ステージ上でプラズマ発生の実演を行いました。

 

 

放送部&アメリカ研修

 

学校行事の屋台骨、放送部からはオーディオピクチャードラマ「MUKAKINガール」。スマホとデジタル世界を舞台に、スピード感あるギャグと登場キャラクターの個性の濃さが合わさって、クスッと笑える中に共感を誘う物語が演じられました。

 

アメリカ研修報告では、NASAアメリカ航空宇宙局、マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学を訪問した時に感じたことを、スライドショーを交えながら伝えました。

 

 

 

ダンス部&和太鼓部

 

昨年までは1つのテーマ曲に絞って演目を発表してきたダンス部。今回は新しい試みとして、部活内でグループ構成を組み、候補に挙がった7曲をメドレーとして1曲にまとめあげました。しなやかで緩急と抑揚のあるダンスに会場が息をのむ一幕もありました。

 

和太鼓部は、3年生が卒業で抜けた分を練習でカバーします。定番の「兵」に加えて、「凛」を披露。1年生、2年生が一丸となって練習してきたことが太鼓の波動に乗って胸に響いてくる見事な演目でした。

 

 

まんが部&作品展示会

 

まんが部は、CG制作の舞台裏「イラストメイキング動画」を実況を交えながら伝えました。CGを描く工程は意外に知られていません。CG制作の過程を見てもらって、実際に制作された展示物を楽しんでいただきました。

 

展示コーナーでは、フラワーアレンジメント、美術、フォト等のサークル活動の作品を展示し、ギャラリーの関心を惹きつけていました。

 

 

最後を締めくくるは寮対抗合唱&全校合唱

 

青山高校の学校行事の締めくくりといえば、そう「合唱」です。天人寮・暁星寮・清純寮の3つの寮が、それぞれのテーマ曲を決め、寮対抗合唱を競います。

 

天人寮は「あなたへ」、暁星寮は「親知らず子知らず」、清純寮は「虹」を歌い上げました。甲乙つけがたい内容の中、対抗合唱は暁星寮が優勝しました。おめでとうございます。対抗合唱の後には、全校生徒が「あすという日が」を歌い上げ、来年度に向けて一丸となる決意が伝わってきました。

 

 

迎春祭を終えて

 

熱気冷めやらぬ中、迎春祭が終了しました。生徒の皆さんお疲れさまでした。そしてお越しいただきました保護者の皆さまありがとうございました。今日は帰省で、明日から春休みになります。生徒の皆さんは4月6日(土)が帰校日です。十分にリフレッシュして、また元気にお会いしましょう!

 

 

 

【サイエンス部】Let’s Unity! 東京Unity本社より講師の方をお招きしてプログラミング講習を開催しました

クラブ活動 サイエンス ニュース  2019年3月19日 火曜日 08:30
クリエイター志望の生徒に向けて

 

3月17日(日)、青山高校サイエンス部の部室にて、東京Unity本社の講師の方をお招きしてプログラミング講習会を開催しました。学校でプロの講義が受けられるとあって、ゲームやアプリケーション等のクリエイター志望の生徒たちが興味津々で参加をさせていただきました。

 

Unity(ユニティ)は、コンピューターゲームや携帯アプリケーションゲームの開発に広く用いられているゲームエンジンです。昨年2月にニコニコ闘会議の自作ゲームフェス大賞を獲得した「Cooking Simulater」の開発にもUnityが使用されています。

 

今回は、プログラミング初心者にも分かりやすいスクリプト(簡易プログラム)の組み方や、実際にキャラクターを動かしながら、プロのテクニックを学びました。講義を受けた生徒からは積極的な質問が飛び、丁寧に答えていただきました。講師の先生、貴重な時間を作っていただきありがとうございました!

 

 

 

 

【放送部・芸術委員会】大阪あべのハルカスにて開催のCITY LIGHT FANTASIA BY NAKED プロジェクションマッピングに先端芸術の表現を学ぶ

アート クラブ活動 ニュース パフォーマンス  2019年3月18日 月曜日 08:30
サイエンスアートの最先端を体験

 

3月14日(木)、大阪のあべのハルカスで開催された夜景とプロジェクションマッピングのコラボレーション。この企画は大阪芸術大学サイエンスアート学科と、テレビCMなどで斬新な演出を手掛けられている株式会社NAKEDの協力で開催されました。

 

プロジェクションマッピングとは、コンピュータで作成したCGとプロジェクタ等の映写機器を用い、建物や物体、あるいは空間などに対して映像を映し、時には音と同期させる技術の総称です。

 

今回は放送部と芸術委員会から5名の1年生が参加しました。光の演出が映える大阪の夜景に心奪われ、思わず無言になってしまいます。青山高校では、放送部が中心となり、学校行事などでサイエンスアートを取り入れています。プロの技術を目の当たりにして、新しいアイデアが浮かんだと語ってくれました。

 

関連リンク

CITY LIGHT FANTASIA BY NAKED

https://sp.jorudan.co.jp/illumi/spot_J0142.html

株式会社NAKED

https://naked.co.jp/

 

【バスケットボール部】プロバスケットボール「B.LEAGUE」の試合を観戦 間近に見るプロの姿に大きな刺激を受けました

クラブ活動 スポーツ ニュース  2019年3月14日 木曜日 08:30
プロフェッショナルに学べ

 

3月10日(日)、三重県伊勢市にある県営サンアリーナーにて、プロバスケットボールの「B.LEAGUE」1部第26節が開催されました。「B.LEAGUE」とは、2016年9月に「NBL (ナショナル・バスケットボール・リーグ)」と「bjリーグ」が統合し、開幕した「ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ」の名称です。

 

試合は京都ハンナリーズ vs 大阪エヴェッサです。プロフェッショナルの試合を間近で見る機会はなかなかありません。青山高校バスケットーボール部から10名の生徒が試合を観戦し、熱いまなざしで一挙手一投足を追いました。

 

試合は京都ハンナリーズが81 – 69で、大阪エヴェッサを降して勝利しました。興奮冷めやらぬ中、本校の生徒からは、試合運びはもちろんのこと、試合が始まる前のウォーミングアップの様子さえも勉強になったと語ってくれました。プロフェッショナルから学んだ収穫は想像以上に大きかったようです。

 

 

 

 

 

【美術部】大阪芸術大学OBの方々に学ぶスケッチテクニック 天王寺動物園で写生品評会を開催しました

アート クラブ活動 ニュース  2019年3月12日 火曜日 08:30
積極的に学ぶ姿勢を持つ

 

3月9日(土)、晴天に恵まれた大阪天王寺動物園にて、大阪芸術大学OBの方々と共にスケッチ会を開催しました。今回ご指導いただいたお二人のOBの方々は、デザイン学科とキャラクター造形学科で美術を専攻され、動く被写体をとらえるテクニックや、動物の骨格のとらえ方などを直接伝授していただきました。

 

スケッチを行った後で品評会を行い、お互いの作品について率直な意見を交換しました。OBの方々からは、写生の技術だけではなく、自分自身で積極的に学んでいかないと魅力的な学びにならないということ、そして常に好奇心を持ち、自発的、積極的な学ぶ姿勢が大切だというアドバイスをいただきました。

 

美術部には将来芸大に進学することを目指す生徒もいます。積極的に意見交換をする中で、動物だけではなく、風景を描くときの工夫やコツについても学ぶことができました。積極的に話に耳を傾けるこの姿勢を持ち帰り、今後の校内での活動にも活かしていって欲しいと思います。

 

【キャリアデザイン】高虎ドッグでのホスピタリティ実践 おもてなしの心を感じていただく難しさと喜びを体験しました

ホスピタリティ実践を迎え

 

2月27日(水)、三重県津市にあるカフェ高虎ドッグ様のご協力のもと、本校にてホスピタリティ・コーディネーターの資格認定を受けた女子2名が店舗でのホスピタリティ実践を行いました。

 

限られた時間の中で、事前研修とマニュアルでシミュレーションを重ねてきた2人。当日を迎え、緊張とわくわくするような興奮が入り混じった不思議な感覚です。おもてなしのこころを現場で実践できたでしょうか?実践を終えての感想を記載させていただきます。

 

一期一会を大切に

 

青山高校でホスピタリティ認定講座を受講し、私の中にホスピタリティ精神が芽生えた時に、高虎ドッグでのホスピタリティ実践の話がありました。津市の海岸近くにある高虎ドッグは、五感(視覚・嗅覚・味覚・触覚・聴覚)を刺激する「おしゃれなホットドッグ」がメインのお店です。好奇心を持った私は、是非体験をさせていただく事にしました。

 

店舗実践までに事前研修を受け、お店の厚いマニュアルを熟読しました。でも正直、全部覚えて行動する自信はありません。私が意識した事は、笑顔・身なり・衛生面(手洗い)の3つです。飲食店では清潔感が不可欠。後は、お客様に対する思いやりです。いくら食べ物がおいしくても店員さんの態度で、お店の印象が変わる事は私も経験をしています。「また、このお店に食べに来たいな。」と感じて欲しいと思いました。

 

頭で理解している事を1つ1つ行動に起こす事は難しいです。声を出すのも勇気が入ります。ただ歩くだけなのに緊張しました。何をするのにもドキドキです。夢中で、仕事をしていると、「ありがとう。がんばってね。」
と思いがけず、お客様に声をかけてもらいました。その瞬間、嬉しくて自然と顔がゆるみ、肩の力がぬけるのが分かりました。

 

講義の中に、相手の事を考え、相手が今より良い状態になるように行動を起こし、その行動に対して相手も「ありがとう」と感謝の念を伝えて、そして「どういたしまして」と返す、この人間同士のシンプルな相互作用がホスピタリティ精神の原点であると学びました。頭で理解した事ですが、それを目の当たりに体験すると、何とも言えない幸せな、あたたかい気持ちになります。

 

アメリカの心理学者 アブラハム・マズローは「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生き物である」と言っています。私は、この実践の機会を授けていただいたお店のご好意に深く感謝します。これからも笑顔を大切に、感謝の気持ちを忘れず、春からの高校3年生を目標(大学進学)に向かって頑張ります。(2年生女子)

 

 

 

 

【サイエンス部】優れたプログラミングの人材発掘プロジェクト ぐんまプログラミングアワード2019にてファイナリストに選ばれました!

クラブ活動 サイエンス ニュース  2019年3月4日 月曜日 08:30
ファイナリスト進出おめでとう!

 

3月2日(土)、「群馬県をICTの聖地に!」をスローガンに、群馬県前橋市にて上毛新聞社主催のぐんまプログラミングアワード2019が開催されました。ぐんまプログラミングアワードは優れたプログラミングの人材発掘を目的とするコンテストです。

 

青山高校からは高校2年生の北田君が出場しました。出場部門は、アプリのアイデアと完成度をプレゼンテーションするアプリケーション部門です。北田君は昨年2月に開催されたニコニコ闘会議にて、クッキングシミュレーターで自作ゲーム大賞を受賞し、その様子は以前の記事にて紹介をさせていただきました。

 

群馬県をPRするアクションゲーム「G.U.N.M.A.R.」を開発し、プレゼンテーションを行いました。そして、見事アプリケーション部門ユースにてファイナリストに選出されました。おめでとうございます!

 

最終審査に駒を進めた北田君。次は3月23日(土)に群馬県前橋市ベイシア文化ホールで決勝戦が行われます。さらなるプログラムの改良と進化を遂げて、栄えある優勝を掴めることを応援しております!

 

 

関連リンク

ぐんまプログラミングアワード2019

https://www.gp-award.jp/

 

上毛新聞 ぐんまプログラミングアワード2019 二次審査結果

https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/culture/115436

 

【卒業式】ご卒業おめでとうございます 一足早い春の陽射しに包まれて新天地に羽ばたきます

ニュース 学校行事  2019年3月2日 土曜日 08:30
平成30年度卒業証書授与式

 

晴天に恵まれ、春の陽射しを感じる3月1日、平成30年度卒業証書授与式が挙行され、総勢100名が学舎から巣立ちました。

 

卒業生にお祝いと心からの感謝を述べる在校生代表の送辞を受けとめ、卒業生代表が在校生に向けての激励と両親や教職員への感謝の言葉を述べました。全寮制で過ごした3年間。喜怒哀楽色々な経験を通じて、心身ともにたくましく成長した3年生の姿がそこにありました。3年間の学校生活と寮生活、本当にお疲れ様でした。

 

式後には教職員と在校生が卒業生たちを取り囲み、別れを惜しんで涙する姿が校舎の至る所で見られました。卒業生の皆様及び、寮生活を見守っていただいたご家族の皆様のお喜びもひとしおのことと存じます。ご卒業を祝し、心からお喜び申し上げます。

 

新天地でも本校で培った力を存分に発揮して頑張ってください。皆さんのご健闘とご多幸をお祈り申し上げます。

 

【サイエンス部】愛媛大学理学部にて 1年生の有志生徒2名がプラズマ発生と誘電体バリア放電について学びました

クラブ活動 サイエンス ニュース  2019年2月27日 水曜日 08:30
Heat & Mass Transfer Laborator

 

2月17日から19日にかけて、サイエンス部が新しく取り組むプラズマ発生装置についての見聞を深めるべく、1年生の有志生徒2名が愛媛大学理学部を訪問しました。

 

愛媛大学では、2002年からプラズマ利用の研究に取り組まれており、プラズマ理工学,化学工学,熱流体工学,電磁波・高周波工学,音響工学などをベースとして、多岐にわたっての研究開発が進められています。

 

愛媛大学の前原教授と清水教授のご指導のもと、プラズマに関する知識とプラズマ発生装置の仕組みについて学びました。青山高校のサイエンス部に新たに加わるプラズマ研究の大きな一歩になりました。

 

 

1年生小谷君の振り返り

 

今日僕が学んだことは、プラズマ実験についてと物理の教科書に書いてあることのほとんどが本当は証明できてるようでできていない事です。そして感じたことは、大学というのはとても自由であり、好きな事や興味のあることに集中して実験できたり、研究したりする場所だということです。何より沢山の専門的な道具や器具に驚かされました。

 

前原教授は日々プラズマの実験に取り組まれていて、伺った話はすごく専門的で、自分には理解したくてもなかなか理解できないところも沢山ありました。でも今やっている物理はとても役に立っていて、将来につながるものであることがよく分かりました。

 

自分は研究室の実験装置を見て、学校でも作ることは可能なのかということを考えています。そして学校にある3Dプリンターを使って実験用具を作ることが可能だと考えました。一度やってみたいと思います!

 

次に清水教授の話を聞いて、物理に興味を持てました。ここではスーパーコンピューターを使い送られてくるデーターをまとめたりしています。そして、ブラックホールについても詳しく話をしていただきました。当たり前だと思っている現象を一度は疑って考えてみるのも楽しいことだし、もしかしたら本当に間違っているかもしれません。先入観ではなく、疑問を持って取り組みことが学びにつながることだと思いました。

 

今回の研修に参加してとても得るものがありました。次に行ける機会があるなら、今以上にしっかりとした話ができるように自分も物理を詳しく勉強していきたいと思いました。

 

関連リンク

愛媛大学 理学部

http://www.sci.ehime-u.ac.jp/

愛媛大学Heat & Mass Transfer Laborator

https://www.me.ehime-u.ac.jp/labo/kikaiene/netubutu/research02.html

 

【キャリアデザイン】女子2名のアソシエイト・ホスピタリティ・コーディネーター研修生 高虎ドッグでの実践に向けた事前研修を受けました

地域密着のホスピタリティ実践に向けて

 

1月に青山高校校内にて開催されたホスピタリティ・コーディネーター資格認定講座。おもてなしの心をもって相手に接することを学びました。青山高校では在校生に向けて定期的にホスピタリティ講座を開催し、次世代のホスピタリティリーダーの育成に努めています。

 

今回は、コーディネーター講座を受講した女子2名が、三重県津市の高虎ドッグにてホスピタリティ実践を行うことになりました。高虎ドッグとは、江戸時代に津を統治していた武将、藤堂高虎にちなんで名前を付けられたホットドッグです。常識を覆すメニューと美味しさで話題沸騰のお店です。

 

27日の店舗でのインターンシップに向けて、事前の研修が行われました。高虎ドッグの鈴村社長から、実際の仕事の中でどのようにホスピタリティを生かすのかについて、詳しいお話をしていただきました。研修で学んだことを実践で生かせるように、真剣なまなざしで研修に臨む生徒の姿がそこにありました。

 

 

 

 

 

1 / 51123...30...最後 »
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のブログ記事