なぜ青山高校はいつでも転校・編入が可能なのですか?

は一般の学校では、学年・学期始めにしか転校・編入する事が出来ません。理由は簡単です。途中からクラスに入ると授業が進んでいるため、追いつけないからです。

しかし、青山高校は違います。

なぜなら私たちには『寮』があるからです。少し授業が遅れていても教師が寮で補習を行ったり、個別ゼミを行います。そうする事で授業の遅れはすぐに取り戻す事が出来ます。ですから、いつでも転校・編入が可能なのです。しかも、それだけではありません。

転校後に行う特別な3つの対応

ポイント1:個別学習カウンセリング

転校後すぐに担任や教科担当者が学習状況をチェックします。未学習分野を把握して、補習や学習計画を作成していきます。これを行う事で不安なくスムーズに授業に参加する事ができ、大学受験に向けても良いスタートを切る事が出来ます。

ポイント2:メンタルカウンセリング

家から離れて初めての生活です。当然、保護者も子供自身も不安でいっぱいです。そこで教師が子供のメンタルケアを行います。寮生活はイギリスの名門イートン校にならい、一人ではなく仲間や友達との生活なので、孤立する事はありません。悩みがあっても、先輩が親身に話を聞いてくれるので安心して下さい。

ポイント3:友達作りサポート

転校・編入後に大切なのは、どれだけ早く友達を作るかです。帰国子女の子供で外国生活が長いと、日本人の感覚がすぐに掴めなく友達グループからはみ出される事があります。そこで友達作りをサポートしています。そのために、寮では子供の性格に合わせてグループで活動をしたりさせるなど、安心して友達が作れる環境を用意しています。