ニュース

2019年11月の記事一覧

【ボランティア】三重県のご当地グルメ「津ぎょうざ」 日本最大級の町おこしイベントB-1グランプリ 見事ゴールドグランプリを受賞しました!

サークル活動 ニュース ボランティア活動  2019年11月26日 火曜日 09:44
燦然と輝くゴールドグランプリ

 

11月24日(日)、兵庫県明石市にて開催されたご当地グルメで地域の魅力をPRするイベント「第11回B-1グランプリ」に、津市の団体「津ぎょうざ小学校」が出場しました。青山高校からも9名のボランティア生徒が参加しました。

 

B-1グランプリの「B」は地域BRAND(ブランド)の「B」を意味しています。地域ブランドを確立しようと日々活動されているまちおこし団体が一堂に会します。今年は全国から55組の団体が出場しました。

 

津ぎょうざのルーツは津市の学校給食です。15cmの餃子の皮を使った大きな揚餃子で、外の皮がカリっとしていて、中身の具がジューシーなのがおいしさの秘密です。これまでにも多くのメディアに取り上げられ、ご当地グルメとして津市内外に広く知られるようになりました。平成27年には「B-1グランプリin十和田」でブロンズグランプリを受賞しています。

 

今回は見事にゴールドグランプリを受賞しました。おめでとうございます!この受賞を機に、より多くの方々に三重県の地域ブランドを知っていただき、三重県の町おこしにつながることを期待したいです。

 

関連リンク

B-1グランプリ公式

https://www.b-1akashi.jp/

 

【ダンス部】NPOミスダンスドリル秋季競技大会に出場 男女混成とソロ部門でダブルの受賞! 全国大会出場を決めました

クラブ活動 ニュース パフォーマンス  2019年11月19日 火曜日 23:05
日々の練習が報われた瞬間

 

11月16日(土)、青山高校最大の文化祭「楓フェスティバル」の開催と時を同じくして、愛知県名古屋市にある稲長スポーツセンターに青山高校ダンス部が向かいました。そう、ダンスドリル秋季競技大会東海大会に出場をするためです。

 

大会時の様子は規則により撮影ができませんでしたが、日々の練習でスキルと表現力、そして自信を高めたダンス部メンバーの表情がそこにありました。今回はベテランの3年生1名をリーダーとして、それ以外のメンバーは全て1年生で構成されています。

 

結果はチームとしては第2位となり、来年1月の全国大会出場を決めました。またMr.ソロの部門ではリーダーの3年生男子が見事第一位に輝きました。2重の吉報、本当におめでとうございます!

 

 

関連リンク

NPOミスダンスドリルチーム・インターナショナル・ジャパン

http://www.dancedrilljapan.com/

 

【楓フェスティバル2019】今年のテーマはウルトラC 発表会を枠を超えて 奇跡と超展開のステージが繰り広げられました

令和の初めにミラクルを

 

11月16日(土)、三重県津市にある白山総合文化センターしらさぎホールにて、青山高校最大の文化祭「楓フェスティバル2019」が開催されました。在校生の保護者の方々や、オープンキャンパスにご参加をいただいたご家庭にもお越しいただき、活気に溢れた文化祭になりました。

 

今回のテーマは「ウルトラC」です。「ウルトラC」の語源は1964年の東京オリンピックに遡るといわれています。日本代表の体操選手が至難の技を次々に繰り広げる様子を表現する言葉として使われました。

 

文化・芸術の発表会という枠を超えて、一つのテーマの下に作られたステージへと変えていきたいという思いがありました。お越しいただいたお客様に満足していただくのは勿論のこと、楓フェスティバルを運営する青山高校の生徒全員がこの機会を通じて感性を磨こうと取り組んできました。

 

活発に動く生徒一同の姿に大きな歓声と拍手が生まれました。今日は11月の帰省日でもあります。十分な休養をとって、心身ともにリフレッシュし、11月20日の帰校日にはまた元気な顔を見せてください。また本日遠方からお越しいただきました在校生の保護者様、そしてオープンキャンパスにご参加いただいたご家庭の方々に深く感謝の気持ちを申し上げます。ありがとうございました。

 

 

 

【サイエンス部】宇宙エレベーター用ロボットの作成とシミュレーション 第一回競技大会を校内で開催しました

クラブ活動 サイエンス ニュース  2019年11月14日 木曜日 10:00
試行錯誤を重ねたシミュレーション

 

男子寮の一つ「暁星寮」では、サイエンス部の活動が活発に行われています。宇宙エレベーターのシミュレーションも多岐にわたる活動の一つです。ロボットを作成し、チームに分かれたシミュレーション競技大会が開催されました。

 

宇宙エレベーターとは、地上と宇宙の施設を垂直方向に結ぶ軌道エレベーターを指します。ロケットよりも低コストで人員や物資を輸送できる手法として研究が進められています。

 

第1回目の競技大会ということで、試行錯誤を重ねながらの競技大会になりました。垂直に降ろされたテザー(ロープ)をどのような方法で登らせるのか、そして制限時間内に模擬ステーションに貨物であるピンポン玉をいまに大量かつ迅速に運ぶのかをテーマに、ビデオ判定も使った白熱した競技になりました。

 

 

関連リンク

一般財団法人 宇宙エレベーター協会

http://www.jsea.jp/about-se/How-to-know-SE.html

 

【将棋サークル】プロ棋士との指導対局 そして棋譜添削と解説を伺う 将棋強化練習会に参加しました

アカデミック サークル活動 ニュース  2019年11月8日 金曜日 20:00
プロ棋士との対局を経験する

 

11月4日(月)、青山高校将棋サークルの2名が向かったのは三重県高等学校将棋連盟が主催する「将棋強化練習会」です。将棋サークルが日々の対局で力を伸ばしていることは何度か紹介をさせていただきました。

 

そして今回はプロ棋士の方との指導対局という機会を設けていただきました。対局をご指導いただいたのは5段の島本亮先生です。対局を通じて、島本先生からはこれから対局を重ねていくのと共に、直観力を磨くことの大切さをアドバイスしていただきました。

 

また島本先生から強化練習会場である高田高校の生徒さんの棋譜を使って、その解説と添削指導を伺う機会もいただき、非常に密度の高い練習会となりました。

 

 

【和太鼓部】商都まつさかの礎を築いた蒲生氏郷公を偲んで 松阪市の氏郷まつりに参加しました。

クラブ活動 ニュース ミュージック  2019年11月5日 火曜日 08:30
深秋の澄んだ空気に包まれて

 

三重県松阪市にて11月3日(土)に氏郷まつり2019が開催されました。11月3日は統計的に快晴になることが多く、晴れの特異日とも呼ばれています。そしてその呼び名の通り、深秋の澄んだ空気に包まれた晴れやかな一日になりました。

 

青山高校の和太鼓部は、例年この氏郷まつりで演奏を披露させていただいています。豪商のまち松阪の基礎を作り上げた戦国武将「蒲生氏郷」を偲ぶこの祭典は、非常に多くの方に愛され賑わいを見せています。

 

毎月のように遠征をし、大会に出場することが多い和太鼓部ですが、寮生活を送る三重の地で和太鼓を演奏し、多くの方々に喜んでいただくことも大きなモチベーションアップになっています。

 

【大学キャンパスツアー】将来の自分の姿を思い描いて 滋賀県にある龍谷大学と立命館大学のキャンパスツアーに参加しました

ニュース 学校生活  2019年11月2日 土曜日 15:45
目と耳と足でキャンパスを体感する

 

10月28日(月)、青山高校2年生44名が滋賀県にある龍谷大学と立命館大学のキャンパスツアーに参加しました。3年生の先輩が徐々に卒業後の進路を決めていく中で、2年生も大きな刺激を受けています。将来の自分の姿に思いを馳せてキャンパスを体感しました。

 

晴天に恵まれたキャンパスを歩き、自分の目と耳と足を使って大学のキャンパスを感じとります。思えば青山高校のオープンキャンパスに参加した時も、同じような感覚でキャンパスを歩きました。キャンパスツアーでは大学の職員の方々に直接お話を伺う機会もあり、自分の次のステージを考える貴重な経験になりました。

 

 

 

関連リンク

龍谷大学

https://www.ryukoku.ac.jp/

立命館大学

http://www.ritsumei.ac.jp/

 

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のブログ記事