ニュース

2019年9月の記事一覧

【美術部・まんが部】感性を刺激する貴重な資料の数々 日本屈指のアニメーター近藤善文氏の展覧会に参加しました

アート クラブ活動 ニュース  2019年9月25日 水曜日 19:00
貴重な資料に圧倒される

 

自分の目で見て刺激を受けることをテーマに、青山高校のまんが部は日本各地で開催されている個展や展覧会に積極的に参加をしています。9月8日(日)、今回は美術部も合同で三重県津市の三重県総合博物館で開催されている「近藤善文展」に足を運びました。

 

「この男がジブリを支えた」というキャッチコピーが表すように、故近藤善文氏はスタジオジブリでアニメーションの作画監督をお務めになられました。火垂るの墓やもののけ姫などの多くの作品に関わられ、日本屈指のアニメーターとしてその名が知られています。

 

原画やスケッチ、作品の世界観を表現するイメージボードなど総数664点にも及ぶ資料に圧倒されます。食い入るように作品を鑑賞する生徒たち。青山高校は学園祭や文化祭で作品を表現する機会が多く、11月に開催される楓フェスティバルに向けての作品作りにも熱が入りそうな手ごたえを感じました。

 

 

関連リンク

「この男がジブリを変えた」近藤善文展

https://www.ctv.co.jp/event/kondo/

 

【ビブリオサークル】人を通して本を知る 1年生が知的書評合戦ビブリオバトル大会を開催しました

アカデミック サークル活動 ニュース  2019年9月24日 火曜日 08:00
おすすめのチャンプ本を決めよう

 

青山高校では、数年前から本格的に活動を行っているビブリオバトル。ビブリオバトルは知的書評合戦の名が表すように、参加者が読んで面白いと思った本を持って集まり、生の声で本の内容の素晴らしさを紹介し、投票でチャンプ本を決める戦いです。

 

ルールは至ってシンプル。基本的に一人5分間で本を紹介し、それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行います。「どの本が一番読みたくなったか?」を基準として参加者全員で投票を行い、最多票を集めたものが晴れてチャンプ本になるのです。

 

今回は1年生に限定したビブリオバトルを開催しました。青山高校には「1万ページ読書運動」があるように、本を読むのが大好きな生徒たちが、思い思いに本の楽しさや素晴らしさを伝えます。時にはアドリブやボディランゲージも交えながら熱く語る姿に、会場は熱気に包まれました。

 

今回はのビブリオバトルは、1年生女子の「告白:湊かなえ著」が第一位の得票数を獲得し、続く第二位に1年生男子の「この子たちを救いたい:濱井千絵著」がランクインしました。人を通して本を知り、本を通して人を知ることができるビブリオバトルは、2年生大会も開催されます。県のブロック大会への出場を目標に熱く語っていきましょう!

 

関連リンク

知的書評合戦ビブリオバトル公式

http://www.bibliobattle.jp/

 

【卓球部】2019年度全日本卓球選手権大会に出場 2年生男子が初戦を突破しました

クラブ活動 スポーツ ニュース  2019年9月23日 月曜日 21:00
大会を通じて今の実力を知る

 

9月21日(土)、青山高校卓球部が三重県津市にある総合スポーツ施設「サオリーナ」にて開催された全日本卓球選手権三重県予選会に出場しました。

 

今回は今年入部した1年生6名と、2年生3名が出場し、2年生の男子1名が初戦を突破しました。各々が日々の練習で培った競技力をぶつけ、今の実力を知ると共に今後の課題を見つける機会になりました。

 

青山高校では卓球部をはじめとして、スポーツ部は初心者や未経験者にも広く門戸を開いています。積極的に大会に出場し、時には悔しさをバネに日々の練習に打ち込んでいます。

 

 

 

関連リンク

三重県卓球協会

http://miettg.com/index.php?FrontPage

 

【オーストラリア研修】ステイ最終日 素晴らしい経験をさせていただいたホストファミリーの方々に感謝の意を示します

グローバル ニュース 学校行事  2019年9月14日 土曜日 21:05
それぞれの思いを胸に

 

あっという間に過ぎていく時間。ホームステイとファームステイは最終日を迎えました。4日間のステイの経験はどれも刺激的で素晴しいものとなりました。言葉で語らずとも、生徒一人ひとりの表情が物語っています。

 

温かく出迎えていただいたホストファミリーの方々に感謝いたします。このステイの経験を生かし、将来の夢に向かって歩んでいきたいと思います。

 

心地よい疲れと、無事に研修が終了した安堵感、そして楽しい思い出に包まれて2年学年団が明日帰国します。帰国の後は帰省になります。保護者の方々におかれましては、今回の研修旅行で成長したお子様をねぎらい、貴重な体験談に耳を傾けていただきたいと思います。

 

 

【オーストラリア研修】研修は早くも半ばを過ぎました 多くの刺激を受けて 生徒一人ひとりが充実した時間を過ごしています

グローバル ニュース 学校行事  2019年9月13日 金曜日 21:17
充実した時が過ぎゆく速さ

 

ホームステイとファームステイで充実した時間を過ごす生徒たち。異文化コミュニケーションにも徐々に適応し、自然に湧き上がる笑顔が見られます。語学研修やアボリジニアート等の多彩なアクティビティを経験し、多忙ながら実り多い時間を過ごしています。

 

 

【オーストラリア研修】班ごとに分かれてホーム&ファームステイ開始 言語とボディランゲージを使ってコミュニケーション 

グローバル ニュース 学校行事  2019年9月12日 木曜日 08:30
ホーム&ファームステイが始まりました

 

9月11日(水)はホームステイとファームステイの初日です。ホストファミリーの皆様とご挨拶を交わし、各班に分かれて農業体験も含めた語学研修が始まりました。ホストファミリーの方々はとても優しく、温かい言葉で出迎えていただきました。

 

滞在するアサートン高原は、大昔は火山地帯でした。肥沃な大地ではトロピカルフルーツやとうもろこし、アボガト、じゃがいも、ピーナッツ他様々なものが収穫されています。お土産でも有名なマカダミアナッツもここの特産です。また酪農地としても有名で、ケアンズ市内のスーパーでも見かける乳製品はアサートン高原のものが沢山あります。

 

ホームステイとファームステイは3泊4日のスケジュールです。言語でのコミュニケーションはもちろんのこと、意思疎通のためには表情やボディランゲージを駆使しなければいけない場面もあるでしょう。それぞれのステイの経験は、日常では体験できない貴重なものばかりです。

 

 

関連リンク

アサートン高原

https://www.athertontablelands.com.au/

 

 

【オーストラリア研修】研修2日目はキュランダマーケットからアザートン高原へ その後はホームステイとファームステイに入ります

グローバル ニュース 学校行事  2019年9月11日 水曜日 00:07
2日目の様子をギャラリーでご紹介します

 

9月10日(火)にオーストラリアのケアンズ国際空港を降り立った2年生学年団。入国手続きを済ませ、キュランダへ向かいました。キュランダはケアンズから約25km離れたところに位置していて、世界遺産に登録された森に囲まれています。キュランダへの移動はスカイレール(観光用索道ロープウェイ)を利用しました。

 

キュランダではキュランダマーケットを散策し、30人乗りの水陸両用車であるアーミーダックで熱帯雨林を観察しました。その後はホームステイ組とファームステイ組に分かれ、いよいよ本格的な異文化コミュニケーションに入ります。

 

 

関連リンク

ケアンズ スカイレール

https://www.skyrail.com.au/ja

 

キュランダヴィレッジ

https://www.kuranda.org/

 

【オーストラリア研修】昨夜関西国際空港を飛び立ち 無事にオーストラリアケアンズ国際空港に到着しました 

グローバル ニュース 学校行事  2019年9月10日 火曜日 08:12
みんな元気にオーストラリアに到着!

 

昨夜9時に関西国際空港を出発した2年生学年団は、無事早朝にオーストラリアのケアンズ国際空港に到着しました。みんな体調も良く、ホテルで朝食を摂り、着替えと休憩をしてスカイレールでキュランダに向かっています。

 

【オーストラリア研修】ホームステイを通じた異文化コミュニケーション 天候に恵まれ 2年生が元気に出発しました

グローバル ニュース 学校行事  2019年9月9日 月曜日 15:01
絶好の天気に恵まれて

 

9月9日(月)、本校2年生一同がオーストラリア研修旅行に出発しました。百聞は一見に如かずといいますが、この研修では、ホームステイを通じて英語の語学力と国際理解を深め、異文化コミュニケーション能力を高めることを目的としています。

 

昨年は台風で延期になりましたが、今年は夏の暑さが舞い戻る絶好の天気に恵まれました。本日の午後9時に関西国際空港を飛び立ち、明日の午前5時にケアンズ空港に到着の予定です。帰国は9月15日(日)です。

 

生徒の皆さん、そして引率の先生方、どうか健康管理と安全にお気を付けて、実り多い研修旅行にしていただきたいと思います。現地の様子については、保護者様専用のブログにて随時掲載していきますので、是非そちらもご覧ください。

 

【防災訓練】寮生活だからこそ 一層求められる災害防止とその備え 防災訓練で気持ちを引き締めました

その他 ニュース 学校生活  2019年9月7日 土曜日 08:30
備えあれば憂いなし

 

9月3日(火)抜けるような青空の下、青山高校の防災訓練が行われました。1923年の関東大震災が発生したのが9月1日。1960年にはその日を忘れず、これからの教訓に生かしていくために「防災の日」と制定されました。

 

3階建ての構造を持つ青山高校の学生寮では、日々多くの生徒とハウスマスターが生活をしています。防災に対する危機意識は、平穏な日常生活に中に埋もれていくものです。定期的な防災訓練は、一人ひとりの気持ちを引き締め、災害の未然防止につながります。

 

今回は通常の消火訓練に加えて、消防車を使った寮での消火シミュレーションも行いました。目の前で繰り広げられる消火作業の光景は、想像以上に生々しく、絶対にこのようなことが起きぬようにと気持ちを引き締める生徒と教職員一同でした。

 

 

1 / 212
2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のブログ記事