ニュース

2019年7月の記事一覧

【放送部】全国大会優秀賞 第66回NHK杯全国高校放送コンテスト

クラブ活動 ニュース  2019年7月25日 木曜日 20:06

2019年7月25日、東京のNHKホールにて第66回NHK杯全国高校放送コンテスト決勝大会が開催されました。全国1800校の参加した大会で、三重県代表の青山高等学校 放送部のテレビドキュメント作品が優秀賞(3位入賞)を獲得しました。放送部ドキュメント作品としては初の全国大会決勝進出です。

 

放送部はこれまで13年連続で全国大会に出場しており、2014年にはラジオドラマ部門で準優勝、2015年にはラジオドラマ部門で全国優勝を果たしました。今回は、4年ぶりの決勝進出となり、NHKホールで制作した番組が上映されました。

 

優秀作品は、8月14日にNHKの”Eテレ”で全国放送される予定です。

 

 

 

1週間後も全国へ

また、放送部は7月31日に開催される「第43回全国高等学校総合文化祭2019」佐賀大会にも出場します。放送部のアツい夏は続きます。

 

 

全国大会出場部門

 

・テレビドキュメント部門

「変わりたい。」優秀賞(全国3位)

青山高等学校で毎年開催される、1年生対抗スピーチコンテストの様子を取材しました。入学してからたった1ヶ月で開催されるスピーチコンテストを通して、関わった1年生の成長や先輩の様子を取材しました。

 

・ラジオドキュメント部門

「たった一人の野球部員」制作奨励賞

たった一人になってしまった野球部から、部員を集めて公式戦出場ができるようになっていった様子を取材しました。

 

・朗読部門

ヘッセ著「デーミアン」を朗読しました。7月31日に開催される全国高校総合文化祭2019にも出場します。

 

 

■NHKコンテストホームページ

https://www.nhk.or.jp/event/n-con/

 

■放送部Instagram

https://www.instagram.com/a_rajiii/?hl=ja

 

■放送部Twitter

 

【サークル活動】すぐそこに熱中できることがある幸せ 男子寮でのサークル活動をご紹介します

小さな活動が実を結ぶ

 

熱中できることがあるって幸せなことです。例えそれが小さな規模であったとしても、同じ分野に興味を持ち、一緒に活動しながら話に花を咲かせるのは楽しいものです。

 

数年前から本格的に活動が始まった青山高校のサークル活動。今や大所帯になったサイエンス部も初めは小さなサークル活動からスタートしました。今年度からサークル活動は、より身近な学生寮にも場所を移し、趣味嗜好から始まる個性の発掘に注目しています。

 

めきめきと実力を上げてきている将棋、電子レンジと触媒を使った一見怪しい雰囲気が漂うプラズマ実験、天体観測にフラワーアレンジメント、フォトグラフィック。そして茶道等々。

 

今や部活動との掛け持ちをする生徒も多くなってきているサークル活動は、新たな自分の才能に気づく大きなきっかけにもなっているのです。

 

 

 

【和太鼓部】梅雨空も吹き飛ぶくらいの熱量 松阪市にて開催された祇園まつり三社みこしに参加しました

クラブ活動 ニュース ミュージック  2019年7月17日 水曜日 22:00
平安時代からの伝統に色を添えて

 

なかなか明けない梅雨模様。今年の夏は例年に比べて涼しくなると予想されているようです。1学期も残すところ1週間余りとなった7月13日(土)、三重県松阪市で開催された祇園まつり三社みこしに和太鼓部が参加しました。

 

あいにくの雨模様になりましたが、伝統ある祇園まつり三社みこしの活気は変わらず、多くの方々で賑わいました。三社みこしでは、八雲神社(日野町)、松阪神社(殿町)、御厨神社(本町)の3神社からみこしが繰り出し、市中心部の商店街などを勇壮に練り歩きます。起源は平安時代に遡るといわれています。

 

力強いみこしに色を添えるのが、青山高校の和太鼓の演奏です。曇天を吹き飛ばすくらいの勢いで打ち鳴らされる鼓動に会場はヒートアップ。へとへとに疲れながらも充実した面持ちを見せる和太鼓部員でした。

 

 

 

 

関連リンク

松阪祇園まつり三社みこし

https://matsusaka-gionsan.jp/

 

 

 

【まんが部】アニメやイラストが好きならここしかない! 趣味から一歩踏み出して 自分の個性と作品を発信してみませんか

アート クラブ活動 ニュース  2019年7月16日 火曜日 22:50
人気のまんが部をご紹介します

 

日本が誇る文化は数あれど、常に先端を行くのはアニメーションや漫画ではないでしょうか。青山高校には美術部とまんが部があり、特にイラストやアニメが好きな生徒がまんが部に集まって活動しています。

 

パソコンでタブレットを使ってデジタルに作画、彩色をすることはもちろん、定期的に部誌を発行し自分の作品を外に向けて発信しています。顧問の先生もまんがが大好きで、日々一緒に活動しています。

 

最近は有名な映画作品の展覧会や漫画家の先生の個展にも積極的に出向き、最先端の技術を知ったり、見聞を深めています。まんがやイラストが好きなら趣味で終わらせるのはもったいない!自分の個性を爆発させて、思い切って作品を発信してみませんか?

 

【大学見学ツアー】卒業後に立つステージに思いを馳せて 2年生38名が名古屋大学と名城大学のキャンパスツアーに参加しました

キャリアデザイン ニュース 学校生活  2019年7月11日 木曜日 22:18
あっという間に過ぎゆく1学期

 

時の流れは早く、令和元年の1学期がまもなく過ぎゆこうとしています。日本全国から青山高校に県外留学をし、勉強に部活・サークル活動に、そして学校行事と忙しい毎日を送る青山校生です。

 

7月11日(水)、愛知県名古屋市にある名古屋大学と名城大学に、青山高校の2年生38名がキャンパスツアーに参加しました。自分の目でキャンパスの雰囲気を知ることはとても大切なことです。

 

入学したときに思い描いた夢や将来への思いは、日々の生活でより一層強くなることもあれば、全く違うものに変化することもあります。高校生活は人生の通過点。卒業後に自分自身が立っているステージを思い描きながら、思い思いにキャンパスを巡ります。大きな刺激を受けて、真剣に説明を聞く姿が印象的なキャンパスツアーになりました。

 

 

 

関連リンク

名古屋大学

http://www.nagoya-u.ac.jp/

名城大学

https://www.meijo-u.ac.jp/

 

【薬物乱用防止教室】社会環境の変化と共に 薬物乱用の危険性に警鐘を鳴らす 生徒一人ひとりがしっかりとした認識を持つために

ニュース 学校生活  2019年7月10日 水曜日 22:20
忍び寄る薬物乱用の危険性を知る

 

「自分には関係ない」そういった思い込みが大きな落とし穴となり、犯罪や事故は自身の身に降りかかります。青少年の薬物乱用に関するニュースを見聞きすることが多くなっている昨今、それは他人事ではなくいつの間にか背後に忍び寄る可能性を持っているのです。

 

文部科学省が奨励する薬物乱用防止教室は、平成10年から日本全国で開催をされています。青山高校は寮生活であり、より一層自分自身の生活管理が求められます。しっかりとした知識を備えることは、自分自身を守ることでもあるのです。

 

専門家の講師の方に来校いただき、大食堂で全校生徒に向けた講習が開催されました。実例を挙げながら薬物乱用の怖さを知る機会に、いつもより身が引き締まるような面持ちの生徒たち。自分自身の生活管理の大切さについて考えさせられる時間になりました。

 

 

 

 

関連リンク

文部科学省 薬物乱用防止教育

http://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/hoken/1353626.htm

 

日本学校保健会 薬物乱用防止教育

http://www.hokenkai.or.jp/3/3-1/3-1.html

 

【和太鼓部】七夕に太鼓の鼓動で笑顔と元気を伝えよう! 今年も高齢者介護施設をお伺いしました

人生の大先輩に元気を届けよう

 

年を重ねるごとに、校外に出て演奏する活動が増えている青山高校和太鼓部。着実に部員も増え、1年生が演奏に加わり力強い鼓動も迫力を増しています。

 

和太鼓の大会に出場するだけではなく、地域の催し物やボランティア活動にも力を入れています。例年、高齢者介護施設を訪問し、より一層元気と笑顔になっていただくことを願って和太鼓を演奏しています。

 

力強い和太鼓の鼓動は、その演奏を目の前にするとより一層迫力が伝わり、まるで胸の奥に直接音が飛び込んでくるようです。人生の大先輩の方々の笑顔と喜んでいただける姿を見て、より一層演奏に熱が入る和太鼓部員でした。

 

 

【生徒会】令和元年の七夕に願いを込めて 生徒それぞれの願いを短冊に綴り 笹飾りを行いました

その他  2019年7月6日 土曜日 22:00
笹のように真っすぐと

 

日本人はおそらく誰しもが七夕の笹飾りを経験します。願いを短冊にしたためて、今年も生徒会が中心になり、青山高校生のそれぞれの思いを笹に飾ります。笹は真っすぐに伸びるという性質があることから、天界にいる神様やご先祖様に願い事が届きやすいと信じられています。

 

青山高校生はどんな願いを短冊に綴ったのでしょうか。希望する大学進学への祈願や自分の欲しいもの、友達同士の関係がいつまでも続くことを祈ったり、地元を離れて寮生活を過ごすことで実感している保護者への感謝の気持ちを書き綴る生徒もたくさんいます。

 

明日は七夕。短冊に込めた思いが天に届くことを祈りたいと思います。

 

 

【サークル活動】趣味嗜好を生かして個性を輝かせよう 女子寮でのサークル活動をご紹介します

十人十色の個性と輝き

 

スポーツに文化系、青山高校には多くの部活動があります。広大な敷地と通学時間がない寮生活ならではのゆとりある時間で部活動に打ち込めるのが特徴です。

 

そして、もっと自由にもっと趣味嗜好を生かした活動としてサークル活動に取り組んでいます。部活動よりも少ない人数で構成されることが多いサークル活動ですが、同じ趣味嗜好の生徒が集まり、和気あいあいと楽しむ姿が見られます。

 

今回は女子寮をメインとして活動しているサークルの様子をご紹介します。英会話に茶道、デザインアートにフラワーアレンジメント、そしてクッキングやお菓子作り等々、定期的に生徒が集まり楽しい時間を過ごしています。部活動とサークル活動を掛け持ちする生徒も多く、積極的に校外にも活動の場を広げています。

 

十人十色の個性があります。サークル活動を通じて友達の輪(サークル)が広がり、一人ひとりの個性が輝いています。

 

 

 

【ボランティア活動】ありがとうの一言で生まれる笑顔 地域の方々との触れ合いを通じて より自発的にそして主体的に! 

ニュース ボランティア活動  2019年7月1日 月曜日 12:00
地域の方との触れ合いを大切に

 

日々、寮生活を送っている青山校生。校内で過ごす時間だけではなく、校外に出て活動する時間が多いのも大きな特徴といえるでしょう。スポーツ・文化部以外に、ボランティア活動にも力を入れています。積極的にボランティアに参加する活動が実を結び、今では地域のイベントに呼ばれることも少なくありません。

 

6月下旬、津市のメッセウイングみえにて開催された「晴レルヤフェスタ」でのボランティア活動もそのひとつです。青山高校の放送部、和太鼓部、フラワーアレンジメントサークルが参加し、多くの来場者が楽しいひとときを過ごせるように尽力しました。

 

ボランティア活動では、多くの人に出会い、自分もこうありたいという目的や気づきが得られます。より自発的に、そして主体的に。青山高校でボランティア活動に参加をする有志生徒は年々増えています。

 

 

 

 

 

2019年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のブログ記事