ニュース

2019年5月の記事一覧

【サイエンス部】来るべき9月の地区大会に向けて 愛知工業大学自由ヶ丘キャンパスにてETロボコン技術教育を受講しました

クラブ活動 サイエンス ニュース  2019年5月28日 火曜日 19:00
モデリングの概要と設計を知る

 

ETロボコンとは、LEGO Mindstorms™を使い、決められた走行体で指定コースを自律走行する競技です。組込みシステム分野における技術教育・人材育成をテーマとしたロボットコンテストで、分析・設計をしたソフトウェア技術を競います。

 

その歴史は長く、今年で通算18回目の開催となります。来たるべき9月の東海地区大会に向けて定期的に技術教育が開催され、5月25日(土)愛知工業大学自由ヶ丘キャンパスにて青山高校サイエンス部の男子生徒2名が講習を受けました。1名は今年入学したばかりの1年生です。

 

技術教育では、大きく「モデリングの概要と開発プロセスに沿った設計作業」「実際に開発する時に考慮することとは」「モデリングして設計する上で重要なポイント」の3つの分野の講義が行われました。

 

総計6時間に及ぶ技術教育を終えました。大学生や一般企業からの参加者に交じって、その真剣な雰囲気に圧倒されながらも真剣に受講する2名の姿がありました。途中でアプリケーションが上手く起動しないアクシデントもありましたが、スタッフの方々にレクチャーしていただき無事に技術教育を修了しました。

 

同じ三重県から参加された津市の企業の方々と知り合うこともでき、今回の技術教育で自分たちの勉強不足を痛感したこともあって、帰校までの途中で専門書を探す姿も見られ、とても良い刺激を受けました。

 

 

関連リンク

ETロボコン公式HP

https://www.etrobo.jp/

【学園祭実行委員】6月の青山祭に向けて熟練の接客とホスピタリティを学ぶ 猪の倉温泉にて有意義な研修になりました

6月15日の青山祭に向けて

 

青山高校の周辺は自然が豊かで、避暑地をはじめとして、カントリークラブや天然温泉にも恵まれています。青山高校の名称の由来である青山高原は、数十基の風力発電の風車が回るロケーションとしても有名です。

 

青山高校では、6月15日の青山祭に向けて実行委員が結成され、着々と企画と準備に取り掛かっています。5月27日(月)実行委員の高校2年生の男子2名が、積極的にホスピタリティの研修に参加しました。今回の研修を担当していただくのは、猪の倉温泉の代表取締役である岡田さんです。貴重な機会を作っていただきました。

 

毎日、他県から来られる多くの観光客の方々や地元のお客様の対応をされているプロの視点と接客指導は、長年の実践で錬磨されてきたものです、接客マニュアルを使っていただき、模擬店等の経営に至るまで質疑応答とアドバイスをいただきました。

 

一朝一夕に身に付くものではないホスピタリティ。今回教えていただいたことは、日々の寮内委員会活動でも生かせるものです。学んだことを今度は多くの青山高校生に伝え、活気に満ちた青山祭を作り上げていきましょう!

 

 

関連リンク

猪の倉温泉公式サイト

https://inokuraonsen.jp/

 

【ボランティア活動】経験を通じて得られるものの大切さ 地域振興と多くの方々との触れ合い ボランティア活動をご紹介します

ニュース ボランティア活動  2019年5月23日 木曜日 19:28
ボランティア活動にも積極的に

 

5月12日(日)18日(土)の両日、三重県津市で開催された「しらさぎフェスタ」と「津市物産まつり」に本校の生徒がボランティアとして参加しました。津市の魅力を発信し、地域振興に貢献できるボランティア活動は、毎年多くの有志生徒が参加し、主催者や来場者の方々に感謝の言葉をいただいています。

 

ボランティアに参加した生徒たちは、運営のサポートとして物産の販売の補助や来場者の案内、そして清掃活動を行います。晴天に恵まれた両イベントでは、多くの方々と触れ合い、多くの温かい言葉をかけていただきました。地域の方々との交流を通じて、貴重な経験ができました。

 

寮生活で培われたチームワークとホスピタリティが青山高校生の強みです。寮生活だからこそ、外に目を向けて、積極的に外に出る活動に力を入れています。

 

 

関連リンク

しらさぎフェスタ

http://www.tsukanko.jp/event/1006/

津市物産まつり

http://www.tsukanko.jp/event/783/

 

【eSPORTS】自分の脳力を活かせ Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2019オンライン予選に出場

クラブ活動 サイエンス ニュース  2019年5月21日 火曜日 20:33
eSPORTSは〝脳〟力の戦いだ

 

一定のルールに従い、身体能力を使って競技をすることをスポーツの定義とするならば、身体の一部である脳を最大限に駆使した競技もスポーツと定義できるのではないでしょうか。平成時代に生まれた「eSPORTS」の動きは活発になり、日本国内でも熱い競技が繰り広げられています。

 

青山高校サイエンス部の中に生まれたeSPORTSの息吹。昨年12月に行われた初の高校生全国大会に出場し、着々と活動を続けています。5月18日(土)コカ・コーラ社がトップスポンサーとなって開催されたSTAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2019のオンライン予選に出場しました。

 

新たに1年生の部員を迎え、総勢6名で挑んだオンライン予選は、残念ながら予選敗退という結果になりました。さらなる研究と戦略性、技術の向上が求められることを実感した予選内容でした。悔しさをバネにどんどんと大会に出場し、青山高校eSPORTSの活動を盛り上げていきましょう!

 

 

関連リンク

STAGE:0 全国高校対抗eスポーツサイト

https://stage0.jp/

 

【放送部】津市郷土芸能ふれあいフェスティバル2019で総合司会を担当しました

クラブ活動 ニュース パフォーマンス  2019年5月20日 月曜日 20:30
臨機応変が求められるステージにて

 

2019年5月19日(日)三重県津市「サンヒルズ安濃」で開催された、令和元年度”郷土芸能ふれあいフェスティバル”に、青山高等学校放送部が参加しました。放送部の4名の生徒が、総合司会を担当しました。

 

ふれあいフェスティバルは、津市の郷土芸能を伝承していくためのイベントで、毎年開催されています。和太鼓、踊り、吹奏楽、獅子舞、フラダンスなど多種多様なステージが披露されました。また、ホール中庭では地元物産販売や食のふるまいなどもありました。

 

学校の文化祭と違い、リハーサルなし本番のみのステージです。何が起こるかわからない状況で、放送部の司会が臨機応変に対応しながらステージを進めていきます。ホールのスタッフさんや津市のスタッフの方とその場で打ち合わせをしながら運営をしていきました。普段の学校行事で、イベント運営に慣れている部員たちは、急な変更にも柔軟に対応していました。

 

フェスティバルの様子

 

部員の影アナからスタート

 

津市長も登場

 

出演者、スタッフのみなさんお疲れ様でした。

 

 

放送部ツイッター

 

普段の活動や学校の様子も随時アップしています。ぜひフォローしてください。

 

 

【看護体験】みえ看護フェスタ2019に参加 実技体験を通じて看護の重要性と命の大切さを知る

キャリアデザイン キャリア教育 ニュース  2019年5月16日 木曜日 19:00
経験に勝るものなし

 

5月11日(土)、三重県津市の県総合文化センターにて開催された看護フェスタに参加しました。看護分野の道に進むことに関心を持つ有志生徒が、実際に看護体験をし、看護の分野で働かれているプロの方々のお話を伺いました。

 

昨年同様に、体験ブースではAED救命措置、救急看護、老人体験、妊婦体験、沐浴体験等が設けられ、指導員の方々にサポートしていただきました。最初は所作が分からず、怖々と緊張の面持ちでしたが、徐々に体感で覚え笑顔も出てきました。

 

このような経験が糧になり、興味と関心を持ち続け、卒業時の進路で大学や専門学校の看護分野に進む生徒も少なくありません。高齢化社会でより一層看護と介護に携わる人材が求められる時代になっています。看護が必要な方々の悩みを知り、命の大切さを知る貴重な機会になりました。

 

 

 

【マナー研修】ホスピタリティのプロに学ぶおもてなしの心 リゾートホテルでのマナー研修を通じて得られたもの

キャリアデザイン キャリア教育 ニュース  2019年5月15日 水曜日 20:00
おもてなしの心を学ぶ

 

古くから日本の美徳とされてきたおもてなしの心。親から子へ代々受け継がれてきたおもてなしの心は、AIや人工知能の発展が目覚ましい昨今だからこそ、一層に求められていくものではないでしょうか。おもてなしは相手を思いやる心を持った人間特有の心遣いです。

 

5月14日(水)、三重県は初夏の晴天と額に汗が浮かぶほどの熱気に包まれました。昨年に引き続き、将来ホスピタリティの分野で活躍することを志す35名の生徒が県内のリゾートホテルを伺い、ホスピタリティのスペシャリストの方々に直接指導をしていただく機会に恵まれました。

 

マナーとは相手を思いやることに繋がります。寮生活を通じて、日本各地の人々と接する機会が多い青山高校の学校生活。日々の生活の中で、はたして自分自身は周りの人を思いやることができているのかと問いかけます。ホテルの食事では、料理の美味しさはもちろんのこと、そこで時間を過ごす方々にいかに楽しく、心地よい時間を過ごしてもらえるかという心配りが大切なのです。

 

「コミュニケーションを苦手と思うならば、もっと積極的に相手に向き合い、相手の表情や気持ちに興味を持つことが大事です。相手の気持ちを思うことがおもてなしの基礎です。そしておもてなしの心と同じように、夢や目標に向かって自分自身が近づきたいと思うなら、今やれることを見つけてすぐに始めてみることが大切です。」

 

今回の研修で感じたことを振り返り、生活の中で実践をしていきましょう。

 

 

 

 

【弁論サークル】三重県総合文化センターにて 文部科学大臣旗全国高校弁論大会三重県予選に出場しました

アカデミック サークル活動 ニュース  2019年5月14日 火曜日 12:30
自分の言葉で語りたいことがある

 

青山高校では部活動に加えて、サークル活動にも力を入れています。たとえ少数であってもこれまでの経験や興味を生かせる分野については積極的にサークル活動を勧めています。茶道サークルやeスポーツ等と同じく、弁論サークルも放課後や寮で活動を行っています。

 

5月12日(日)、三重県津市にある三重県総合文化センターにて第43回全国高等学校総合文化祭弁論部門への出場に向けた弁論大会県予選が行われました。予選に臨むのは3年生の男子です。新しく弁論サークルに加わった3名の1年生男子も、今後の糧とするべく県予選の空気を知り、多くの弁論を見聞しました。

 

4校からの出場となる予選大会はピンと張った緊張感に包まれています。本校から出場の男子は「ファッションに評価は必要か」について論じました。他校から出場された生徒の方々の弁論も相まって予選大会は白熱の接戦になりました。今回は惜しくも入賞を逃しましたが、多くのことを吸収し次につながる経験になりました。

 

 

 

【和太鼓部】清々しい青空に響く太鼓の鼓動 多くの1年生が加わり 元気いっぱい朝熊山太鼓演奏会に出場しました

クラブ活動 ニュース ミュージック  2019年5月13日 月曜日 08:30
新生和太鼓部よ、いざゆかん!

 

三重県伊勢市から鳥羽市に渡って広がる標高555メートルの朝熊山は、伊勢志摩国立公園の中に位置していて、日本百景に選ばれた名所です。「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と伊勢音頭の一節にも唄われています。

 

5月12日(日)、初夏の熱気に包まれた三重県伊勢市にて「朝熊山春まつり」が行われました。新しく入部した1年生11名を加えての大所帯となった青山高校和太鼓部。道中も賑やかに、朝熊山太鼓演奏会に元気に出場しました。

 

朝熊山太鼓演奏会では、日本太鼓財団三重支部に加盟している三重県の太鼓チームが演奏を披露します。快晴の初夏の青空いっぱいに明るく力強い鼓動が響き渡りました。清々しい汗と笑顔で演奏会を終えることができました。皆さん、お疲れ様でした!

 

 

関連リンク

伊勢湾フェリー

https://www.isewanferry.co.jp/publics/index/1/detail=1/b_id=1/r_id=505/

 

【国際交流】心通わす異文化コミュニケーション 第2回イングリッシュキャンプを開催しました

日本語から離れて分かること

 

イングリッシュキャンプでは、英語圏の方々と一緒に行う活動やレクレーションを通じて、異なる文化や習慣を学び、生きた英語を学びます。日本語を使わず、英語のみを使ってコミュニケーションを図ることで、自分自身の英語力を最大限に引き出す効果があります。

 

青山高校では、通常の授業の枠を超えて、さらに積極的に英語に触れ合う取り組みとして「国際交流部」や「英会話サークル」を設けています。そして5月11日(土)、今回は部活動やサークルの枠組みに縛られずに、1年生が中心になってイングリッシュキャンプに参加しました。

 

ネイティブの先生の方々はとても親切に、そして丁寧に楽しくグループを引っ張ってくれました。今まで英語だけを使ったコミュニケーションの経験がない1年生も少なくありません。それでも身振り手振りを加えながら、自分の思いを相手に伝えようとする中で、自然と距離が縮まり、笑顔や笑い声が弾けました。

 

英会話でもっと広い世界に飛び出すことができます。言葉の壁はありますが、伝えようとする気持ちがあれば英語を使うのが楽しくなり、言葉すら超越したコミュニケーションと信頼関係が生まれます。非常に充実したイングリッシュキャンプになりました。

 

 

1 / 212
2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のブログ記事