ニュース

2019年1月の記事一覧

【リーダー研修】3年生から1、2年生へ 次世代のリーダー達へ寮運営のノウハウの継承が行われました【キャリアデザイン】

継応開来(けいおうかいらい)を重ねる

 

1月末で青山高校の3年生は退寮となります。3年間の寮生活は喜怒哀楽すべてを経験し、同世代の高校生よりもはるかに強く、はるかに優しい人格を作り上げました。

 

青山高校は全寮制で、寮の運営は生徒の自主性に委ねられています。先週から今週にわたり、3年生から1、2年生に寮運営のノウハウの継承が行われています。

 

寮の進むべき方向性を考えて、次世代のリーダー達には各委員会活動や室長などの組織を整えるために必要な知識やスキルが何かを、自分自身の経験を通じて伝えます。各委員会活動長に向けては、目標に向けてどのように活動を具体化していくのかについても研修が行われました。

 

「継応開来(けいおうかいらい)」という言葉があります。先人から事業を引き受け、これを発展させながら未来を切り開くという意味です。このように青山高校では、実践を行う前に専門的な研修を積み、より効果的な成果が出せるような教育を行っています。

 

 

 

【美術部】日々の創作活動に刺激とアイデアを 第38回私学展に出展しました 

アート クラブ活動 ニュース  2019年1月28日 月曜日 08:30
全ての行程を生徒自身で行います

 

〝夢の第一歩は魅力あふれる三重の私学から〟1月17日(木)~20日(日)の期間で、三重県立美術館にて第38回私学展が開催されました。私学展は、私立学校における日常作品の出展によって、美術・書道・写真の技術の向上を図ると共に、生徒の交流を促進し、私学の芸術教育の振興を目的として、毎年開催されています。

 

青山高校の美術部は、専用の芸術棟で日々絵画や陶芸づくりに取り組んでいます。今回は、青山高校の美術部26名が作品を出展しました。作品展示の搬入、準備から、後片付けまでの全て行程を自分たちで行いました。そして多くの来場者の方々に作品を見ていただけたことは、今後の創作活動への意欲に繋がりました。

 

私学展は他校の作品を数多く観賞できる貴重な機会です。参加した部員からは「とてもいい刺激になりました。自分たちにはない感性やアイデアを垣間見ることができ、普段の作品づくりに対する良い刺激を受けることができました」と話していました。

 

 

 

 

 

関連リンク

三重県私学協会公式

http://www.mie-shigaku.jp/

 

【ダンス部】1、2年生で編成された新チーム 第10回全国高等学校ダンスドリル選手権大会に出場しました

クラブ活動 ニュース パフォーマンス  2019年1月25日 金曜日 08:30
新チーム始動

 

1月17日から19日にかけて、東京都調布市にある武蔵野の森総合スポーツプラザにて、第10回全国高等学校ダンスドリル冬季大会が開催されました。3年生が抜けて、1、2年生で編成された新たなチーム。頼もしい先輩の背中を見て練習に励んできたことを胸に大会に臨みました。

 

結果は残念ながら入賞ならず!今回初めての1、2年のみのチームで全校大会に挑んだこともあり、不安と緊張を抱えていましたが、ダイナミックな演技で会場を盛り上げました。全国大会の熱気と強豪校の実力を体験し、悔しさは残りますが、貴重で有意義な時間を経験しました。

 

3年生から受け継いだ青山高校ダンス部スピリッツに、さらに自分たちのカラーを加えて、今後どのように進化していくか楽しみにしています!皆さん、お疲れさまでした。

 

※大会時のダンス風景については撮影不可の為、出場直前の練習風景を掲載させていただいております。

 

 

関連リンク

Miss Dance Drill Team International JAPAN公式

http://www.dancedrilljapan.com/index.html

【和太鼓部&放送部】平成30年度津市民文化祭  音楽部門 太鼓演奏に出演しました

寒い冬こそ、熱き鼓動を

 

2019年1月20日(日)に、三重県津市のサンヒルズ安濃ハーモニーホールにて「津市民文化祭 音楽部門 太鼓演奏」が開催されました。

 

その日の津市民文化祭では、市内の和太鼓チーム11団体が出演し、伝統の太鼓演奏を披露しました。青山高校からは和太鼓部”葵”が出演し、「兵(つわもの)」「瑠璃拍子(るりびょうし)」「和太砲(わだいほう)」の3曲を披露しました。また、文化祭の司会進行は青山高校放送部が行い、イベントを大いに盛り上げました。

 

昨年から県外に出て幅広い地域で活動に取り組んでいる和太鼓部。次回は3月に福島県で開催される第21回日本太鼓ジュニアコンクールにも出場予定です。

http://www.nippon-taiko.or.jp/whatwedo/junior/21.html

 

 

 

◆青山高校放送部twitter
https://twitter.com/aoyama_bc

 

【国際交流部】新年はじめての英語の読み聞かせ 英語を通じてコミュニケーションの楽しさを伝えます

クラブ活動 グローバル ニュース  2019年1月21日 月曜日 08:30
読み聞かせを通じて自己の表現力を磨きます

 

1月16日(水)、国際交流部が北口保育園で英語での読み聞かせボランティアを行いました。新年が明けて、最初の読み聞かせになります。定期的に地域の保育園を伺い、ボランティア活動を続けています。

 

ALT(外国語指導助手)のピーター先生の指導の下、どのような内容の本を読み聞かせたら、英語に親しみ楽しんでくれるのか考え練習を重ねています。英語を使ったスピーチトレーニングや英語検定に向けた学習と並行して、英語の楽しさを広く伝え、自分自身の表現力を磨きます。

 

練習の甲斐があって、保育園児は手を上げるなど楽しく参加をしてくれました。たくさんの園児に元気と笑顔をいただき、これからも英語を通じて地域と交流を深めていきたいと思う国際交流部でした。

 

【キャリアデザイン】在校生を対象にしたホスピタリティ・コーディネーター講座を開催 おもてなしの心を育む 

日本のホスピタリティリーダー育成に取り組む

 

1月13日(日)、青山高校校内にてホスピタリティ・コーディネーター資格認定講座が開催されました。おもてなしの心をもって相手に接すること。青山高校では、在校生に向けて定期的にホスピタリティ講座を開催し、次世代のホスピタリティリーダーの育成に努めています。

 

青山高校は日本ホスピタリティ推進協会が認定する講師が複数名在籍しており、経済産業省が推奨するアソシエイト・ホスピタリティ・コーディネーター資格を生徒が取得できる教育機関でもあります。今回の講座では、座学にとどまらずロールプレイングや即興劇を行いながら、実践的なホスピタリティを身につけていきました。

 

ホスピタリティは、相手の目線に立ってお互いの信頼関係を築くことで、共にその場でしか生まれない新しい価値観を作り上げていきます。個人から個人へ、個人や組織からより大きな地域社会や地球環境へと発揮されていきます。

 

今回の講座では、資格を取得することはもちろんですが、お互いの良さを認め合い、それを生かしながら世の中を新しい価値で高めていくことの大切さを知る貴重な機会となりました。

 

 

関連リンク

日本ホスピタリティ推進協会

http://hospitality-jhma.org/wordpress/

経済産業省~おもてなし規格認証~

http://www.meti.go.jp/press/2016/08/20160825001/20160825001.html

 

 

 

 

 

 

 

【サッカー部】新デザインのユニフォームを身にまとい 三重県高校サッカー新人大会に出場しました

クラブ活動 スポーツ ニュース  2019年1月16日 水曜日 08:30
寒風吹きすさぶ中で

 

1月に入り三重県はさらに寒さが厳しさを増しています。1月12日(土)、三重県桑名市のNTN総合運動公園サッカー場にて、高校サッカー新人大会地区予選が開催されました。

 

寒風吹きすさぶ中、1年生、2年生で構成された青山高校イレブンが桑名西高校と対戦しました。新年に合わせるかのように、青山高校サッカー部のユニフォームのデザインも一新。3年生が大学受験などで部活動を終えた中、新ユニフォームに身を纏った新イレブンがフィールドを駆け巡りました。

 

結果は1対7で青山高校が敗れました。悔しさが残る内容になりましたが、ここでの経験を生かして次の試合に向けて練習に励みましょう。新チームの活動は始まったばかりです!

 

 

 

関連リンク

JFA公式ホームページ(三重県高校サッカー新人大会)

http://www.jfa.jp/mie/match_mie/2018_Rookie_highschool_mie/

 

 

 

【サイエンス】第4の物質であるプラズマについて知ろう 化学大好きな先生によるプラズマ教室を開催!

クラブ活動 サイエンス ニュース 学校行事  2019年1月14日 月曜日 08:30
化学好きを集めてプラズマ実験教室を開催

 

プラズマという言葉を耳にすることは多いと思います。プラズマテレビにプラズマ空気清浄機、映画やアニメ等のフィクションの世界でもよく出てくる言葉です。それでは一体プラズマとは何なのでしょうか?

 

プラズマとは、固体・液体・気体に続く「第4の物質」と呼ばれています。気体をさらに熱していくと、物質を構成している原子がバラバラに分離して、プラスとマイナスの荷電粒子になって漂います。この状態をプラズマと呼んでいます。

 

言葉で説明するよりも実際に実験したほうがずっと印象に残ると、化学大好きなサイエンス部の顧問今村先生が、率先して実験を行っています。今回はオープンキャンパスのクラブ体験ブースにて、今村プラズマ教室が開催されました。

 

塩化ナトリウム(食卓塩)と炭素(シャープペンシルの芯)を使って、家庭用の電子レンジでプラズマ発生を行います。プラズマになる時の温度は4000度に至りますが、ビーカーのガラスで直ぐに冷却されるため、このような実験が可能になります。独特のオレンジ色の発行が印象的です。

 

プラズマは、高速道路を明るく照らすナトリウムランプとして身近に使われています。北極で見られる大自然の光のカーテンであるオーロラもプラズマ発光の一種なのです。

 

 

【新年のご挨拶】新年あけましておめでとうございます 心新たに新学期が始まりました 

その他 ニュース  2019年1月8日 火曜日 09:03
新年あけましておめでとうございます

 

皆様におかれましては、輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
旧年中は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。今年も新年度を迎え、心新たに新学期をスタートいたします。

 

青山高等学校は、全寮制教育の特性を活かし、自らの個性を輝かせ、世のために尽くし、使命を果たすことができる人物の育成に取り組んで参ります。寮生活を通じて、協調性ある人間関係力を築き、礼儀と忍耐力を身につけ、世の一隅を照らすにふさわしい人間力を育てて参ります。

 

皆様にとりまして、健康で幸多き一年となりますことを心からお祈り申し上げまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

青山高等学校長 岡島義信

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031