ニュース

2018年11月の記事一覧

【軽音学サークル】聴くだけが音楽じゃない 仲間と一緒に練習しセッションする楽しさ 軽音楽好きの生徒集まれ!

サークル活動 ニュース ミュージック  2018年11月29日 木曜日 22:08
第3の音楽活動をご紹介します

 

吹奏楽部、ミュージックアカデミーサークルに続く第3の音楽活動が軽音サークルです。9月の記事でティーンズミュージックフェスへの参加をご紹介させていただいたのは記憶に新しいところです。

 

青山高校は文化行事がとても多いことが特徴です。音楽活動の発表の機会も多く、軽音楽部も有志が集まって精力的に練習をしています。ミュージックフェスなどの外に出る活動にも目を向けています。

 

軽音楽を聴くのは好きだけど、ギターは弾いたことがないというそこのあなた!大丈夫です。軽音サークルの多くの生徒が高校に入学してから初めてギターに触りました。寮生活を生かし、先輩後輩の垣根を越えて、ときには教え合い、ときには競い合ってスキルを高めています。軽音サークルは一緒にセッションしてくれる部員を大募集中です。

 

 

【市民マラソン&ボランティア】第21回ひさい榊原温泉マラソンにチャレンジ 爽やかな秋の風を感じながら気持ちよい汗を流しました

運動の秋にちなみまして

 

11月18日(日)、秋の清々しい晴天に恵まれるなか、第21回ひさい榊原温泉マラソンに参加しました。今回はボランティアスタッフとしてだけではなく、ランナーとしても出場しました。ひさい榊原温泉マラソンとは、地元を始め、全国から集まったランナーが、秋の自然が美しい榊原温泉郷を走るマラソン大会です。

 

眼前に広がるのはどこまでも澄み切った空、そしてのんびりとした田園風景です。爽やかな秋の風を肌で感じながらマラソンコースをひた走ります。青山校生は、普段からアップダウンに富んだ自然豊かな校内敷地内で鍛えられた健脚が自慢なのです。

 

またボランティアスタッフとして、ランナーの受付やゼッケンの配布など多岐に渡る業務を手伝わせていただきました。マラソンの後は、参加賞としてお渡しする日帰り入湯券でゆっくり温泉につかって心と体のリラクゼーションを体感しました。

 

【進路ガイダンス】2年生対象の系統・分野別の進路説明会を実施しました 自分が取り組みたいことを見つけるために

その他 ニュース 入試情報 学校生活  2018年11月23日 金曜日 08:30
あっという間に駆け抜けていく2年間

 

今年も残すところ1か月余り。そして高校最後の年が目前に近づいている2年生です。目をつぶれば入学当初のことを今も鮮明に思い出せるのではないしょうか。11月19日(月)、本校2年生を対象に、来年の学部学科選択に向けて進路ガイダンスを開催しました。

 

今回の進路ガイダンスは、系統・分野別に分かれていて、各方面の大学や専門学校から先生方をお招きし、貴重なお話と丁寧なアドバイスを聞かせて頂きました。とても貴重な時間です。参加した2年生は、皆真剣に先生方の話に耳を傾けています。

 

参加生徒の中には、既に大学のオープンキャンパスに参加する等、積極的に活動している生徒も見受けられます。資料やホームページを見るだけでは得られない、貴重な生の声を伺うことで、より一層自分がどのような事を学びたいのか、そしてそのためにどのような進路を選択しなければいけないのかが分かってきます。今回の進路ガイダンスの機会を活かし、より自分の夢にかなった進路選択をしていこうと思いました。

 

ご協力いただきました大学と専門学校の講師の皆様に深く感謝いたします。

 

【放送部】第38回近畿総合文化祭で優秀賞獲得!「描くということ」

アート その他 ニュース パフォーマンス  2018年11月21日 水曜日 08:30

平成30年11月18日(日)、徳島県立 21世紀館イベントホールで開催された”第38回近畿総合文化祭”のビデオメッセージ小部門で青山高等学校放送部が優秀賞を獲得しました。

 

優秀賞を獲得したのは、創作テレビドラマの「描くということ」です。絵が描けなくなった美術部員の主人公が、進路や友人関係に悩みながら”描く”ことを取り戻すストーリーです。

 

 

 

美術部全面協力で完成

 

今回は、美術部を題材にしたお話ということで美術部全面協力で撮影を行いました。ストーリーの途中で登場する重要な2つの絵は、美術部員の1年生に台本をイメージして描いてもらいました。また、ストーリー上、絵が汚されてしまうシーンがあり、撮り直しができないため緊張した撮影となりました。

 

 

制作は1年生を中心に

 

作品を作り上げたのは、ちょうど楓フェスティバルの準備で忙しい時期でした。実行委員等で2年生が動けない中、1年生を中心に脚本・編集・撮影を行いました。美術部さんと調整やスケジュールマネージメントなど、初めて経験することばかりでしたが、苦労して作り上げた作品が受賞することができて大変喜んでいます。

 

 

近畿の高校が集う文化祭へ

 

近畿総合文化祭は、近畿2府8県の文化部が集まって行う文化祭です。放送部門以外にも、吹奏楽、郷土芸能、書道、演劇、新聞など多種多様な部門があります。郷土芸能部門には青山高校和太鼓部も参加しました。

 

 

放送部インスタグラム

放送部Youtubeチャンネル「aラジ」

 

※次回は11月22日に#15「楓フェスティバル反省会SP」をアップします。こちらもご覧ください。

 

https://www.youtube.com/channel/UCVQxdge1hsPmCyhTR1wNB7w/videos

【ダンス部】平成30年度ダンスドリル秋季大会東海地区予選に出場 寮生活で磨き上げた熱いチームワークに括目せよ!

クラブ活動 ニュース パフォーマンス  2018年11月19日 月曜日 02:17
強いダンス部が帰ってきた!

 

11月18日(日)、晩秋の冷え込みが増す今日この頃、早朝から晴天に恵まれました。今日は愛知県名古屋市で開催されるダンスドリル秋季競技大会東海地区予選です。この日のために練習を重ねてきたダンス部一同。否が応でも気合いが入ろうってもんです!

 

ダンスドリルとは、繰り返し練習し統率されたダンスの総称であり、その中にいくつかのカテゴリーが含まれます。青山高校ダンス部がエントリーするのは、HIP HOP男女混成部門です。今大会は、特定非営利活動法人ミスダンスドリルチーム・インターナショナル・ジャパンによって主催されています。なんとアメリカ西海岸発祥のダンスドリルが日本に紹介されて35年目になるそうです。

 

 

さて気になるのは大会結果です。日々の練習とチームワークは実を結んだのでしょうか?

 

 

おめでとうございます!全国大会出場となりました!この喜びに浸るのもつかの間、ダンス部員の目は既に全国大会を見つめています。応援をよろしくお願いいたします。※大会時のダンス風景については撮影不可の為、出場直前の練習風景を掲載させていただいております。

 

 

関連リンク

Miss Dance Drill Team International JAPAN公式

http://www.dancedrilljapan.com/index.html

 

【和太鼓部】第38回近畿高等学校総合文化祭徳島大会へ 藍色の空に羽ばたけ文化の翼

クラブ活動 ニュース ミュージック  2018年11月16日 金曜日 20:00
和太鼓部、いざ徳島県へ

 

11月10日(土)、11日(日)の2日間、青山高校和太鼓部は徳島県に遠征しました。第38回近畿高等学校総合文化祭の郷土芸能部門で和太鼓の音色を響かせます。

 

今大会は「近畿は一つ」を合言葉にして、2府8県の高校生が互いの交流と研さんを深めるとともに、心豊かな人間性の育成を目指します。また、各地域の伝統文化の継承や新しい芸術文化の創造を通じて、高等学校等における芸術文化活動の振興に役立てられています。

 

10月からほぼ毎週のように外に出ての活動が続く和太鼓部。9日には青山高校最大の文化祭である楓フェスティバルで魂を込めた演奏を披露したばかりです。しかし連日の疲れもどこへやら、今大会の演奏で奨励賞をいただきました。おめでとうございます!

 

 

関連リンク

第38回近畿高等学校総合文化祭徳島大会

https://kinsoubun-tokushima.info/

 

 

 

 

【茶道サークル】一椀のお茶でつながる気持ち 1年生が中心になって生まれた新しいサークルを紹介します

アート サークル活動 ニュース  2018年11月14日 水曜日 08:00
日本の文化を大切に

 

少数でも新しい活動を応援したい。このような想いから新しいサークルの取り組みが始まってきています。今回、ご紹介させていただくのは「茶道サークル」です。1年生の男子が中心になって活動をしています。

 

茶道サークルを立ち上げたのは、1年生の中易君。入学してから、英会話、ボランティア等、色んな活動にチャレンジをしてくれています。そして幼少の頃から親しんできたのが茶道。流派は裏千家です。持ち前の物腰の優しさを発揮してとても丁寧に教えてくれています。

 

茶道は、日本古来から受け継がれ、自然体のままで季節感を大切にし「もてなし」と「しつらえ」を基本にした生活文化です。おもてなしの精神を茶事を通じて身に付けることができます。

 

でもシンプルにお茶を楽しむことも茶道の魅力ではないでしょうか。一椀のお茶を介して通じる気持ちって素敵ですね。青山高校の四季折々の景観も相まって、これから茶道を嗜む生徒たちが増えることを応援しています。

 

 

【2018楓フェスティバル】Canvas×Palette  みんなの個性を絵の具に見立てて 真っ白なキャンバスに思いきり夢を描こう 

青山高校最大の文化祭が始まる

 

11月9日(金)、三重県名張市青少年センターADSホールにて、青山高校最大の文化祭「楓フェスティバル」が開催されました。非常に多くの保護者の方々や、来賓の方々にご参加いただき、ホール全体が熱気に包まれました。

 

青山高校の大きな特徴は1年に3回の文化祭です。特に部活動やサークル活動で生徒一人ひとりの個性を伸ばし、活動や研究の発表の場として力を入れています。また文化祭は生徒自身が中心になって企画運営されています。一人ひとりが自分自身の役割を持ち、それに取り組むことで大きな成長を遂げていきます。

 

今回のフェスティバルのテーマは、「Canvas×Palette」。生徒一人ひとりの個性を多彩な絵の具に見立てて、真っ白なキャンバスに自分の夢を描いていきます。またフェスティバルを引っ張る実行委員は、絵の具を受け止めるパレットとして、縁の下の力持ちとしてフェスティバルを支えます。

 

サイエンス部、放送部を筆頭に、和太鼓・ダンス・吹奏楽・英会話といった部活動や、美術・マンガ・文芸・フォト・フラワーアレンジメント・国際交流・ビブリオバトル等の個性的なサークル活動が脇を固めます。発表や展示の場で活き活きとした表情を見せる生徒の姿がとても印象的でした。

 

今回は、その様子を写真ギャラリーとして掲載いたします。本日から11月の帰省になります。お集まりいただきました保護者の方々や関係者の方々に深く感謝を申し上げます。

 

 

写真ギャラリー

 

 

【和太鼓部・新聞サークル】第39回みえ高文祭に出場しました つなぐ~青春まいこませ!~をテーマに今の力をぶつけます

最近なにかと忙しい和太鼓部

 

秋は祭りの季節とあって、最近の和太鼓部はとても忙しく、外に出て演奏を行う機会が増えています。体調管理も万全に、11月3・4日に三重県総合文化センターで開催された第39回みえ高文祭に参加しました。

 

また今回は新聞サークルも出場しました。新聞サークルは青山高校にある3つの寮で、それぞれの持ち味を活かした寮生活新聞づくりをメインに活動をしています。

 

和太鼓は郷土芸能部門、新聞は新聞部門にて表彰が行われます。そして、和太鼓に負けじと頑張った新聞サークルが奨励賞で表彰されました。おめでとうございます!

 

和太鼓部は、来週の10日~12日にかけて、徳島県のあわぎんホールで開催される近畿高等学校総合文化祭に出場します。魂を込めて打つ太鼓の音は周りの方々の声援を受けてさらにヒートアップします。応援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

関連リンク

三重県高等学校文化連盟

http://www.mie-koubunren.org/

 

 

【吹奏楽部】楽しみながら健康の意識を高める 一志病院まつりにて大勢の観客の方々の前でステージ演奏を披露しました 

クラブ活動 ニュース ミュージック  2018年11月5日 月曜日 16:23
ステージ演奏を披露

 

青山高校の部活動は、外に出る活動が多いのも特徴の一つです。10月27日(土)、青山高校吹奏楽部は三重県津市にある県立一志病院が主催する「一志病院まつり健康のつどい」に参加し、ステージ演奏を披露させていただきました。

 

県立一志病院は、普段から生徒の通院などでお世話になっている病院です。健康のつどいは毎年開催されていて、地域住民の皆様に健康の意識を高めていただくとともに、地域一帯のふれあいの場所として非常に賑わいます。

 

今回、青山高校吹奏楽部が演奏したのは4曲。Deep Purple Medley 、Under the Sea [The Little Mermaid]、peace sign、そしてsing sing singです。総勢25名の吹奏楽部員が奏でる音色に、会場にお集まりいただいた多くの方々から惜しみない拍手が送られました。

 

 

1 / 212
2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のブログ記事