ニュース

ミュージックの記事一覧

【楓フェスティバル2019】今年のテーマはウルトラC 発表会を枠を超えて 奇跡と超展開のステージが繰り広げられました

令和の初めにミラクルを

 

11月16日(土)、三重県津市にある白山総合文化センターしらさぎホールにて、青山高校最大の文化祭「楓フェスティバル2019」が開催されました。在校生の保護者の方々や、オープンキャンパスにご参加をいただいたご家庭にもお越しいただき、活気に溢れた文化祭になりました。

 

今回のテーマは「ウルトラC」です。「ウルトラC」の語源は1964年の東京オリンピックに遡るといわれています。日本代表の体操選手が至難の技を次々に繰り広げる様子を表現する言葉として使われました。

 

文化・芸術の発表会という枠を超えて、一つのテーマの下に作られたステージへと変えていきたいという思いがありました。お越しいただいたお客様に満足していただくのは勿論のこと、楓フェスティバルを運営する青山高校の生徒全員がこの機会を通じて感性を磨こうと取り組んできました。

 

活発に動く生徒一同の姿に大きな歓声と拍手が生まれました。今日は11月の帰省日でもあります。十分な休養をとって、心身ともにリフレッシュし、11月20日の帰校日にはまた元気な顔を見せてください。また本日遠方からお越しいただきました在校生の保護者様、そしてオープンキャンパスにご参加いただいたご家庭の方々に深く感謝の気持ちを申し上げます。ありがとうございました。

 

 

 

【和太鼓部】商都まつさかの礎を築いた蒲生氏郷公を偲んで 松阪市の氏郷まつりに参加しました。

クラブ活動 ニュース ミュージック  2019年11月5日 火曜日 08:30
深秋の澄んだ空気に包まれて

 

三重県松阪市にて11月3日(土)に氏郷まつり2019が開催されました。11月3日は統計的に快晴になることが多く、晴れの特異日とも呼ばれています。そしてその呼び名の通り、深秋の澄んだ空気に包まれた晴れやかな一日になりました。

 

青山高校の和太鼓部は、例年この氏郷まつりで演奏を披露させていただいています。豪商のまち松阪の基礎を作り上げた戦国武将「蒲生氏郷」を偲ぶこの祭典は、非常に多くの方に愛され賑わいを見せています。

 

毎月のように遠征をし、大会に出場することが多い和太鼓部ですが、寮生活を送る三重の地で和太鼓を演奏し、多くの方々に喜んでいただくことも大きなモチベーションアップになっています。

 

【和太鼓部】元気を届けに そして元気を貰いに 高齢者介護施設を訪問し力強い演奏を披露しました

クラブ活動 ニュース ミュージック  2019年10月25日 金曜日 21:13
笑顔と元気を

 

先日の第9回西日本大会での演奏を終え、和太鼓部は恒例となった高齢者介護施設を訪問して演奏会を行いました。1年生もこの半年以上で色々な地域に遠征し、和太鼓演奏の技術を磨いてきました。前回よりもさらに力強い演奏が響き渡ります。

 

和太鼓の演奏を通じて多くの方々と触れ合い、笑顔と元気をいただいています。青山高校和太鼓部の西日本大会出場時の力強い演奏がYouTubeでご覧いただくことができます。毎年、着実に活動の場を広げている和太鼓部の鼓動を是非ご覧ください。

 

 

 

太鼓祭in愛知 第9回西日本大会

 

※青山高校の演奏は7分辺りに収録されています

【和太鼓部】太鼓祭in愛知 第9回西日本大会に出場 郷土芸能吟詠剣詩舞部との合同練習の様子もご紹介します

クラブ活動 ニュース ミュージック  2019年10月7日 月曜日 23:12
充実した和太鼓部の活動

 

10月6日(日)、愛知県みよし市の文化センター大ホールにて、和太鼓の西日本一位を決める「太鼓祭in愛知」が開催されました。青山高校和太鼓部も出場の切符を手に入れ、日々の練習で磨いた技量と熱い和太鼓魂を競いました。

 

大会前日の5日(土)には、郷土芸能である吟詠剣詩舞部専門部の方々との合同練習を行う機会に恵まれました。また来たる11月16日(土)に開催される青山高校最大の文化祭「楓フェスティバル」の発表に向けて、三重県明和町にある老舗の呉服屋さんの協力を得て、新たな装束のデザインを企画しています。

 

大会の結果は9位入賞になり、次回への課題と目標が見つかる機会になりました。青山高校和太鼓部は、毎週のように色んな分野で活躍される方々と出会い、貴重な経験を積み、充実した和太鼓活動を行っています。

 

関連リンク

一般財団法人 日本太鼓協会

http://www.taikojapan.com/

 

【吹奏楽部】三重県吹奏楽コンクール結果 C編成の部で優勝し 朝日新聞社賞を受賞しました

クラブ活動 ニュース ミュージック  2019年8月25日 日曜日 10:12
優勝おめでとう!

 

令和元年の夏。本格的な夏の暑さを取り戻した8月3日(土)、三重県文化センター大ホールにて、三重県吹奏楽コンクールが開催されました。夏休みで日本各地の故郷に帰省していた青山高校吹奏楽部員が三重県に集結し、気合を入れて大会に臨みました。

 

青山高校は高校C編成の部に出場し、見事優勝(朝日新聞社賞)を受賞しました。1年生の部員も6名出場し、大きな力になってくれました。青山高校の2学期は8月25日からスタートします。この結果を弾みに次の大会に向けて練習に取り組んでいきましょう!

 

 

関連リンク

三重県吹奏楽連盟公式ホームページ

http://www.ajba.or.jp/mie/

 

 

 

【和太鼓部】梅雨空も吹き飛ぶくらいの熱量 松阪市にて開催された祇園まつり三社みこしに参加しました

クラブ活動 ニュース ミュージック  2019年7月17日 水曜日 22:00
平安時代からの伝統に色を添えて

 

なかなか明けない梅雨模様。今年の夏は例年に比べて涼しくなると予想されているようです。1学期も残すところ1週間余りとなった7月13日(土)、三重県松阪市で開催された祇園まつり三社みこしに和太鼓部が参加しました。

 

あいにくの雨模様になりましたが、伝統ある祇園まつり三社みこしの活気は変わらず、多くの方々で賑わいました。三社みこしでは、八雲神社(日野町)、松阪神社(殿町)、御厨神社(本町)の3神社からみこしが繰り出し、市中心部の商店街などを勇壮に練り歩きます。起源は平安時代に遡るといわれています。

 

力強いみこしに色を添えるのが、青山高校の和太鼓の演奏です。曇天を吹き飛ばすくらいの勢いで打ち鳴らされる鼓動に会場はヒートアップ。へとへとに疲れながらも充実した面持ちを見せる和太鼓部員でした。

 

 

 

 

関連リンク

松阪祇園まつり三社みこし

https://matsusaka-gionsan.jp/

 

 

 

【和太鼓部】七夕に太鼓の鼓動で笑顔と元気を伝えよう! 今年も高齢者介護施設をお伺いしました

人生の大先輩に元気を届けよう

 

年を重ねるごとに、校外に出て演奏する活動が増えている青山高校和太鼓部。着実に部員も増え、1年生が演奏に加わり力強い鼓動も迫力を増しています。

 

和太鼓の大会に出場するだけではなく、地域の催し物やボランティア活動にも力を入れています。例年、高齢者介護施設を訪問し、より一層元気と笑顔になっていただくことを願って和太鼓を演奏しています。

 

力強い和太鼓の鼓動は、その演奏を目の前にするとより一層迫力が伝わり、まるで胸の奥に直接音が飛び込んでくるようです。人生の大先輩の方々の笑顔と喜んでいただける姿を見て、より一層演奏に熱が入る和太鼓部員でした。

 

 

【青山祭2019】生徒それぞれの成長と希望 色に合わせて花言葉が変化する〝ガーベラ〟をテーマに令和初の青山祭が開催されました 

ガーベラに込めた思い

 

6月15日(土)、令和最初の青山祭が開催されました。今回の青山祭のテーマは〝ガーベラ〟 ガーベラはその花の色によって花言葉が変わります。「前進」をはじめとして、ピンクの花は「感謝」、白い花は「希望」、オレンジの花は「冒険心」等々。青山祭に関わる全校生徒一人ひとりの成長と活躍を表現しています。

 

午前の部は、力強い和太鼓の演奏から幕を開け、男声合唱、有志演劇と短い練習期間を感じさせない頑張りが伝わりました。特に有志演劇の迫真の演技とカーテンコール、そして練習風景を映し出したスタッフロールに心を打たれた方も多いのではないでしょうか。

 

午後の部は場所を大食堂に移し、吹奏楽と軽音楽のそれぞれのセッションとミュージックアカデミーサークルの女声ハーモニー、翌日に大会を控えたダンス部の演目、そして幕を締めくくる全校合唱が行われました。日本全国から生徒が集まっている青山高校の特徴を表すように、各県の保護者会の方々による出店も活気を見せ、多くの方々に青山祭を盛り上げていただきました。

 

全校生徒それぞれが自分自身に課せられた役割を全うし、充実感に満ちた表情が印象的でした。青山祭の後は帰省です。多くの保護者の方々に見守られ、帰省の途につく生徒の姿がそこにありました。皆様お疲れ様でした。

 

【和太鼓部】清々しい青空に響く太鼓の鼓動 多くの1年生が加わり 元気いっぱい朝熊山太鼓演奏会に出場しました

クラブ活動 ニュース ミュージック  2019年5月13日 月曜日 08:30
新生和太鼓部よ、いざゆかん!

 

三重県伊勢市から鳥羽市に渡って広がる標高555メートルの朝熊山は、伊勢志摩国立公園の中に位置していて、日本百景に選ばれた名所です。「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と伊勢音頭の一節にも唄われています。

 

5月12日(日)、初夏の熱気に包まれた三重県伊勢市にて「朝熊山春まつり」が行われました。新しく入部した1年生11名を加えての大所帯となった青山高校和太鼓部。道中も賑やかに、朝熊山太鼓演奏会に元気に出場しました。

 

朝熊山太鼓演奏会では、日本太鼓財団三重支部に加盟している三重県の太鼓チームが演奏を披露します。快晴の初夏の青空いっぱいに明るく力強い鼓動が響き渡りました。清々しい汗と笑顔で演奏会を終えることができました。皆さん、お疲れ様でした!

 

 

関連リンク

伊勢湾フェリー

https://www.isewanferry.co.jp/publics/index/1/detail=1/b_id=1/r_id=505/

 

【学園祭】4月の学園祭 ルーキーステージの主役は1年生!「共栄」をテーマに2、3年生がサポートし会場を盛り上げました 

平成最後の学園祭開幕!

 

青山高校の4月の学園祭として定着した「ルーキーステージ」。その名が表すように1年生が主役の学園祭です。そして2、3年生は縁の下の力持ちとして1年生をサポートします。

 

4月27日(土)、前日の雨模様が晴れ間に変わり、4月の帰省と相まって多くの保護者の方々にもご参加いただきました。1年生にとっては入学以降、駆け抜けるような4月であったと思います。

 

開幕の吹奏楽部の演奏に始まり、ミュージックアカデミーサークルと和太鼓部の発表、ダンス部のステージで盛り上がりました。部活動やサークル活動に加入したばかりの1年生も青山高校の一員としてステージに上がり、それぞれの努力の成果を披露しました。

 

1年生が主役のスピーチコンテストでは、幾多の予選を勝ち抜いた生徒3名がステージに上がり、熱い思いを言葉にして伝えます。寮生活を通じて実感した保護者への感謝の気持ちや、気持ち新たに新しいことに挑戦をしていきたいといった気持ちがしっかりと伝わってきました。

 

寮対抗合唱と、全校合唱でさらに会場は盛り上がり、最後の表彰式では多くの1年生のがんばりがノミネートされます。周りに感謝の気持ちを伝えるサンキューカード、英単語・漢字デイリーテスト、挨拶と身だしなみ運動、リーダーインミー、読書目標達成など本当に色んな分野で取り組んでいただきました。

 

今日から5月6日までがゴールデンウイーク帰省になります。この度は、多くの保護者の皆様にご来場いただきましたことを心より御礼申し上げます。有意義な帰省で英気を養い、「令和」の始まりである5月に、また元気な顔でお会いできることを楽しみにしてます。

 

 

1 / 4123...最後 »
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のブログ記事