ニュース

ミュージックの記事一覧

【青山祭2019】生徒それぞれの成長と希望 色に合わせて花言葉が変化する〝ガーベラ〟をテーマに令和初の青山祭が開催されました 

ガーベラに込めた思い

 

6月15日(土)、令和最初の青山祭が開催されました。今回の青山祭のテーマは〝ガーベラ〟 ガーベラはその花の色によって花言葉が変わります。「前進」をはじめとして、ピンクの花は「感謝」、白い花は「希望」、オレンジの花は「冒険心」等々。青山祭に関わる全校生徒一人ひとりの成長と活躍を表現しています。

 

午前の部は、力強い和太鼓の演奏から幕を開け、男声合唱、有志演劇と短い練習期間を感じさせない頑張りが伝わりました。特に有志演劇の迫真の演技とカーテンコール、そして練習風景を映し出したスタッフロールに心を打たれた方も多いのではないでしょうか。

 

午後の部は場所を大食堂に移し、吹奏楽と軽音楽のそれぞれのセッションとミュージックアカデミーサークルの女声ハーモニー、翌日に大会を控えたダンス部の演目、そして幕を締めくくる全校合唱が行われました。日本全国から生徒が集まっている青山高校の特徴を表すように、各県の保護者会の方々による出店も活気を見せ、多くの方々に青山祭を盛り上げていただきました。

 

全校生徒それぞれが自分自身に課せられた役割を全うし、充実感に満ちた表情が印象的でした。青山祭の後は帰省です。多くの保護者の方々に見守られ、帰省の途につく生徒の姿がそこにありました。皆様お疲れ様でした。

 

【和太鼓部】清々しい青空に響く太鼓の鼓動 多くの1年生が加わり 元気いっぱい朝熊山太鼓演奏会に出場しました

クラブ活動 ニュース ミュージック  2019年5月13日 月曜日 08:30
新生和太鼓部よ、いざゆかん!

 

三重県伊勢市から鳥羽市に渡って広がる標高555メートルの朝熊山は、伊勢志摩国立公園の中に位置していて、日本百景に選ばれた名所です。「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と伊勢音頭の一節にも唄われています。

 

5月12日(日)、初夏の熱気に包まれた三重県伊勢市にて「朝熊山春まつり」が行われました。新しく入部した1年生11名を加えての大所帯となった青山高校和太鼓部。道中も賑やかに、朝熊山太鼓演奏会に元気に出場しました。

 

朝熊山太鼓演奏会では、日本太鼓財団三重支部に加盟している三重県の太鼓チームが演奏を披露します。快晴の初夏の青空いっぱいに明るく力強い鼓動が響き渡りました。清々しい汗と笑顔で演奏会を終えることができました。皆さん、お疲れ様でした!

 

 

関連リンク

伊勢湾フェリー

https://www.isewanferry.co.jp/publics/index/1/detail=1/b_id=1/r_id=505/

 

【学園祭】4月の学園祭 ルーキーステージの主役は1年生!「共栄」をテーマに2、3年生がサポートし会場を盛り上げました 

平成最後の学園祭開幕!

 

青山高校の4月の学園祭として定着した「ルーキーステージ」。その名が表すように1年生が主役の学園祭です。そして2、3年生は縁の下の力持ちとして1年生をサポートします。

 

4月27日(土)、前日の雨模様が晴れ間に変わり、4月の帰省と相まって多くの保護者の方々にもご参加いただきました。1年生にとっては入学以降、駆け抜けるような4月であったと思います。

 

開幕の吹奏楽部の演奏に始まり、ミュージックアカデミーサークルと和太鼓部の発表、ダンス部のステージで盛り上がりました。部活動やサークル活動に加入したばかりの1年生も青山高校の一員としてステージに上がり、それぞれの努力の成果を披露しました。

 

1年生が主役のスピーチコンテストでは、幾多の予選を勝ち抜いた生徒3名がステージに上がり、熱い思いを言葉にして伝えます。寮生活を通じて実感した保護者への感謝の気持ちや、気持ち新たに新しいことに挑戦をしていきたいといった気持ちがしっかりと伝わってきました。

 

寮対抗合唱と、全校合唱でさらに会場は盛り上がり、最後の表彰式では多くの1年生のがんばりがノミネートされます。周りに感謝の気持ちを伝えるサンキューカード、英単語・漢字デイリーテスト、挨拶と身だしなみ運動、リーダーインミー、読書目標達成など本当に色んな分野で取り組んでいただきました。

 

今日から5月6日までがゴールデンウイーク帰省になります。この度は、多くの保護者の皆様にご来場いただきましたことを心より御礼申し上げます。有意義な帰省で英気を養い、「令和」の始まりである5月に、また元気な顔でお会いできることを楽しみにしてます。

 

 

【和太鼓部】校内行事と地域のイベントに引っ張りだこ 熱き鼓動を打ち鳴らす和太鼓部をご紹介します

クラブ活動 ニュース ミュージック  2019年4月25日 木曜日 08:30
活動の場を着実に広げている和太鼓部です

 

新入生のクラブ活動への入部が決まり、各クラブが今年度の活動をスタートさせました。全寮制の特徴を生かして、思い切りクラブ活動に打ち込める時間を作っています。

 

校内に響き渡る和太鼓の勇ましい鼓動。青山高校の和太鼓部は専門講師の方の指導を仰ぎながら、年々確実に実力を伸ばし、活動の場を校外や県外に広げていっています。青山高校和太鼓部の定番となった「兵(つわもの)」「瑠璃拍子(るりびょうし)」「和太砲(わだいほう)」の3曲を轟かせる機会にも恵まれ、多くの方々に新鮮な感動をお届けしています。

 

和太鼓に触れたことがなくても、オーディエンスの前で演奏することが恥ずかしいと思っていても大丈夫です。和太鼓の鼓動に心が動いたなら、一緒に練習し、色々と遠征をしながら経験を積んでいきましょう。和太鼓部は一生懸命にがんばる部員を大募集中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

【2019年度入学式】新時代の幕開け 暖かな陽光と一面に広がる桜花に包まれて 入学式が行われました

新生活に胸ふくらむ

 

4月9日(火)、すっかりと春の陽気になり、青山高校は一面の桜花に包まれました。今日の入学式を祝うように桜が咲き誇る中、2019年度入学式がしめやかに執り行われました。

 

青山高校の入学式は、式典の「第一部」と祭典の「第二部」に分かれて行われます。日本全国から集まっていただいた入学生の皆さんは、今日から始まる新生活に胸を膨らませつつ、やや緊張の面持ちで「第一部」の式典に参加しました。普段よりきりりと引き締まった表情には、それぞれの決意が感じられました。

 

 

温かく力強いエール

 

式典が終わり、入学式「第二部」が開催されました。新入生をお迎えするこの日のために、2、3年生は毎日練習に取り組んできました。一日でも早く新しい生活に慣れ、一人でも多くの心許せる友達ができるように、新入生の緊張をほぐし、高校生活を楽しんで欲しいという願いが伝わってきます。

 

和太鼓部・放送部・ダンス部のステージ発表や、新入生インタビュー、そして青山高校の3つの学生寮からの応援メッセージが送られました。趣向を凝らした演出と、上級生からのエールに自然と緊張がほぐれていきます。力強い全校合唱で「第二部」の幕が降ろされました。

 

 

3年後の未来に向けて

 

最後に、本日の入学式にご参加いただきました保護者の皆様に心より感謝を申し上げます。今日から三重の地で新しい生活がスタートします。3年後そしてその先の未来に向けて、新入生の個性を伸ばし、夢を実現させて、輝かしい光を放つ人物に育てて参ります。どうかこれから先も一層のお力添えを賜りますよう、お願い申し上げます。

【迎春祭・終業式】今回のテーマは「和×輪」 1、2年生が一つの輪となり 今年度を締めくくりました

今年度の締めくくり

 

3月20日(水)、麗らかな早春の陽気に包まれて、今年度を締めくくる終業式と、今年度最後の学校行事「迎春祭」が開催されました。今回の迎春祭のテーマは「和×輪」。2年生が1年生のサポート役となり、一つの輪になって力を合わせて迎春祭を盛り上げます。

 

短期間の準備期間になり慌ただしい日々を送りました。昨年以上にステージ発表の内容は盛りだくさんです。多彩な活動に取り組んできた成果を、この舞台にぶつけます。その様子をご紹介させていただきます。

 

 

吹奏楽部&ミュージックアカデミーサークル

 

「和」のテイストを打ち出し、フルートパートでは篠笛を奏でました。ユーロビート・ディズニー・メドレーの曲調とのコントラストが光る聴きごたえあるセッションでした。

 

ミュージックアカデミーサークルは、「第31回中部日本個人重奏コンテスト三重県大会」で金賞を受賞した2名の女子が見事な演奏を披露しました。毎日、寮で練習を重ねてきた結果がしっかりと表れて、心奪われる演奏になりました。

 

 

 

サイエンス部&今村プラズマ教室

 

サイエンス部からは、アプリ開発、プログラミング、ロボットのそれぞれの分野の研究発表が行われました。科学に熱い今村先生が中心になって立ち上げたプラズマ実験を加えて、新しいことにチャレンジをしていきます。プラズマ実験は、先日の愛媛大学での講習を受けて、ステージ上でプラズマ発生の実演を行いました。

 

 

放送部&アメリカ研修

 

学校行事の屋台骨、放送部からはオーディオピクチャードラマ「MUKAKINガール」。スマホとデジタル世界を舞台に、スピード感あるギャグと登場キャラクターの個性の濃さが合わさって、クスッと笑える中に共感を誘う物語が演じられました。

 

アメリカ研修報告では、NASAアメリカ航空宇宙局、マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学を訪問した時に感じたことを、スライドショーを交えながら伝えました。

 

 

 

ダンス部&和太鼓部

 

昨年までは1つのテーマ曲に絞って演目を発表してきたダンス部。今回は新しい試みとして、部活内でグループ構成を組み、候補に挙がった7曲をメドレーとして1曲にまとめあげました。しなやかで緩急と抑揚のあるダンスに会場が息をのむ一幕もありました。

 

和太鼓部は、3年生が卒業で抜けた分を練習でカバーします。定番の「兵」に加えて、「凛」を披露。1年生、2年生が一丸となって練習してきたことが太鼓の波動に乗って胸に響いてくる見事な演目でした。

 

 

まんが部&作品展示会

 

まんが部は、CG制作の舞台裏「イラストメイキング動画」を実況を交えながら伝えました。CGを描く工程は意外に知られていません。CG制作の過程を見てもらって、実際に制作された展示物を楽しんでいただきました。

 

展示コーナーでは、フラワーアレンジメント、美術、フォト等のサークル活動の作品を展示し、ギャラリーの関心を惹きつけていました。

 

 

最後を締めくくるは寮対抗合唱&全校合唱

 

青山高校の学校行事の締めくくりといえば、そう「合唱」です。天人寮・暁星寮・清純寮の3つの寮が、それぞれのテーマ曲を決め、寮対抗合唱を競います。

 

天人寮は「あなたへ」、暁星寮は「親知らず子知らず」、清純寮は「虹」を歌い上げました。甲乙つけがたい内容の中、対抗合唱は暁星寮が優勝しました。おめでとうございます。対抗合唱の後には、全校生徒が「あすという日が」を歌い上げ、来年度に向けて一丸となる決意が伝わってきました。

 

 

迎春祭を終えて

 

熱気冷めやらぬ中、迎春祭が終了しました。生徒の皆さんお疲れさまでした。そしてお越しいただきました保護者の皆さまありがとうございました。今日は帰省で、明日から春休みになります。生徒の皆さんは4月6日(土)が帰校日です。十分にリフレッシュして、また元気にお会いしましょう!

 

 

 

【和太鼓部&放送部】平成30年度津市民文化祭  音楽部門 太鼓演奏に出演しました

寒い冬こそ、熱き鼓動を

 

2019年1月20日(日)に、三重県津市のサンヒルズ安濃ハーモニーホールにて「津市民文化祭 音楽部門 太鼓演奏」が開催されました。

 

その日の津市民文化祭では、市内の和太鼓チーム11団体が出演し、伝統の太鼓演奏を披露しました。青山高校からは和太鼓部”葵”が出演し、「兵(つわもの)」「瑠璃拍子(るりびょうし)」「和太砲(わだいほう)」の3曲を披露しました。また、文化祭の司会進行は青山高校放送部が行い、イベントを大いに盛り上げました。

 

昨年から県外に出て幅広い地域で活動に取り組んでいる和太鼓部。次回は3月に福島県で開催される第21回日本太鼓ジュニアコンクールにも出場予定です。

http://www.nippon-taiko.or.jp/whatwedo/junior/21.html

 

 

 

◆青山高校放送部twitter
https://twitter.com/aoyama_bc

 

【クリスマス会】聖夜に先駆け行われるクリスマス会 体を動かす青山ウィンターカップや寮対抗ハーモニーコンテストを開催

イルミネーションも煌びやかに

 

12月20日(木)、聖夜に先駆けて2018年クリスマス会が開催されました。冬休みも近づき、今年1年を締めくくる意味でも大切な文化行事です。師走の言葉通り、毎日が慌ただしく、生徒自身が主体となって、夜遅くまでクリスマス会の実行委員会や発表の練習が行われてきました。

 

前日の校内を彩るイルミネーションの点灯式を皮切りに、朝の9時からクリスマス会が開催されました。前半は青山ウィンターカップと称し、前年に好評だった寮対抗の大縄跳びや障害物競争が行われ、寮の団結を見せると共に、大きな拍手と笑顔に包まれました。

 

後半はダンス・軽音楽・和太鼓の有志による発表で会場に歓声が響きました。ロビーでは青山高校で力を発揮する生徒が多い芸術活動と知的活動の成果発表とパネル展示会が行われました。また夜に行われる夕食会では毎年恒例の寮対抗ハーモニーコンテストやクイズ大会が行われました。

 

楽しい時間はあっという間に過ぎゆくものです。今年もクリスマス会を通じて、各寮が一つになり、団結する姿を見せてくれました。もうすぐ冬休みです。

 

 

【軽音学サークル】聴くだけが音楽じゃない 仲間と一緒に練習しセッションする楽しさ 軽音楽好きの生徒集まれ!

サークル活動 ニュース ミュージック  2018年11月29日 木曜日 22:08
第3の音楽活動をご紹介します

 

吹奏楽部、ミュージックアカデミーサークルに続く第3の音楽活動が軽音サークルです。9月の記事でティーンズミュージックフェスへの参加をご紹介させていただいたのは記憶に新しいところです。

 

青山高校は文化行事がとても多いことが特徴です。音楽活動の発表の機会も多く、軽音楽部も有志が集まって精力的に練習をしています。ミュージックフェスなどの外に出る活動にも目を向けています。

 

軽音楽を聴くのは好きだけど、ギターは弾いたことがないというそこのあなた!大丈夫です。軽音サークルの多くの生徒が高校に入学してから初めてギターに触りました。寮生活を生かし、先輩後輩の垣根を越えて、ときには教え合い、ときには競い合ってスキルを高めています。軽音サークルは一緒にセッションしてくれる部員を大募集中です。

 

 

【和太鼓部】第38回近畿高等学校総合文化祭徳島大会へ 藍色の空に羽ばたけ文化の翼

クラブ活動 ニュース ミュージック  2018年11月16日 金曜日 20:00
和太鼓部、いざ徳島県へ

 

11月10日(土)、11日(日)の2日間、青山高校和太鼓部は徳島県に遠征しました。第38回近畿高等学校総合文化祭の郷土芸能部門で和太鼓の音色を響かせます。

 

今大会は「近畿は一つ」を合言葉にして、2府8県の高校生が互いの交流と研さんを深めるとともに、心豊かな人間性の育成を目指します。また、各地域の伝統文化の継承や新しい芸術文化の創造を通じて、高等学校等における芸術文化活動の振興に役立てられています。

 

10月からほぼ毎週のように外に出ての活動が続く和太鼓部。9日には青山高校最大の文化祭である楓フェスティバルで魂を込めた演奏を披露したばかりです。しかし連日の疲れもどこへやら、今大会の演奏で奨励賞をいただきました。おめでとうございます!

 

 

関連リンク

第38回近畿高等学校総合文化祭徳島大会

https://kinsoubun-tokushima.info/

 

 

 

 

1 / 3123
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930