ニュース

アートの記事一覧

【サークル活動】すぐそこに熱中できることがある幸せ 男子寮でのサークル活動をご紹介します

小さな活動が実を結ぶ

 

熱中できることがあるって幸せなことです。例えそれが小さな規模であったとしても、同じ分野に興味を持ち、一緒に活動しながら話に花を咲かせるのは楽しいものです。

 

数年前から本格的に活動が始まった青山高校のサークル活動。今や大所帯になったサイエンス部も初めは小さなサークル活動からスタートしました。今年度からサークル活動は、より身近な学生寮にも場所を移し、趣味嗜好から始まる個性の発掘に注目しています。

 

めきめきと実力を上げてきている将棋、電子レンジと触媒を使った一見怪しい雰囲気が漂うプラズマ実験、天体観測にフラワーアレンジメント、フォトグラフィック。そして茶道等々。

 

今や部活動との掛け持ちをする生徒も多くなってきているサークル活動は、新たな自分の才能に気づく大きなきっかけにもなっているのです。

 

 

 

【まんが部】アニメやイラストが好きならここしかない! 趣味から一歩踏み出して 自分の個性と作品を発信してみませんか

アート クラブ活動 ニュース  2019年7月16日 火曜日 22:50
人気のまんが部をご紹介します

 

日本が誇る文化は数あれど、常に先端を行くのはアニメーションや漫画ではないでしょうか。青山高校には美術部とまんが部があり、特にイラストやアニメが好きな生徒がまんが部に集まって活動しています。

 

パソコンでタブレットを使ってデジタルに作画、彩色をすることはもちろん、定期的に部誌を発行し自分の作品を外に向けて発信しています。顧問の先生もまんがが大好きで、日々一緒に活動しています。

 

最近は有名な映画作品の展覧会や漫画家の先生の個展にも積極的に出向き、最先端の技術を知ったり、見聞を深めています。まんがやイラストが好きなら趣味で終わらせるのはもったいない!自分の個性を爆発させて、思い切って作品を発信してみませんか?

 

【サークル活動】趣味嗜好を生かして個性を輝かせよう 女子寮でのサークル活動をご紹介します

十人十色の個性と輝き

 

スポーツに文化系、青山高校には多くの部活動があります。広大な敷地と通学時間がない寮生活ならではのゆとりある時間で部活動に打ち込めるのが特徴です。

 

そして、もっと自由にもっと趣味嗜好を生かした活動としてサークル活動に取り組んでいます。部活動よりも少ない人数で構成されることが多いサークル活動ですが、同じ趣味嗜好の生徒が集まり、和気あいあいと楽しむ姿が見られます。

 

今回は女子寮をメインとして活動しているサークルの様子をご紹介します。英会話に茶道、デザインアートにフラワーアレンジメント、そしてクッキングやお菓子作り等々、定期的に生徒が集まり楽しい時間を過ごしています。部活動とサークル活動を掛け持ちする生徒も多く、積極的に校外にも活動の場を広げています。

 

十人十色の個性があります。サークル活動を通じて友達の輪(サークル)が広がり、一人ひとりの個性が輝いています。

 

 

 

【写真サークル】1年生13名を迎えての伊賀市上野城撮影会 6月のコンテストに向けて感性の赴くままにシャッターを切りました

アート サークル活動 ニュース  2019年6月1日 土曜日 08:30
初夏の晴天に恵まれた撮影会

 

青山高校は三重県の津市にあり、少し足を延ばすと松尾芭蕉生誕の地として知られる伊賀市に着きます。伊賀市は最近忍者シティとして観光に力を入れていて、多くの外国人観光客の方々で賑わうようになりました。そして白鳳城としても知られる上野城の景観も素晴らしいものがあります。

 

5月23日(木)初夏の晴天に恵まれて、青山高校写真サークルは上野城を主とした撮影会を開催しました。2年ほど前から活動を開始した写真サークルは、今回新たに13名の1年生を迎えて賑わっています。日本全国から生徒が集まる青山高校ですので、上野城を見ることが初めての生徒も多いです。伊賀市の風土を感じるのも楽しみの一つです。

 

6月の青山祭や写真コンテストに向けて、感性の赴くままにシャッターを切りました。撮影した写真を見せ合い、会話が弾む中で無事撮影会が終了しました。これからも色んな場所に出向き、四季折々の風景や叙情溢れる街並みなどを撮影していく予定です。

 

 

関連リンク

伊賀市ホームページ

https://www.city.iga.lg.jp/

 

【学園祭】4月の学園祭 ルーキーステージの主役は1年生!「共栄」をテーマに2、3年生がサポートし会場を盛り上げました 

平成最後の学園祭開幕!

 

青山高校の4月の学園祭として定着した「ルーキーステージ」。その名が表すように1年生が主役の学園祭です。そして2、3年生は縁の下の力持ちとして1年生をサポートします。

 

4月27日(土)、前日の雨模様が晴れ間に変わり、4月の帰省と相まって多くの保護者の方々にもご参加いただきました。1年生にとっては入学以降、駆け抜けるような4月であったと思います。

 

開幕の吹奏楽部の演奏に始まり、ミュージックアカデミーサークルと和太鼓部の発表、ダンス部のステージで盛り上がりました。部活動やサークル活動に加入したばかりの1年生も青山高校の一員としてステージに上がり、それぞれの努力の成果を披露しました。

 

1年生が主役のスピーチコンテストでは、幾多の予選を勝ち抜いた生徒3名がステージに上がり、熱い思いを言葉にして伝えます。寮生活を通じて実感した保護者への感謝の気持ちや、気持ち新たに新しいことに挑戦をしていきたいといった気持ちがしっかりと伝わってきました。

 

寮対抗合唱と、全校合唱でさらに会場は盛り上がり、最後の表彰式では多くの1年生のがんばりがノミネートされます。周りに感謝の気持ちを伝えるサンキューカード、英単語・漢字デイリーテスト、挨拶と身だしなみ運動、リーダーインミー、読書目標達成など本当に色んな分野で取り組んでいただきました。

 

今日から5月6日までがゴールデンウイーク帰省になります。この度は、多くの保護者の皆様にご来場いただきましたことを心より御礼申し上げます。有意義な帰省で英気を養い、「令和」の始まりである5月に、また元気な顔でお会いできることを楽しみにしてます。

 

 

【迎春祭・終業式】今回のテーマは「和×輪」 1、2年生が一つの輪となり 今年度を締めくくりました

今年度の締めくくり

 

3月20日(水)、麗らかな早春の陽気に包まれて、今年度を締めくくる終業式と、今年度最後の学校行事「迎春祭」が開催されました。今回の迎春祭のテーマは「和×輪」。2年生が1年生のサポート役となり、一つの輪になって力を合わせて迎春祭を盛り上げます。

 

短期間の準備期間になり慌ただしい日々を送りました。昨年以上にステージ発表の内容は盛りだくさんです。多彩な活動に取り組んできた成果を、この舞台にぶつけます。その様子をご紹介させていただきます。

 

 

吹奏楽部&ミュージックアカデミーサークル

 

「和」のテイストを打ち出し、フルートパートでは篠笛を奏でました。ユーロビート・ディズニー・メドレーの曲調とのコントラストが光る聴きごたえあるセッションでした。

 

ミュージックアカデミーサークルは、「第31回中部日本個人重奏コンテスト三重県大会」で金賞を受賞した2名の女子が見事な演奏を披露しました。毎日、寮で練習を重ねてきた結果がしっかりと表れて、心奪われる演奏になりました。

 

 

 

サイエンス部&今村プラズマ教室

 

サイエンス部からは、アプリ開発、プログラミング、ロボットのそれぞれの分野の研究発表が行われました。科学に熱い今村先生が中心になって立ち上げたプラズマ実験を加えて、新しいことにチャレンジをしていきます。プラズマ実験は、先日の愛媛大学での講習を受けて、ステージ上でプラズマ発生の実演を行いました。

 

 

放送部&アメリカ研修

 

学校行事の屋台骨、放送部からはオーディオピクチャードラマ「MUKAKINガール」。スマホとデジタル世界を舞台に、スピード感あるギャグと登場キャラクターの個性の濃さが合わさって、クスッと笑える中に共感を誘う物語が演じられました。

 

アメリカ研修報告では、NASAアメリカ航空宇宙局、マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学を訪問した時に感じたことを、スライドショーを交えながら伝えました。

 

 

 

ダンス部&和太鼓部

 

昨年までは1つのテーマ曲に絞って演目を発表してきたダンス部。今回は新しい試みとして、部活内でグループ構成を組み、候補に挙がった7曲をメドレーとして1曲にまとめあげました。しなやかで緩急と抑揚のあるダンスに会場が息をのむ一幕もありました。

 

和太鼓部は、3年生が卒業で抜けた分を練習でカバーします。定番の「兵」に加えて、「凛」を披露。1年生、2年生が一丸となって練習してきたことが太鼓の波動に乗って胸に響いてくる見事な演目でした。

 

 

まんが部&作品展示会

 

まんが部は、CG制作の舞台裏「イラストメイキング動画」を実況を交えながら伝えました。CGを描く工程は意外に知られていません。CG制作の過程を見てもらって、実際に制作された展示物を楽しんでいただきました。

 

展示コーナーでは、フラワーアレンジメント、美術、フォト等のサークル活動の作品を展示し、ギャラリーの関心を惹きつけていました。

 

 

最後を締めくくるは寮対抗合唱&全校合唱

 

青山高校の学校行事の締めくくりといえば、そう「合唱」です。天人寮・暁星寮・清純寮の3つの寮が、それぞれのテーマ曲を決め、寮対抗合唱を競います。

 

天人寮は「あなたへ」、暁星寮は「親知らず子知らず」、清純寮は「虹」を歌い上げました。甲乙つけがたい内容の中、対抗合唱は暁星寮が優勝しました。おめでとうございます。対抗合唱の後には、全校生徒が「あすという日が」を歌い上げ、来年度に向けて一丸となる決意が伝わってきました。

 

 

迎春祭を終えて

 

熱気冷めやらぬ中、迎春祭が終了しました。生徒の皆さんお疲れさまでした。そしてお越しいただきました保護者の皆さまありがとうございました。今日は帰省で、明日から春休みになります。生徒の皆さんは4月6日(土)が帰校日です。十分にリフレッシュして、また元気にお会いしましょう!

 

 

 

【放送部・芸術委員会】大阪あべのハルカスにて開催のCITY LIGHT FANTASIA BY NAKED プロジェクションマッピングに先端芸術の表現を学ぶ

アート クラブ活動 ニュース パフォーマンス  2019年3月18日 月曜日 08:30
サイエンスアートの最先端を体験

 

3月14日(木)、大阪のあべのハルカスで開催された夜景とプロジェクションマッピングのコラボレーション。この企画は大阪芸術大学サイエンスアート学科と、テレビCMなどで斬新な演出を手掛けられている株式会社NAKEDの協力で開催されました。

 

プロジェクションマッピングとは、コンピュータで作成したCGとプロジェクタ等の映写機器を用い、建物や物体、あるいは空間などに対して映像を映し、時には音と同期させる技術の総称です。

 

今回は放送部と芸術委員会から5名の1年生が参加しました。光の演出が映える大阪の夜景に心奪われ、思わず無言になってしまいます。青山高校では、放送部が中心となり、学校行事などでサイエンスアートを取り入れています。プロの技術を目の当たりにして、新しいアイデアが浮かんだと語ってくれました。

 

関連リンク

CITY LIGHT FANTASIA BY NAKED

https://sp.jorudan.co.jp/illumi/spot_J0142.html

株式会社NAKED

https://naked.co.jp/

 

【美術部】大阪芸術大学OBの方々に学ぶスケッチテクニック 天王寺動物園で写生品評会を開催しました

アート クラブ活動 ニュース  2019年3月12日 火曜日 08:30
積極的に学ぶ姿勢を持つ

 

3月9日(土)、晴天に恵まれた大阪天王寺動物園にて、大阪芸術大学OBの方々と共にスケッチ会を開催しました。今回ご指導いただいたお二人のOBの方々は、デザイン学科とキャラクター造形学科で美術を専攻され、動く被写体をとらえるテクニックや、動物の骨格のとらえ方などを直接伝授していただきました。

 

スケッチを行った後で品評会を行い、お互いの作品について率直な意見を交換しました。OBの方々からは、写生の技術だけではなく、自分自身で積極的に学んでいかないと魅力的な学びにならないということ、そして常に好奇心を持ち、自発的、積極的な学ぶ姿勢が大切だというアドバイスをいただきました。

 

美術部には将来芸大に進学することを目指す生徒もいます。積極的に意見交換をする中で、動物だけではなく、風景を描くときの工夫やコツについても学ぶことができました。積極的に話に耳を傾けるこの姿勢を持ち帰り、今後の校内での活動にも活かしていって欲しいと思います。

 

【まんが部】MIKULIERが創り出す最新のデジタルイラスト 名古屋ショールームで開催の原画展に参加しました

アート クラブ活動 ニュース  2019年2月20日 水曜日 08:30
デジタルアートの最先端に触れる

 

2月17日(日)、青山高校まんが部は、最先端のデジタルアートを見聞し、今後の作品作りに生かそうと、愛知県名古屋市で開催されたMIKULIER創作原画展に参加しました。このギャラリーでは、人々を素晴らしいイラストの世界へと誘う十数名のデジタル絵師の方々の作品が展示されています。

 

2018年にMEWorksG.K.によって設立されたMIKULIERは、最新のデジタルテクノロジーを用いた驚くほど美麗なイラスト作品を展示しています。青山高校まんが部でも、日々パソコンとペンタブを使ったデジタルアート作品の作成に取り組んでいます。

 

幸運なことに、原画展では実際のデジタル絵師の方と話をする機会に恵まれました。第一線で活躍される絵師の方々の経験談やアドバイスを窺うことができ、非常に有意義な時間になりました。

 

 

関連サイト

絵守未來公式サイト

https://www.emorimiku.com/mikulier

 

 

 

【美術部】日々の創作活動に刺激とアイデアを 第38回私学展に出展しました 

アート クラブ活動 ニュース  2019年1月28日 月曜日 08:30
全ての行程を生徒自身で行います

 

〝夢の第一歩は魅力あふれる三重の私学から〟1月17日(木)~20日(日)の期間で、三重県立美術館にて第38回私学展が開催されました。私学展は、私立学校における日常作品の出展によって、美術・書道・写真の技術の向上を図ると共に、生徒の交流を促進し、私学の芸術教育の振興を目的として、毎年開催されています。

 

青山高校の美術部は、専用の芸術棟で日々絵画や陶芸づくりに取り組んでいます。今回は、青山高校の美術部26名が作品を出展しました。作品展示の搬入、準備から、後片付けまでの全て行程を自分たちで行いました。そして多くの来場者の方々に作品を見ていただけたことは、今後の創作活動への意欲に繋がりました。

 

私学展は他校の作品を数多く観賞できる貴重な機会です。参加した部員からは「とてもいい刺激になりました。自分たちにはない感性やアイデアを垣間見ることができ、普段の作品づくりに対する良い刺激を受けることができました」と話していました。

 

 

 

 

 

関連リンク

三重県私学協会公式

http://www.mie-shigaku.jp/

 

1 / 3123
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のブログ記事