ニュース

アートの記事一覧

【放送部・和太鼓部】令和元年度 津市民文化祭 音楽部門(太鼓演奏)に出演しました

もっと身近に音楽の楽しさを

 

1月19日(日)に、三重県津市白山総合文化センター(しらさぎホール)にて開催された「令和元年度 津市民文化祭音楽部門(太鼓演奏)」に本校和太鼓部が出演しました。

 

文化祭には、市内から10の団体が参加し、青山高校和太鼓部”葵”は、「和太砲」 「兵」 「瑠璃拍子」の三曲を演奏しました。また、イベントの総合司会は放送部の2名が担当し、プログラムの表紙イラストを美術部の生徒が担当しました。

 

 

津市民文化祭

https://www.info.city.tsu.mie.jp/www/contents/1001000011260/index.html

 

放送部twitter
https://twitter.com/aoyama_bc

【まんが部】画業30周年を記念して開催された小畑健展に参加 充実の作品展示で見聞を深めました

アート クラブ活動 ニュース  2020年1月18日 土曜日 10:49
細部まで描かれた生原稿に感動

 

1月12日(日)、大阪府梅田で開催されている小畑健展に、まんが部の有志生徒が参加しました。小畑健先生といえばその作品をご存じの方も多いと思います。ヒカルの碁やデスノート、バクマンなどの大ヒット作品を世に送り出した漫画界の巨匠です。

 

展示された作品は生の原稿も多く、その緻密で繊細な線と塗りのテクニックに思わずため息が漏れます。作品展のタイトルである「NEVER COMPLETE」には、多くの傑作に満足することなく、今も進化を続けている小畑健先生のプライドが込められています。

 

まんが部には多くの生徒が集まり、部誌の発行や展示する作品の制作などに取り組んでいます。今回の刺激を自身の作品に生かしていきたいと思います。

 

 

関連リンク

NEVER COMPLETE 小畑健展

https://www.daimaru.co.jp/museum/umeda/obata_ten/

 

【サイエンス部】3Dプリンター導入から2年が経過 プログラミングにも慣れ オリジナル作品の制作にも取り組んでいます

アート クラブ活動 ニュース  2019年12月2日 月曜日 12:18
実用的な3Dモデルの作成を目指して

 

サイエンス部の3Dモデリング部門が立ち上がって早2年が経とうとしています。3DCGソフトウェアのBlenderを使って既存の3Dモデルデーターから作品を作り始め、現在はオリジナルの3Dモデリングに取り組んでいます。

 

アメリカでは18歳の高校生が3Dプリンターで作成した義手を右腕を失った父親に送ったという事例があります。世界的には3Dプリンターの導入を行う中学・高校が急増していて、医療や建築の分野においても3Dプリンター技術の発展が見込まれています。

 

また青山高校では漫画部から派生したアニメーションサークルが立ち上がり、同じく3DCGソフトウェアでモデリングとモーション作成を行っています。毎月のオープンキャンパスでは制作風景を解説付きで見ていただくこともできます。

 

 

【楓フェスティバル2019】今年のテーマはウルトラC 発表会を枠を超えて 奇跡と超展開のステージが繰り広げられました

令和の初めにミラクルを

 

11月16日(土)、三重県津市にある白山総合文化センターしらさぎホールにて、青山高校最大の文化祭「楓フェスティバル2019」が開催されました。在校生の保護者の方々や、オープンキャンパスにご参加をいただいたご家庭にもお越しいただき、活気に溢れた文化祭になりました。

 

今回のテーマは「ウルトラC」です。「ウルトラC」の語源は1964年の東京オリンピックに遡るといわれています。日本代表の体操選手が至難の技を次々に繰り広げる様子を表現する言葉として使われました。

 

文化・芸術の発表会という枠を超えて、一つのテーマの下に作られたステージへと変えていきたいという思いがありました。お越しいただいたお客様に満足していただくのは勿論のこと、楓フェスティバルを運営する青山高校の生徒全員がこの機会を通じて感性を磨こうと取り組んできました。

 

活発に動く生徒一同の姿に大きな歓声と拍手が生まれました。今日は11月の帰省日でもあります。十分な休養をとって、心身ともにリフレッシュし、11月20日の帰校日にはまた元気な顔を見せてください。また本日遠方からお越しいただきました在校生の保護者様、そしてオープンキャンパスにご参加いただいたご家庭の方々に深く感謝の気持ちを申し上げます。ありがとうございました。

 

 

 

【フラワーアレンジメントサークル】作品に想いと個性を込めて 第15回NFD全国高校生フラワーデザインコンテスト出品作品を制作しました

アート サークル活動 ニュース  2019年10月2日 水曜日 21:00
個性という花を咲かせよう

 

青山高校を彩るフラワーアレンジメントの数々は、青山高校の敷地に自生する植物を使うというテーマのもとにフラワーアレンジメントサークルの生徒たちが制作してくれています。いつも季節感あふれる作品の数々を制作していただきありがとうございます。

 

さて、サークルを楽しむ生徒が徐々に増えてきたフラワーアレンジメント。今回は公益社団法人日本フラワーデザイナー協会が主催する「第15回NDF全校高校生フラワーデザインコンテスト」にエントリーするための作品を制作しました。

 

自由に楽しくに加えて、生徒それぞれが持つ個性を作品に吹き込むのが青山高校流のフラワーアレンジメントです。季節の花木を組み合わせアレンジメントを制作する生徒のまなざしは真剣そのものです。秋の風景と季節感を込めた見事な作品が次々と仕上がりました。

 

コンテスト出品作品の選考結果は12月に発表予定です。個性充分の作品がどのような結果となるのか楽しみですね!

 

 

関連リンク

日本フラワーデザイナー協会

http://www.nfd.or.jp/

 

【美術部・まんが部】感性を刺激する貴重な資料の数々 日本屈指のアニメーター近藤善文氏の展覧会に参加しました

アート クラブ活動 ニュース  2019年9月25日 水曜日 19:00
貴重な資料に圧倒される

 

自分の目で見て刺激を受けることをテーマに、青山高校のまんが部は日本各地で開催されている個展や展覧会に積極的に参加をしています。9月8日(日)、今回は美術部も合同で三重県津市の三重県総合博物館で開催されている「近藤善文展」に足を運びました。

 

「この男がジブリを支えた」というキャッチコピーが表すように、故近藤善文氏はスタジオジブリでアニメーションの作画監督をお務めになられました。火垂るの墓やもののけ姫などの多くの作品に関わられ、日本屈指のアニメーターとしてその名が知られています。

 

原画やスケッチ、作品の世界観を表現するイメージボードなど総数664点にも及ぶ資料に圧倒されます。食い入るように作品を鑑賞する生徒たち。青山高校は学園祭や文化祭で作品を表現する機会が多く、11月に開催される楓フェスティバルに向けての作品作りにも熱が入りそうな手ごたえを感じました。

 

 

関連リンク

「この男がジブリを変えた」近藤善文展

https://www.ctv.co.jp/event/kondo/

 

【フォトサークル】伊勢神宮へ朔日参り 秋の早朝に映る光景に 清々しさと身が引き締まる思いを感じました

アート サークル活動 ニュース  2019年9月3日 火曜日 08:30
新しい月の始まりに

 

9月1日(日)、まだ夜が明ける前に青山高校フォトサークルのメンバーが伊勢神宮に出発しました。今日は伊勢神宮へのお参りと撮影会を行います。

 

朔日参り(一日参り)は、毎月1日に神社に参拝する習慣のことです。なるべく午前中に神社に参拝し、無事に過ぎた1ヵ月を感謝し、新しい月の平穏無事を神さまにお祈りします。

 

秋の涼しさを感じながら、夜明けの神々しい光に包まれた伊勢神宮の風景に、思わずシャッターを切ることを忘れてしまいます。2学期の始まりに、天候にも恵まれて、このような美しい光景を見ることができました。その清々しさに身が引き締まる思いのメンバー一同でした。

 

 

関連リンク

伊勢神宮公式サイト

https://www.isejingu.or.jp/

 

【フラワーアレンジメントサークル】9月の訪れと共に 初秋を感じさせるアレンジメントが校内と寮を彩ります

アート サークル活動 ニュース  2019年9月1日 日曜日 08:30
寮生活に潤いを

 

青山高校では、四季折々の豊かな植物を使ったフラワーアレンジメントサークルがあります。フラワーアレンジメントというと女性が嗜むものというイメージがあるかと思いますが、男子生徒も多くサークルに参加しています。型にとらわれない自由で個性的なアレンジメントが特徴です。また原則として、青山高校の敷地内に自生する植物を使っています。

 

2学期が始まり、朝晩と秋の涼しさを感じ始める季節になりました。9月は、ヤマユリ・サルスベリ・ナナカマドを使ったアレンジメントです。秋の装いを感じさせる作品が、校舎や学生寮を彩っています。今日もフラワーアレンジメントは、日常生活に変化をもたらし、自然に目を向けて、生活に安らぎと潤いを与えてくれています。

 

 

 

【サークル活動】すぐそこに熱中できることがある幸せ 男子寮でのサークル活動をご紹介します

小さな活動が実を結ぶ

 

熱中できることがあるって幸せなことです。例えそれが小さな規模であったとしても、同じ分野に興味を持ち、一緒に活動しながら話に花を咲かせるのは楽しいものです。

 

数年前から本格的に活動が始まった青山高校のサークル活動。今や大所帯になったサイエンス部も初めは小さなサークル活動からスタートしました。今年度からサークル活動は、より身近な学生寮にも場所を移し、趣味嗜好から始まる個性の発掘に注目しています。

 

めきめきと実力を上げてきている将棋、電子レンジと触媒を使った一見怪しい雰囲気が漂うプラズマ実験、天体観測にフラワーアレンジメント、フォトグラフィック。そして茶道等々。

 

今や部活動との掛け持ちをする生徒も多くなってきているサークル活動は、新たな自分の才能に気づく大きなきっかけにもなっているのです。

 

 

 

【まんが部】アニメやイラストが好きならここしかない! 趣味から一歩踏み出して 自分の個性と作品を発信してみませんか

アート クラブ活動 ニュース  2019年7月16日 火曜日 22:50
人気のまんが部をご紹介します

 

日本が誇る文化は数あれど、常に先端を行くのはアニメーションや漫画ではないでしょうか。青山高校には美術部とまんが部があり、特にイラストやアニメが好きな生徒がまんが部に集まって活動しています。

 

パソコンでタブレットを使ってデジタルに作画、彩色をすることはもちろん、定期的に部誌を発行し自分の作品を外に向けて発信しています。顧問の先生もまんがが大好きで、日々一緒に活動しています。

 

最近は有名な映画作品の展覧会や漫画家の先生の個展にも積極的に出向き、最先端の技術を知ったり、見聞を深めています。まんがやイラストが好きなら趣味で終わらせるのはもったいない!自分の個性を爆発させて、思い切って作品を発信してみませんか?

 

1 / 4123...最後 »
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031