ニュース

アカデミックの記事一覧

新入生が主役のルーキーステージに向けて スピーチコンテスト予選&全校合唱練習

実行委員会始動!

4月29日に今年度最初の行事、「ルーキーステージ」が開催されます。ルーキーステージは、1年生が主役の行事です。毎年、ゴールデンウイークの帰省の日に開催しています。青山高校では、行事の企画運営を全て生徒自身で行います。早速、実行委員会が組まれて色んなアイデアが飛び交いました。

テーマは「THANKS(サンクス)」

今年のルーキーステージのテーマは「THANKS(サンクス)」です。一文字毎に意味が込められています。

TはTogether、HはHappy、AはActive、NはNew、KはKick off、SはShiny。

「みんな一緒に、キラキラと幸せな学校生活で、新しいことを活発に始めよう!」

満場一致で拍手が響きました。あとは全校生徒でテーマを表現するのみ!

合唱練習をかさねて

大食堂に全校生徒一同が集まり、ルーキーステージで披露する全校合唱の練習を行っています。今回の合唱の曲目は、いきものがかりの「ありがとう」です。「ありがとう」は、分かっていてもなかなか言葉に出せないもの。自分を支えてくれる家族や先生、友達やブラザーに「ありがとう」の感謝の気持ちを伝えるために、歌詞の一つひとつに思いを込めて歌います。

スピーチコンテスト予選

1年生が主役のルーキーステージでは、スピーチコンテストが開催されます。たくさんの人の前で話す機会はなかなかありません。一人ひとりが自分の気持ちを込めて原稿を書き、自分の声でメッセージを伝えます。一生懸命にスピーチをする姿に思わずもらい泣きする人も。雄弁に語るだけがスピーチじゃない。一生懸命に取り組めば、必ず気持ちが伝わります。ルーキーステージ本番ではどんなスピーチが聞けるでしょうか。楽しみに待ちたいと思います。

【歴史研究サークル・ボランティア活動】地域に笑顔と感動を 第53回高虎楽座に参加しました

アカデミック グローバル ニュース 学校生活  2018年4月23日 月曜日 07:59

いざ高虎楽座へ!

21日早朝、普段より早い起床でマイクロバスに乗り込む生徒の姿がありました。引率の先生もお疲れ様です。晴天に恵まれ、一行が向かうのは三重県津市で開催されるお祭り「高虎楽座」です。今回で53回目を迎える高虎楽座。戦国時代の三大築城名人であり、知勇兼備の将として知られる武将、藤堂高虎を称えたお祭りです。高虎太鼓などの郷土芸能にも力を入れています。青山高校からは毎年、歴史研究サークルと有志ボランティアの生徒が積極的に参加をしています。普段は学生寮で生活する生徒たちですが、積極的に外に出て活動する機会にも恵まれています。

戦国時代の甲冑を身にまとい

晴天に恵まれ、会場は早くから大盛況。ステージでは高虎時代行列、子ども唐人踊りや高虎太鼓など伝統芸能の他、さまざまなパフォーマンスが披露されました。青山高校屈指の歴史好きが集う歴史研究サークルのみんなも甲冑姿に変身し、高虎時代行列に加わります。参加された方々から温かいエールをいただきました。ほら貝の雄々しい音色と共にいざ参らん!

縁の下の力持ち

たくさんの人たちが会場に訪れるということは、それだけ多くのゴミや廃棄物が生まれるということです。街の美しい景観を守る為に、有志ボランティアの生徒たちが率先して清掃活動を行っています。地域の活動は、こうした有志ボランティア活動によって支えられています。まさに縁の下の力持ち。皆さん本当にありがとうございました。

多くの人と触れ合い、見聞を広める

高虎楽座は大盛況のうちに幕を閉じました。学校から外に出て多くの人たちと出会うことは本当に貴重な体験です。今回の活動を通じて、生徒一人ひとりの胸に去来するものは何でしょうか。校内のサークル活動や校外の地域振興活動で見聞を広めていきましょう。

【迎春祭】テーマは「未来」 1,2年生が力を合わせ今年度を締めくくります【平成29年度終業式】

「迎春祭」開幕!

3月20日、今年度最後の行事「迎春祭」が開催されました。今回の迎春祭のテーマは「未来」です。毎年、「迎春祭」は、1年生が中心になって運営します。2年生は、1年生のサポート役に徹し、力を合わせて行事を盛り上げます。

ステージ発表の数々をご紹介します。

ステージ発表は非常に盛りだくさんの内容です。吹奏楽部の演奏から始まり、NASA研修のプレゼンテーション、生徒3名によるビブリオバトル(知的書評合戦)やサイエンス部のVR開発発表が行われました。そして、和太鼓部とダンス部が躍動感に満ちあふれ、見る人の心を惹きつけました。メインイベントである寮対抗合唱コンクールでは美しい歌声が響きわたりました。

 

◎NASA研修プレゼンテーション ~touch the future~

 

◎知的書評合戦ビブリオバトル ~予選を勝ち抜いた3名の熱い戦い~

 

◎和太鼓部 ~和太鼓部OBから受け継いだ曲「和大砲(わだいほう)」を熱演

 

◎サイエンス部 ~アプリケーション開発、VR実践プレゼンテーション~

 

◎ダンス部 ~笑顔・元気・勇気をモットーに~

寮対抗合唱コンテストの結果や如何に…

日々の合唱練習を重ね、4つの寮がコンテストで競い合いました。それぞれの寮が団結力と持ち味を活かし、会場が大きな拍手に包まれました。気になる結果は!「COSMOS」の天人寮が優勝しました。おめでとうございます!

青山クリエイターズギャラリー展示

「新しい芸術才能の発掘」をテーマに、校舎内では青山クリエイターズギャラリーが開催されました。フラワーアレンジメント、イラスト、陶芸、ビーズクラフト、映像作成等、バラエティー豊かな作品で、会場はパッと明るい雰囲気で彩られました。来場された方々にも好評でした。

 

迎春祭を終えて

迎春祭を無事に終え、生徒一人ひとりが安堵と充実感で満たされます。皆さんお疲れ様でした。本日は終業式と進路ガイダンスも行われ、生徒たちは帰省となります。新年度は、4月6日の始業式からはじまります。最後に、本日ご来場いただきました保護者の皆様、関係者の皆様ありがとうございました。

 

◎終業式 ~皆、引き締まった表情で今年度を締めくくります~

◎進路ガイダンス ~保護者の方々に向けて~

 

 

【ビブリオバトル】夜の音楽室に集いし13名の生徒たち ビブリオバトルin AOYAMA HIGH SCHOOL開催!

夜の音楽室にて

夜の音楽室で繰り広げられるバトル。一体そこでは何が行われているのでしょうか。得られたのは「本を読むのが大好きな生徒が集まっている」という情報のみ。すごく気になりますね。それでは音楽室のドアを開いてみましょう。

 

そこではビブリオバトルが行われていた!

行なわれていたのは「ビブリオバトル」でした。ご存じの方も多いのではないでしょうか。ビブリオとは、ラテン語の「biblion」が由来で、「本」という意味です。ビブリオバトルは「知的書評合戦」とも称され、ビブリオバトラー(発表者)が5分間の書評と、3分間の質疑応答を行います。好きな本を多くの人たちに知ってもらうべく、自分の言葉だけを駆使して表現する熱いバトルなのです。

 

バトルの風景を紹介します

13名の生徒が、今回のビブリオバトルに参加しました。いずれ劣らぬ本好きばかり。バトルである以上、勝敗にもこだわりたい!

顧問の今村先生が開会の挨拶

いざバトル開始!

 

バトルを振り返って

今回は、2年生の増田君が優勝しました。おめでとう!気になる書評は「東海道中膝栗毛」。2年生の小島さんとの接戦になりました。参加した生徒みんなが、時にはボディランゲージを交えて、楽しそうに語る姿が印象的でした。


ビブリオバトルを通じて、プレゼンテーション能力と言葉の表現力をあげる活動を、今後も継続して行っていきます。

 

関連リンク

知的書評合戦ビブリオバトル

www.bibliobattle.jp/

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30