ニュース

アカデミックの記事一覧

【1年生スピーチコンテスト予選】新入生が主役のルーキーステージに向けて スピーチコンテスト2次予選を行いました

アカデミック ニュース 学校行事  2019年4月20日 土曜日 18:30
一生懸命に気持ちを伝える

 

1年生が入学をして、まもなく2週間が経過しようとしています。あっという間に過ぎていく4月。1年生の生徒にとっては入学をして初めて経験することもたくさんあり、なお一層のこと時が過ぎゆく早さを感じているのではないでしょうか。

 

4月27日(土)には、今年度最初の文化祭である「ルーキーステージ」が開催されます。ルーキーの名称の通り、1年生が主役です。青山高校では学校行事の企画運営を全て生徒自身で行います。早速、実行委員会が結成されて、文化祭を盛り上げるべく、色々な発表の練習に取り組んでいます。

 

毎年、ルーキーステージでは、主役の1年生がスピーチコンテストを行います。一人ひとりが自分の気持ちを込めて原稿を書き、自分の声でメッセージを伝えます。そしてスピーチの練習にはブラザーが付き添いサポートをします。

 

4月20日(土)、2次予選が開催されました。こうして人の前で話す機会はなかなかありません。でも雄弁に語ることだけがスピーチの魅力ではありません。一生懸命に取り組めば、必ず気持ちは伝わります。果たしてルーキーステージではどんなスピーチが聞けるでしょうか。熱く心に響くメッセージに期待しましょう。

 

 

【迎春祭・終業式】今回のテーマは「和×輪」 1、2年生が一つの輪となり 今年度を締めくくりました

今年度の締めくくり

 

3月20日(水)、麗らかな早春の陽気に包まれて、今年度を締めくくる終業式と、今年度最後の学校行事「迎春祭」が開催されました。今回の迎春祭のテーマは「和×輪」。2年生が1年生のサポート役となり、一つの輪になって力を合わせて迎春祭を盛り上げます。

 

短期間の準備期間になり慌ただしい日々を送りました。昨年以上にステージ発表の内容は盛りだくさんです。多彩な活動に取り組んできた成果を、この舞台にぶつけます。その様子をご紹介させていただきます。

 

 

吹奏楽部&ミュージックアカデミーサークル

 

「和」のテイストを打ち出し、フルートパートでは篠笛を奏でました。ユーロビート・ディズニー・メドレーの曲調とのコントラストが光る聴きごたえあるセッションでした。

 

ミュージックアカデミーサークルは、「第31回中部日本個人重奏コンテスト三重県大会」で金賞を受賞した2名の女子が見事な演奏を披露しました。毎日、寮で練習を重ねてきた結果がしっかりと表れて、心奪われる演奏になりました。

 

 

 

サイエンス部&今村プラズマ教室

 

サイエンス部からは、アプリ開発、プログラミング、ロボットのそれぞれの分野の研究発表が行われました。科学に熱い今村先生が中心になって立ち上げたプラズマ実験を加えて、新しいことにチャレンジをしていきます。プラズマ実験は、先日の愛媛大学での講習を受けて、ステージ上でプラズマ発生の実演を行いました。

 

 

放送部&アメリカ研修

 

学校行事の屋台骨、放送部からはオーディオピクチャードラマ「MUKAKINガール」。スマホとデジタル世界を舞台に、スピード感あるギャグと登場キャラクターの個性の濃さが合わさって、クスッと笑える中に共感を誘う物語が演じられました。

 

アメリカ研修報告では、NASAアメリカ航空宇宙局、マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学を訪問した時に感じたことを、スライドショーを交えながら伝えました。

 

 

 

ダンス部&和太鼓部

 

昨年までは1つのテーマ曲に絞って演目を発表してきたダンス部。今回は新しい試みとして、部活内でグループ構成を組み、候補に挙がった7曲をメドレーとして1曲にまとめあげました。しなやかで緩急と抑揚のあるダンスに会場が息をのむ一幕もありました。

 

和太鼓部は、3年生が卒業で抜けた分を練習でカバーします。定番の「兵」に加えて、「凛」を披露。1年生、2年生が一丸となって練習してきたことが太鼓の波動に乗って胸に響いてくる見事な演目でした。

 

 

まんが部&作品展示会

 

まんが部は、CG制作の舞台裏「イラストメイキング動画」を実況を交えながら伝えました。CGを描く工程は意外に知られていません。CG制作の過程を見てもらって、実際に制作された展示物を楽しんでいただきました。

 

展示コーナーでは、フラワーアレンジメント、美術、フォト等のサークル活動の作品を展示し、ギャラリーの関心を惹きつけていました。

 

 

最後を締めくくるは寮対抗合唱&全校合唱

 

青山高校の学校行事の締めくくりといえば、そう「合唱」です。天人寮・暁星寮・清純寮の3つの寮が、それぞれのテーマ曲を決め、寮対抗合唱を競います。

 

天人寮は「あなたへ」、暁星寮は「親知らず子知らず」、清純寮は「虹」を歌い上げました。甲乙つけがたい内容の中、対抗合唱は暁星寮が優勝しました。おめでとうございます。対抗合唱の後には、全校生徒が「あすという日が」を歌い上げ、来年度に向けて一丸となる決意が伝わってきました。

 

 

迎春祭を終えて

 

熱気冷めやらぬ中、迎春祭が終了しました。生徒の皆さんお疲れさまでした。そしてお越しいただきました保護者の皆さまありがとうございました。今日は帰省で、明日から春休みになります。生徒の皆さんは4月6日(土)が帰校日です。十分にリフレッシュして、また元気にお会いしましょう!

 

 

 

【NASA研修】研修旅行フォトギャラリー NASA研修を終え全行程が終了 実り多き研修になりました

実り多き研修になりました

 

2月11日、アメリカ研修に向けて旅立った26名の生徒たちと2名の引率の先生は、現在研修の全行程を終え、フロリダ州オーランドに滞在しています。ここ数年にわたって継続しているアメリカ研修は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の見学を中心に、最先端の技術や、他国の文化を学ぶ研修で、強い関心を寄せる希望者が参加しています。

 

そして、今年はマサチューセッツ工科大学とハーバード大学も初めて訪問し、世界の理工系大学の頂点と世界の科学の殿堂を見学し、貴重なお話を伺いました。アメリカの風土や文化を肌で感じる数多くの機会に恵まれました。

 

そして、研修後半は、いよいよNASAでの研修となります。NASAでは、昨年5月に本校で講演を行ってくださった、元宇宙飛行士・ジョン・マクブライドさんとの親交もあり、普段は入ることのできないエリアを含む特別な見学コースをめぐりました。また、NASAの飛行士の方、職員の方との交流や、ケネディスペースセンターへの訪問も行い、充実した時を過ごしました。

 

今回は、研修の様子をフォトギャラリーで掲載させていただきます。1週間という短い期間ではありますが、貴重な体験ができ、参加した生徒たちはとても良い刺激を受けました。今回、見たことや、体験したこと、学んだことを、今後の学校生活や、将来で活かし、自身の糧にしていってほしいと思います。

 

 

関連リンク

ケネディ宇宙センター
https://www.nasa.gov/centers/kennedy/home/index.html

マサチューセッツ工科大学

http://web.mit.edu/

ハーバード大学

https://www.harvard.edu/

【ビブリオサークル】高校生ビブリオバトル三重決戦! 青山高校弁士2名が知的書評合戦に挑みました

アカデミック サークル活動 ニュース  2018年12月8日 土曜日 08:30
知的書評合戦!ここは本の甲子園だ

 

テレビゲームが「e-sports」として注目されつつある昨今、スポーツとは何も身体能力を競い合うことだけに留まらないのかもしれません。そして最近中高生の間で注目を浴びているのが知的書評合戦「ビブリオバトル」です。ときにボディランゲージを交えながら本の素晴らしさを伝えるバトルは、ある種スポーツに通じています。

 

12月8日(土)、三重県総合文化センターにて高校生ビブリオバトル三重決戦が行われました。青山高校からは高校3年生の男女各1名ずつの弁士が挑みます。15名の弁士が3つのグループに分かれて県大会出場の切符をめぐって熱い対決を繰り広げます。そうここは、さながら本の甲子園地区予選の様です。

 

3年生の増田君が書評に選んだのが「山田太郎ものがたり(塚本裕美子著)」、同じく3年生の八木さんが選んだのが「絶対零度(白石まみ著)」です。お互いジャンルは全く違えど、日々のサークル活動で練習を積んできました。そして何より誰よりも本が大好きなのです。

 

熱いビブリオバトルの結果は、惜しくも予選敗退となりました。得るものも大きく、自らの課題を知る貴重な機会になりました。増田君と八木さんが青山高校を卒業し、次の進路でも何らかの形でビブリオバトルに関わっていかれることを切に望みます。ビブリオバトル、お疲れさまでした!

 

 

関連リンク

 

知的書評合戦ビブリオバトル公式

http://www.bibliobattle.jp/

 

高校生ビブリオバトル三重決勝

http://www.pref.mie.lg.jp/SHABUN/HP/000184276.htm

 

 

 

【2018楓フェスティバル】Canvas×Palette  みんなの個性を絵の具に見立てて 真っ白なキャンバスに思いきり夢を描こう 

青山高校最大の文化祭が始まる

 

11月9日(金)、三重県名張市青少年センターADSホールにて、青山高校最大の文化祭「楓フェスティバル」が開催されました。非常に多くの保護者の方々や、来賓の方々にご参加いただき、ホール全体が熱気に包まれました。

 

青山高校の大きな特徴は1年に3回の文化祭です。特に部活動やサークル活動で生徒一人ひとりの個性を伸ばし、活動や研究の発表の場として力を入れています。また文化祭は生徒自身が中心になって企画運営されています。一人ひとりが自分自身の役割を持ち、それに取り組むことで大きな成長を遂げていきます。

 

今回のフェスティバルのテーマは、「Canvas×Palette」。生徒一人ひとりの個性を多彩な絵の具に見立てて、真っ白なキャンバスに自分の夢を描いていきます。またフェスティバルを引っ張る実行委員は、絵の具を受け止めるパレットとして、縁の下の力持ちとしてフェスティバルを支えます。

 

サイエンス部、放送部を筆頭に、和太鼓・ダンス・吹奏楽・英会話といった部活動や、美術・マンガ・文芸・フォト・フラワーアレンジメント・国際交流・ビブリオバトル等の個性的なサークル活動が脇を固めます。発表や展示の場で活き活きとした表情を見せる生徒の姿がとても印象的でした。

 

今回は、その様子を写真ギャラリーとして掲載いたします。本日から11月の帰省になります。お集まりいただきました保護者の方々や関係者の方々に深く感謝を申し上げます。

 

 

写真ギャラリー

 

 

【和太鼓部・新聞サークル】第39回みえ高文祭に出場しました つなぐ~青春まいこませ!~をテーマに今の力をぶつけます

最近なにかと忙しい和太鼓部

 

秋は祭りの季節とあって、最近の和太鼓部はとても忙しく、外に出て演奏を行う機会が増えています。体調管理も万全に、11月3・4日に三重県総合文化センターで開催された第39回みえ高文祭に参加しました。

 

また今回は新聞サークルも出場しました。新聞サークルは青山高校にある3つの寮で、それぞれの持ち味を活かした寮生活新聞づくりをメインに活動をしています。

 

和太鼓は郷土芸能部門、新聞は新聞部門にて表彰が行われます。そして、和太鼓に負けじと頑張った新聞サークルが奨励賞で表彰されました。おめでとうございます!

 

和太鼓部は、来週の10日~12日にかけて、徳島県のあわぎんホールで開催される近畿高等学校総合文化祭に出場します。魂を込めて打つ太鼓の音は周りの方々の声援を受けてさらにヒートアップします。応援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

関連リンク

三重県高等学校文化連盟

http://www.mie-koubunren.org/

 

 

【ディベートサークル】愛知県椙山女学園大学星が丘キャンパスにて 2018秋季ディベート交流会で準優勝を獲得しました!

アカデミック サークル活動 ニュース  2018年11月1日 木曜日 08:00
今回の主役は1年生!

 

10月28日(日)、愛知県名古屋市にある椙山女学園大学星が丘キャンパスにて、2018秋季ディベート交流会が開催され、青山高校ディベートサークルから11名の生徒が参加しました。なんと今回は11名全員が1年生です。

 

2018秋季ディベート交流会とは、全国教室ディベート連盟東海支部が主催し、椙山女学園大学の協賛のもと人間関係学部の活性化事業として定期的に開催されています。今回は、椙山女学園高校をはじめとする東海地区の22校の中学校・高等学校の生徒・先生と社会人、あわせて130名ほどが参加しました。

 

今回のディベートの議題は、「日本は加糖飲料水に税金を課すべきである。是か非か」です。チームに分かれ熱い議論が繰り広げられました。そして青山高校ディベートサークルの1年生安藤君が見事準優勝を獲得しました。おめでとうございます!

 

 

関連サイト

椙山女学園大学HP

http://www.sugiyama-u.ac.jp/univ/news/detail/2018-3.html

 

【ビブリオバトル】いずれ劣らぬ本好きばかりが集まった! 好きな本についてトコトン語りあおう

アカデミック サークル活動 ニュース  2018年7月3日 火曜日 07:59
チャンプ本を決めよう!

 

ビブリオバトルは、知的書評合戦のこと。読んで良かったと思った本を持ち合って語りあう楽しさがビブリオバトルの魅力です。人を通して本を知り、本を通して人を知るのがビブリオバトルの本質なのです。

 

チャンプ本とはチャンピオンに選ばれた本のこと。本の楽しさに勝敗はないですが、5分間のプレゼンテーションでその本の魅力を語り、多数決でチャンプ本を決定する仕組みはコミュニケーションの楽しさを知ることでもあるのです。

 

青山高校には本を読むことが大好きな生徒がたくさんいます。ユニークな取り組みとしては10000ページ読書運動があります。そしてビブリオバトルを定期的に開催し、より多くの生徒に素晴らしい本の魅力を発信しています。

 

 

今回エントリーした書籍をご紹介します

 

今回は学生寮対抗でビブリオバトルが行われました。いずれ劣らぬ本好きばかり。書評にも熱が入ろうってものです!エントリーした書籍の名前をご紹介します。是非一度手に取って、ティーンエイジャーの琴線に触れた本の魅力を味わっていただけると幸いです。

 

・新参者 東野圭吾

・かがみの孤城 辻村深月

・キノの旅 時雨沢恵一

・悪意 東野圭吾

・また、同じ夢を見ていた 住野よる

・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 岡田麿里

 

 

【青山祭2018開催】初夏の陽気につつまれて Create(創造)とSmile(笑顔)を表現しよう

テンション高まる青山祭

 

6月16日、先日の雨が嘘のように晴れ、初夏の陽気に包まれました。青山祭2018の開幕です!青山祭には在校生の保護者の方々も多く見に来られます。6月の帰省も兼ねていて、自ずとテンションが高まりますね!

 

1年生のクラス演劇を筆頭に、各クラブ活動のステージ発表と個性的なサークル活動の体験ブースが設けられました。また各県の保護者会のご協力をいただいて、名産品の出店コーナーもたくさん出展されました。

 

今回は、青山祭の様子を写真ギャラリーで掲載をさせていただきます!

 

体育館ステージギャラリー

 

1年生のクラス対抗演劇です。短い練習期間で一生懸命がんばりました!

 

 

合唱・ミュージックアカデミーステージ発表!

 

 

多彩なサークル活動ギャラリー

 

今回は、サークル活動の体験ブースを設置し、来場者の方々に見て、触れて、驚いていただきました。

生徒の個性が光るサークル活動です!

 

 

 

食堂ステージ&出店コーナーも賑わいました!

 

各県の名産品や、ビジネスコミュニケーションサークルが企画、商品開発をした商品が並びました。ご協力をいただいた保護者会の皆様、本当にありがとうございました!

 

 

【アカデミック】高校生のための新聞技術講習会に参加 新聞作成スキルアップ!

アカデミック ニュース 学校生活  2018年6月11日 月曜日 22:13
魅力的な学生寮新聞をクリエイトする

 

青山高校には、男子寮2つ、女子寮1つの計3つの学生寮があります。生徒が中心になって、それぞれの寮がオリジナルカラーを出し活発に運営されています。

 

その中で、定期的に刊行されているのが学生寮新聞。寮内にはたくさんの委員会活動があり、新聞作成の部門もあります。今回は新聞作成のスキルアップを目指し、高文連主催の新聞技術講習会に参加しました。

 

 

専門技術を学び、実践する

 

新聞技術講習は午前午後に分かれ、ほぼ一日がかりです。たくさんの高校から新聞部員の生徒さんが参加されています。専門的な技術を学ぶ絶好の機会になりました。

 

講習では、紙面編集テクニックの講義と作成した新聞の講評が行われました。専門の方々に質問をして細かい部分までアドバイスをいただくことができました。

 

今回の講習に参加し、得たものはきっと大きいでしょう。寮生活では楽しいイベントやサークル活動、寮生の普段の生活風景など日々面白いニュースが満載です。今回学んだ新聞技術を生かし、より多くの方に寮生活のトピックが伝わる紙面づくりに励みましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 212
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近のブログ記事